テーラーメイド ROCKETBALLZ STAGE2 ツアー フェアウェイウッド & SLDR フェアウェイウッド - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2014年03月20日
  

テーラーメイド ROCKETBALLZ STAGE2 ツアー フェアウェイウッド & SLDR フェアウェイウッド

                 
テーラーメイド ROCKETBALLZ STAGE2 ツアー フェアウェイウッド & SLDR フェアウェイウッド 
今日は、この2本のテーラーメイドのFWを試打しました。

試打クラブは、ROCKETBALLZ STAGE2 ツアー フェアウェイウッド と SLDR フェアウェイウッドです。



TM1-213&TM1-114

<上>RBZ <下>SLDR




<左>RBZ2のスペック

シャフトは TM1-213 です。

ロフトは13度、クラブ長さは43.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は58g、トルクは3.6、バランスはD2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は320gです。




<右>SLDRのスペック

シャフトは TM1-114 です。

ロフトは14度、クラブ長さは43.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は58g、トルクは3.7、バランスはD2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は325gです。




正面

どちらも、テーラーメイドの高性能飛距離系FWです。


飛びの性能が高い、この2つのFWをいつか打ち比べてみたいと思っていました。


SLDRもいいですが、RBZのニューモデルはもう出ないのでしょうか?


心待ちにしておられる方もたくさんいらっしゃると思います。



側面

どちらのヘッドも『シャロー系』のイメージが残っているのですが、RBZのほうがよりシャロー感が感じられます。



ネック長さ

ネックの長さは、ほぼ同じに見えました。



ネックの調整システム

どちらにもネックに調整システムが搭載されています。


これからも、続いていくのではないでしょうか?



シャローバック
 
今のFWらしく、両方ともシャローバックになっています。


シャローでありながら、強い球の打てるFWです。



顔

こうして見ても、顔にかなりの違いが見られます。


色の違いもありますが、明らかにRBZのほうが大きく見えます。


ヘッド体積も違うと思いますが、シャロー感もRBZのほうが強く感じられます。


私は小振りなヘッドが好きですが、RBZも大きすぎないですし、球があがりそうな印象を与えてくれます。



ROCKETBALLZ STAGE2 ツアー 構え感


SLDR 構え感

ボールを前にして構えてみても、それぞれの個性が感じられます。


オートマチックタイプに見えるRBZと、マニュアルタイプに見えるSLDRといったところでしょうか?


どちらもいい感じですが、敢えて私の好みでいうと、SLDRのほうかな?と思いました。


両方とも試打したことがありますし、いいイメージが残っているので、気楽に構えることができました。




試打を開始しました。

トゥ側

『球のあがりやすさ』という点では、RBZのほうだと思います。


SLDRのほうが低スピン性能も高いのではないでしょうか?



バックフェース

『安定性』という点でも、RBZのほうが若干寛容な感じもします。


構えたときの印象がそのまま結果となったような気がします。


スイートエリアも、RBZのほうが広いのではないでしょうか?



フェース面

『打感』は、どちらもソフトな感じですが、よりソフトに感じたのはRBZのほうです。


でも、大きな違いはないような気もしました。



ヒール側

『飛距離性能』は、ややSLDRに軍配が上がるかな?と思いました。


両方ともすごく高性能ですが、それでもSLDRのほうが優れているように感じました。



操作性

『操作性』という点では、あまり変わらないように感じました。


敢えていうならばSLDRだと思いますが、それでも大きな差はないように感じられました。



昨年は『FWの当たり年』だと思うのですが、今年はどうなるのでしょうか?


テーラーメイドがどんな新作を発表するのか、今からとても楽しみです。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント