Zodia CM-1 アイアン - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2013年12月15日
  

Zodia CM-1 アイアン

                 
Zodia CM-1 アイアン 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは Zodia CM-1 アイアン の7番 です。



ダイナミックゴールド

シャフトは ダイナミックゴールド です。

ロフトは32度、シャフトフレックスはS200、クラブ総重量は432gです。



正面

とても美しいゾディアのキャビティアイアンです。


思わず、ほぉーと感嘆の声が出るほど、この美しさに引き込まれていきました。


ピカピカ光るミラー仕上げよりも、私はこのような『艶消し』タイプのほうが好きなのですが、艶消しでも色々なタイプがあるんだな・・・。と思いました。


すごく上質な感じがします。


ゾディアのアイアンといえば、先日試打した『カイマン』がとても印象深いのですが、このアイアンはまた違う印象をもちました。



バックフェース中央のアクセサリー

バックフェースにある、この赤いアクセサリーのようなものが、とても大きな存在感を放っています。


ヒッティングポイントが肉厚になっているので、打感にも配慮されているようです。


他のクラブにもいえることですが、特にアイアンは『顔』が勝負で、そういった意味でも、このアイアンはとても魅力的です。



側面

ヘッド自体はそれほど小振りでもなく、やや大きめに見えるのですが、それよりも『エッジの効き』がすごいです。


今のアイアンで、ここまでエッジが鋭く立っているものはあるだろうか・・・?と考えました。


該当するアイアンが思い浮かびません。


『削り感』『磨き感』がすごく伝わってきました。



彫りの深さ

彫りは深めで、易しそうなフルキャビティという感じがします。


高級感・高品質感がありながらも、決して難しすぎないように設計されているのではないかな?と思いました。


キャビティアイアンを好まれる方には、とても魅力的な形状といえるのではないでしょうか?



ソール幅

ソール幅は広いです。


あくまでも私の好みとしては、もう少し狭くてもいいな・・・。と思ったのですが、このくらいのワイドな感じに好感をもたれる方も多いのではないでしょうか?



ネック長さ

ネックも短めです。


やや『頭でっかちタイプ』で、低重心を連想させます。


今のニーズに合っているのかもしれません。



ミーリング無し


ミーリング無し

ミーリングは彫られていなかったのですが、それをカバーするような『エッジの鋭さ』です。


スコアラインやフェース面の鋭さが半端じゃないな・・・。と思いました。


フェース面自体の『フラット感』といったらいいでしょうか?


すごく磨き込まれているように感じます。


大手メーカーの大量生産されるアイアンとは、趣(おもむき)が全く異なります。


私はどんどん引き込まれていきました。


アイアン好きにはたまらないものがあります。



振り感

素振りをしてみても、いい感じです。


タイミングが合いやすいですし、今からこの美しいアイアンを打つことができるのかと思うだけでワクワクしてきます。


外観の美しさは極上ながら、打感はどうなんだろう?と思いました。


色々なアイアンを試打していて、あまり気持ちが盛り上がらないこともありますが、今日は既にマックスに近いくらい上がっていきました。


すごく期待感が膨らんできました。



構え感

ボールを前にして構えてみても、なかなかいい感じだな・・・。と思いました。


正直、見惚れるほどの構え感ではありませんでした。


少しヒール側の出っ張りが目立つのですが、特に問題はありませんでした。


グースも少し効いていますが、これくらいであれば、難しく感じるほどではありませんでした。


小顔好きの私は、できればもう少し小さくてもいいかな?と思ったのですが、違和感はありませんでした。


セミ・ラージサイズといっていいアイアンだと思います。


ボールを色々と曲げるよりも、真っ直ぐに近い弾道のイメージが頭に浮かんできました。


心が落ち着き、周りの空気がすごく澄んでいるように感じられました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』はとてもいいです。


適度なやわらかさと、この『乾いた感じ』の打感がたまらないな・・・。と思いました。


『木製バットでジャストミートした感じ』を連想しました。


野球経験者の方には理解していただけると思うのですが、乾燥させた木製バットでボールを芯で捉えた感じ・・・。といったらいいでしょうか?


湿った木製バットで打つ感覚とは異なります。


何球でも打っていたくなりますし、このような打感を味わえるアイアンはなかなか見当たりません。


フェース面にミーリングは見られなかったのですが、フェース面の食いつき感がすごく良かったです。


研磨の技術も、かなり高いのだと思いましたし、希少性を感じました。



Zodia CM-1 IRON 打球音

『音』も、とても良いです。


ずっと耳にしていたくなる音です。


アイアンに限らず、いい音をさせてくれるクラブはナイスショットの確率がどんどん高まっていきますが、そうでないクラブは確率が下がっていき、曖昧さだけが残ることがあります。


そういった意味でも、このアイアンの打球音はとてもいい方向に導いてくれているように感じました。


周りに人がいなかったら腰に手を当てて、スキップでもしたくなるくらい、心が浮き浮きしてきました。



トゥ側

球はとてもあがりやすくて、タフな感じはしませんでした。


見た目通りの低重心系アイアンの球のあがりやすさを感じました。


グースがきつすぎないので、球も拾いやすい感じがしました。


すごく高級感がありながらも、性能的にはとても『庶民的』といいますか、親しみやすい印象をもちました。



バックフェース

『安定性』という点でも、高いと思いました。


フルキャビティアイアンの易しさがすごく感じられました。


見た目の美しさと、適度な重量感のおかげなのか、今日は打点が一カ所にずっと集中してくれていたこともあり、余計に易しく感じられました。


あくまでもシンプルに、フェース面でボールをターゲットまで運んでいく感じで、ボールは嬉しそうに飛んでいきました。


力まずに、乗せたいラインにしっかりと乗せていくことができました。


すごくイージーなアイアンだな・・・。と思いました。



飛距離性能

『飛距離性能』という点でも、今の多くのニーズに応えているように思います。


易しく距離を稼いでいけるアイアンだと思います。


球が上がりやすいので、キャリーで攻めていけますし、食いつきもいいので、しっかりとグリーンに止まってくれそうです。


是非コースのグリーンで、この『止め性能』を確かめてみたいと思いました。


私のイメージよりは、飛ぶ感じがするので、できればもう少し落としていきたいと思ったのですが、どうしても、やや先にボールが着地していきました。


私は少しロフト調整を考えますが、今はこれくらいがスタンダードなのかもしれません。



操作性

『操作性』という点では、まずまずだと思いました。


私がフッカーだからでしょうか?


球のつかまりもいいと思いましたし、フック系の球が出やすい感じがしました。


意識的にカットに打ってみたりもしたのですが、大きく右に曲がる感じはあまりしませんでした。


若干のグースも効いているのかもしれません。


セミ・ラージサイズの球のつかまりにくさを、今日は殆ど感じませんでした。


ただ、もしできるならば、グースを弱めたいと思いましたし、ロフトを寝かせると、もっと気に入るだろう・・・。と思いました。



ヒール側

試打をしながら、とても贅沢なアイアンだな・・・。と思いました。


なかなか出会えない希少性もあるとは思うのですが、それ以上に、このアイアンの美しさやフィーリングの良さをすごく楽しむことができました。


熱い缶コーヒーを飲みながら、すごくまったりとした時間を過ごすことができました。



ゾディア CM-1 アイアン

文句なしに、いいアイアンです。


アイアン好きの私にはたまらない魅力をもったアイアンです。


『MADE IN JAPAN』を使うことこそが、『究極の贅沢』ではないかと、いつも思います。


私が子供の頃は、いわゆる『舶来品』をありがたがっていましたし、今でも海外製の素晴らしい製品はたくさんありますが、それでもやはり『日本製』は特別に感じます。


自国の製品に誇りがもてる国に生まれて、私は幸せ者だと思います。


それはゴルフクラブに限らず、工業製品や食料品・化学製品・・・・・・。など、あらゆる分野の製品にいえることです。


日本で作られて、日本人が、しかも熟練の職人さんの作ったクラブを使うことが『究極の贅沢』だと思いましたし、そういったクラブだからこそ、余計に愛着も湧きやすいのだと思いました。



Zodia CM-1 IRON
 
昨年はグランプリを決めることが出来なかったのですが、今年はなるべく決めようと思っております。


私の中での『アイアン・オブ・ザ・イヤー 2013』は、ある程度、候補が出揃ったように思っていたのですが、また新たな候補の登場です。


ランキング形式にするか、それともひとつだけに絞り込むか、まだ決まってはいないのですが、このアイアンもすごく印象深いことは間違いないです。



Zodia CM-1 アイアン

試打するのがとても楽しくて楽しくて、なかなか止める踏ん切りがつきませんでした。


この『フェース面の食いつき感』と『心地いい音』を、ずっと楽しんでいたいと思いました。


おかげで、体が内からポカポカと温まりました。


また私の悪い癖が出てしまいました。


『欲しい欲しい病』です。


おそらく、今夜もこのアイアンのことが頭から離れずに、なかなか寝付けないような気がします。


購買意欲が強く刺激されました。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント
        

千葉神
ゾディアは打って良し打感良し眺めて良しの三拍子ですよね。私もウエッジを所有してます。石◯プロも片◯プロも信頼している研磨師さんですからね。いつも楽しみにブログみてます。
チップインボギー様。初めまして
チップインボギー様。初めまして!golfdaisukiと申します。
この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せてくださいまして、まことにありがとうございます。

ゾディアのクラブは本当にいいですね。
私はまだそれほど多くのクラブを試したわけではないのですが、すっかり魅了されました。

特にウェッジが最高ですね。
このアイアンもすごく気に入りました。
記事にも書きましたが、このようなクラブを使うことがとても贅沢なことだと思いました。

私はまだゾディアのクラブを所有できていませんが、お金を貯めて是非購入したいと考えております。

これからも記事を書いていきたいと思いますので、お時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。
それでは失礼いたします。
このサイトをきっかけに
zodiaのCM-1を購入することに決めました!
いつも楽しみに見させていただいていますが、実際に購入するのは初めてです!
何度か買い替えを行ってきましたが、なかなか固定して使い続けて行くことができませんでした、今回は長く使い続けて行けるように思います!
ありがとうございました。
これからも楽しみに見させていただきます!
k1195様。はじめまして
k1195様。はじめまして。golfdaisukiと申します。
この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せてくださいまして、まことにありがとうございます。

このアイアンはとてもいいですね。
私はまだzodiaのクラブを所有できていないのですが、とても欲しいと思っているので、羨ましく思います。

すごくいいアイアンなので、どうかずっと大切に使ってあげてください。

これからも記事を書いていきたいと思いますので、お時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。
それでは失礼いたします。
購入しました!!
Golfdaisuki様
いつも楽しく読み参考にさせて頂いております。
地クラブ好きの私としては、貴方様の試打日記を読み非常に興味を持ちました。
ついに購入。容姿も素晴らしく、非常に強い当たりの比較的易しめのクラブであると思いました。
もう他のクラブに興味なくなってしまい、このクラブを一生使用していくのではないかと思うくらい素晴らしいクラブに出会えたと感じております。

今後も良いクラブの試打日記掲載を期待しております。
klugermana様。はじめまして
klugermana様。はじめまして。golfdaisukiと申します。
この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せてくださいまして、まことにありがとうございます。

このゾディアのアイアンはすごくいいですね。
私も購入したいと考えているのですが、なかなか思うようにいかないので、歯がゆく思っております。

なので、klugermana様がとても羨ましいです。
仰る通り、一生物といえるアイアンだと私も思います。

とても嬉しいコメントを寄せてくださり感謝いたします。

これからも記事を書いていきたいと思いますので、お時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。
それでは失礼いたします。