ゴルフクラブ試打日記

      
2019年05月18日
  

A.F.D. SD-01+ ドライバー

                 
A.F.D. SD-01+ ドライバー
今日は、この惚れ惚れするようなカッコいいゴルフクラブ試打しました。

試打クラブA.F.D. SD-01+ ドライバー です。



CRAZY BLACK CB-50
シャフトは CRAZY BLACK CB-50 です。

クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスは7.7、シャフト重量は68g、トルクは3.2、キックポイントは中調子 です。



正面
シブくて、とてもカッコいいA.F.D.のドライバーです。


一目見て、思わず手に取ってしまいました。


A.F.D.のドライバーは久しぶりですし、なかなか手にすることが無いのですが、とてもいい印象が残っています。


このドライバーもそうですが、今のクラブのいいところは取り入れながらも、決して時代に流されないといいますか、残して欲しいところはきちんと残っている感じです。


ゴチャゴチャした感じのドライバーよりも、クラシカルな感じのシンプルなドライバーのほうが魅力的だ・・・。という方はたくさんいらっしゃると思いますが、このドライバーはまさにそのような方のためのクラブといえるのではないでしょうか?



Always Fine Distance
A.F.D.といえば、この『Always Fine Distance』が有名です。


昔からブレないところに好感が持てます。



側面
今時珍しいディープタイプのドライバーです。


全く無くなったわけではないですが、かなりの少数派です。


しかし他のメーカーでもディープタイプのドライバーを発売していますし、それだけニーズがあるのではないでしょうか?


シャロー感が強すぎるドライバーを敬遠される方もいらっしゃると思います。


この形状を見ると、何年か前に戻ったような気がしますが、こうして今でも出会えることがとても嬉しいです。



ヒール側のウェイト
ヒール側

トゥ側のウェイト
トゥ側

バックフェースにはヒール側とトゥ側にそれぞれひとつずつウェイトが配置されています。


数字が刻印されていないので重さは分かりませんが、専用の工具ではなく、六角レンチで簡単に取り外せそうです。


この2つのウェイトが目立っていますが、それ以外は特に見られず、シンプルで好感が持てます。


今のドライバーはどちらかというと『拡散型』といいますか、ヘッドの大きさや形状だけでなく、大きく見せる工夫がされているものが多いように思いますが、このドライバーは真逆の『収縮型』といったらいいでしょうか?


ヘッド全体が黒ということもあるのですが、引き締まって見えます。


今のハイテクドライバーも素晴らしいですが、私は昔からこのようなタイプに魅力を感じ、目にするとどうしても手に取ってみたくなります。



ネック長さ
ネックは、やや短めですが、今のドライバーの中では普通といったところでしょうか?


ネックに調整システムは搭載されていないので、調整システムが必要だという方には魅力的ではないかもしれません。



フェース面のデザイン
フェース面はとてもシンプルで綺麗です。


見るからに柔らかそうな感じが伝わってきますし、弾きも良さそうです。


IP加工されているのでしょうか?


このフェース面を見ているだけで、『やる気モード』がどんどんあがっていきます。



ディープタイプ
かなり厚みのあるドライバーです。


今ではなかなか見られませんが、昔のドライバーはこのような形ばかりだったので、懐かしさがこみ上げてきます。


『易しい』『難しい』は別にして、やはり厚みのあるドライバーは美しいな・・・。と思いました。



顔
引き締まった男前です。


かなりコンパクトに見えます。


顔の全体的な雰囲気もそうですし、特にトゥ側の感じから、記事には書いていないのですが、以前試打したことのある、CRAZY CRZ-460Dというドライバーを思い出しました。


CRAZY CRZ-460Dのヘッド体積は460だと聞いたのですが、それよりもかなり小さく見えたことをよく覚えています。


そんなちょっと前のことを、このドライバーに出会って思い出しました。



A.F.D SD-01+ DRIVER 振り感
素振りをしてみると、『カスタムタイプ』ということもあって、結構しっかりしたスペックに仕上がっていて、タイミングもとりやすいです。


ヘッドは初めてですが、装着されているクレイジーのシャフトはこれまで何度も試打してきていますし、親近感がもてるので安心感もありました。


しっかり振っていってもブレにくいのでタイミングもとりやすいです。


ヘッドだけでも凄いのに、クレイジーのシャフトが挿してあるなんて、何て贅沢なドライバーなんだろう・・・。と思いながら素振りを繰り返しました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、とても良いです。


顔として見ていたときよりも、こうしてボールと一緒に見たほうが、ヘッドが引き締まって見えました。


やはり『収縮タイプ』のドライバーだな・・・。と思いました。


惚れ惚れするような美顔で、目尻は下がりっぱなしです。


マニュアルタイプの構え感で、いいイメージが自然と頭の中を駆け巡ります。


投影面積の大きいシャロータイプのドライバーを好まれる方やフックフェースのドライバーを好まれる方には苦手意識が芽生えてしまうところがあるかもしれません。


好みが分かれるところだと思いますが、私は大好きです。


このドライバーで今から打てると思うだけで、とても幸せな気分になれました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はとてもソフトです。


フェース面を見たときから、柔らかそうだな・・・。と思っていたのですが、実際に打ってみると、さらに柔らかさが伝わってきました。


今は結構『ガツーン』とくる感じのものもありますが、このドライバーは違います。


一瞬、『吸い付くような』感じで、その後『強烈な弾き』がある・・・。といったらいいでしょうか?


体操で行う深呼吸の『吸って・・・吐いて・・・』というのを思い出させる打感です。


フェース面が仕事をしてくれました。



打球音
『音』は、おとなしめで良いです。


飛距離を出していくべきクラブであるドライバーでは、このような音がマッチしています。


インパクトが緩むこともなく、気持ちよく振り抜いていけます。


シャフトもしっかりしていますし、叩いていけるドライバーです。


ヘッドやシャフトだけでなく、プレイヤーのポテンシャルもしっかりと導き出してくれる音だな・・・。と思いました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、今のドライバーの中でも、明らかにタフです。


あがりやすいイージーなタイプではありません。


ヘッドの形状(ディープ)らしい、タフさがあります。


バックフェースに大きなウェイトが2つあるので、重心も深くなっているのかな?と思いましたが、それはあまり感じませんでした。


この2つのウェイトがないと、重心が前にきて、もっとハードになるのかもしれません。


一昔前のハードさをもったドライバーといっていいように思います。


ただ、もしいろいろな重さのウェイトが用意されていて交換できるのであれば、このタフさはもっと軽減されるのは間違いありません。



バックフェース
『安定性』も正直なタイプで、『曲がりにくさ』『直進性の高さ』で勝負するドライバーではないと思います。


フェース面のどこで打っても曲がりにくいというタイプではないので、『直線』ではなく『曲線』。


つまり、自分の持ち球で勝負していけるドライバーといっていいと思います。


オートマ性は感じなかったので、オートマチックタイプを好まれる方には、合いづらいところがあるかもしれません。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていますが、これも好みがはっきり分かれると思います。


弾道が抑えられていて、高く上がりすぎないので、ロスが少なく効率よく飛ばしていけるタイプです。


フェースの弾きが良く、初速がかなり出ています。


弾道の力強さもありますが、『球の重さ』を感じさせてくれました。


高~くあがるハイスピンタイプで、風に弱い弾道ではなく、『浮揚力』よりも『推進力』で勝負していけるドライバーです。


明らかにヒッター向けのドライバーなので、敬遠される方もいらっしゃるかもしれません。



操作性
『操作性』は、かなり優れています。


ヘッドもクセがないですし、シャフトも同様のタイプなので、左右へ打ち分けるのは簡単でした。


久しぶりに、このような扱いやすいドライバーに出会ったような気がします。


私はドロー系が自然な感じでしたが、フェードヒッターの方にもいい球筋を描きやすいのではないでしょうか?


今はクラブが『自動的に球をつかまえてくれる』タイプが多くなりましたが、このドライバーは違っていて、『スイングの中でつかまえていける』タイプで、私はそこにも惹かれました。



ヒール側
アイアンなどに比べ、ドライバーはヘッド体積が大きく、中が空洞で設計自由度が高いので、いろいろな工夫ができます。


なので、今は見た目とのギャップのあるドライバーも増えてきました。


難しそうに見えていたけど実は易しかったり、シャロータイプだけどしっかりしたスペックになっていたり・・・。と、実際に打ってみないと分からないことも多いです。


しかし、このドライバーの場合は『見た目通り』です。


カッコいいですが、ハードで骨太な感じの硬派なドライバーです。


このカッコ良さにマッチした『構えやすさ』『打感』『音』というフィーリング性能もあります。



A.F.D SD-01+ DRIVER
幅広い層に合うように開発されたドライバーではなく、『一部のコアなファン』のためのドライバーといえますが、このドライバーがピタリと合う方には、たまらない魅力があるのではないでしょうか?


いい意味での『現代風ではない』といいますか『時代にマッチしていない』ところもあるような気もしますが、万人に合うクラブはどこにも無いですし、このようなタイプのドライバーへのニーズが今でも根強いのは事実だと思います。


幅広い層を攻めていないところが、地クラブの良さといえるのかもしれません。


易しさをウリにしたドライバ-ではないですが、打つ前から目で楽しむことができ、実際に打ってみると手や耳でも楽しむことができました。


また何度でも試打を楽しみたいですし、機会があればCRZ-460Dと打ち比べてみたいです。


かなり似ているところがあるように思います。


今日は、このドライバーに出会ったおかげで、楽しい気分で練習場を後にすることができました。

                         
        
ツアープロコーチ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム