プロギア NEW egg FORGED アイアン - ゴルフクラブ試打日記

室内にいながらラウンドプレイや練習ができるゴルフシミュレーター まずは無料資料請求を

ライザップゴルフ

Post

      
2012年04月02日
  

プロギア NEW egg FORGED アイアン

                 
プロギア NEW egg FORGED アイアン 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは プロギア NEW egg FORGED アイアン の7番 です。



M-40

シャフトは M-40 です。

ロフトは28度、クラブ長さは37.25インチ、シャフトフレックスはM-40、クラブ総重量は386gです。



正面

PRGRエッグシリーズの新しいアイアンです。


このアイアンを一目見て、精悍で、とてもカッコいいな・・・。と思いました。


形状自体は、これまでのエッグアイアンらしいのですが、これまでのモデルよりもすごく『シェイプアップ』されているような気がします。


余計なものがそぎ落とされた感じといったらいいでしょうか?



側面

何と言いますか、打ちやすくする為に色々な工夫が施されている感じはするのですが、外見はとてもシンプルに見えました。


この黒い色も、かなり主張しているように思えました。


ポケットキャビティで、あまり見惚れることはないのですが、今日はずっと見入ってしまいました。


何となく『いい予感』がしていました。


打つ前から、気分が高揚していきました。



彫りの深さ

エッグアイアンらしく彫りがかなり深くて、他のポケキャビの中でも『最大級』といっていいと思います。


初めてエッグアイアンに出会ったときは、この独特な形状に驚きましたが、今ではすっかり浸透しているように思います。


プロギアらしい、かなり思い切った設計ではありますが、このエッグアイアンの高性能を知っておられる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



ヒッティングポイント後方の半円模様

ヒッティングポイントの後方に、何やら半円状の模様が見えました。


これは打感を良くする為の工夫なのでしょうか?


それとも、単なるデザインに過ぎないのでしょうか?



ソール幅

『ソール幅』は、やはりワイドな感じで、しかもかなり丸みを感じます。


シャープな感じはしませんが、この丸っこい形状に親近感をもたれる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



ネック長さ

ネックは、やや短めではありますが、今の主流といってもいい長さだと思います。



振り感

素振りをしてみた感じは、かなり軽いので、アイアンを振っている感じにはなかなかなれなかったのですが、これがこういったタイプのアイアンの特徴なのだと思いました。


この軽さに不安を感じてしまうこともあったのですが、このエッグアイアンの寛容さに賭けてみよう・・・。と思っていました。



構え感

ボールを前にして構えて、その意外なほどの『いい顔』にすごく好印象をもちました。


これまでのエッグアイアンは、アイアンというよりは明らかに『ユーティリティ』の構え感だったのですが、今回のこのニューモデルでは、アイアン感覚で構えることができました。


グースもきつくなく、トップラインも厚すぎないので、とても楽な気分で構えることができました。


ただ、これまでのモデル同様、構えたときにバックフェースが少し見えてしまっているのが、ちょっと残念でした。


前のモデルよりは、明らかに見え方が少なくなっているのですが、どうしても目についてしまうので、そこがとても惜しいと思いました。


しかし、アイアンの感覚でセットアップできたので、『狙う』感じでイメージを出していくことができました。


いかにも大らかそうな顔をしているので、なかなか曲げるイメージは持てませんでしたが、まずは自然体で打っていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』は、かなり好印象でした。


これまでのエッグアイアンも見た目の形状以上に打感が良い印象があったのですが、このアイアンはかなりいいです。


爽快感が感じられました。


彫りの深いアイアン独特の『薄っぺらい』感じもしなかったですし、ボールに当たり負けする感じでもありませんでした。


しっかりとボールをキャッチしている感触を味わうことができました。


店員さんの説明によると、このアイアンは『軟鉄鍛造』なのだそうで、見た目との印象のギャップを感じていたのですが、その打感の良さはやはりフォージドアイアンならではなのだろうか?と思っていました。


見た目との、いい意味での『アンバランスさ』が、とても印象的でした。



トゥ側

球はかなりあがりやすくて好印象でした。


『敷居の低さ』という点では、まさに最高レベルです。


ヘッドスピードに自信のない方にも、かなり打ちやすく感じられるのではないでしょうか?


グースがきつくないので、球がとても拾いやすいと思いました。


『タフさ』とは無縁のアイアンだと思います。



バックフェース

『安定性』という点でも、かなりハイレベルで、これまでたくさん出会ってきた『寛容さ』のあるアイアンの中でも、おそらくトップレベルといっていいのではないかな?と思いました。


これだけ思い切った設計になっているので、それだけの高い性能がもたらされているのは間違いないところだと思うのですが、構えやすかった点が、この安定性の高さをより高いレベルまで押し上げてくれたように思います。


私はこういった軽量のアイアンはあまり得意ではなく、最初の数球はいつもミスを覚悟しながら試打をしているのですが、今日は一球目からなかなかいい感じで球が飛んでいました。


しかし、フェース面を見ると、ややトゥ側でヒットしていて、それをあまり感じさせないところがありました。


『打点』というよりは、明らかに『ワイドスイートエリア』なアイアンだと思います。


こういった大きなポケットのあるアイアンらしく、シビアさが全く感じられませんでした。



飛距離性能

『飛距離性能』という点でも、今、出会うことができる各メーカーの7番アイアンの中でも、間違いなく『トップクラス』と呼べるほどの高性能を感じました。


アイアンに飛距離を求めていきたい方には、かなり魅力的に感じられるのではないでしょうか?


常々、アイアンは『飛ばす為』というよりは『距離を刻む』という考えを私は持っているのですが、今日はこんなに飛んでしまう打球を目で追いながら楽しんでしまいました。


『距離感を出す』というよりも、『7番アイアンでどれだけ飛ばせるか?』という『7番アイアンのドラコン』を1人で行っているようでした。


曲がり幅が小さく、高さも充分に出していけるので、それもこの高い飛距離性能につながっているのだと思いました。



操作性

『操作性』という点では、なかなか大きく曲げることができず、かなり『頑固』といいますか、『実直』な感じで、ひたすら真っ直ぐに近いラインを描いてくれるアイアンだと思いました。


かなり高性能な『オートマチック系』のアイアンだと思いました。


この『オートマチックさ』と打感の良さのミスマッチがとても面白いと感じました。


私は練習場では、ボールを曲げて楽しむことが多いのですが、今日はそんな気分にはなかなかなれませんでした。


このアイアンがもつ『頑固さ』にひたすら付き合ってみよう・・・。と思いました。



ヒール側

私はいつも色々なゴルフクラブを試打していて、必ずしも『最新』=『最高』ではないと思っていますし、それは『確信』につながっています。


しかし今日出会った、この『NEW egg FORGED アイアン』は別でした。


これまでのエッグアイアンの中で、このアイアンがまさに最高だと思いました。



PRGR NEW egg FORGED アイアン
 
まず第一印象で感じた、『精悍さ』『カッコ良さ』。


そして『構えやすさ』でハートをギュッと鷲掴みされ、『打感の良さ』で、その好印象度が最大限にまでアップしていきました。


私は『飛び過ぎるアイアン』はあまり好まないので、このアイアンの飛距離性能に感心しながらも、それほど魅力的には感じませんでした。


しかし、『アイアンの飛距離性能』にこだわっておられる方はたくさんいらっしゃるので、そういった方々には是非お勧めしたいアイアンです。


ベテランゴルファーの方はもちろん、キャリアの浅い若い方にも、魅力的に感じられるアイアンといっていいのではないでしょうか?



PRGR NEW egg FORGED IRON

間違いなく、エッグアイアン史上『最強のアイアン』といっていいように思います。


さすがはプロギアだな・・・。と思いました。


今は多くのアイアンが、『ちょっと形を変えただけ』とか『かなり前のモデルの形状をそのまま持ってきた』といった感じで、あまり変わり映えしないところが多いのですが、このアイアンはすごく良くなっていると感じました。


明らかに進化していると思いました。



PRGR NEW egg FORGED アイアン

かなり飛び過ぎてしまうので、私がこのアイアンをコースで使うことはないと思いますが、とてもいい印象が残りました。


また、このアイアンで試打を楽しみたいです。


プロギアらしい、高い技術と他のメーカーではなかなか感じられない『個性』が感じられます。


改めて、プロギアというメーカーは他のメーカーとは、いい意味で『異質』な感じがしました。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント
        

PRGR
golfdaisuki様、こんばんは。今回ご紹介のアイアンは飛ばしたい人は大喜びでしょう。
私の兄がPRGRの愛用者ですので私は遠慮していたブランドでしたが、日曜日にシルバーブレードというPRGRのパターを買いました。大変調子が良いです。
先週末は実は群馬県にゴルフに行きました。暴風雨に叩かれて12番ホールで撤退と散々でした。月末にまたゴルフをする機会がありますので、また頑張ってきます。
シルバーブレードはとてもいいパターです
たかし様。こんばんは。golfdaisukiです。
いつもありがとうございます。

今回のこのPRGRのアイアンはすごいですね。
記事にも書きましたが、これまでのエッグアイアンの中でも最高だと思います。

PRGRのシルバーブレードパターはとても素晴らしいパターですね。
私も何度かボールを転がしたことがあるのですが、とても打感が柔らかくてタッチが出しやすいですね。
傑作パターといって過言ではないと思います。

群馬県でのラウンドは大変でしたね。
自然が相手のスポーツなので、仕方のないところもありますね。
やはり安全より優先するものはないと思います。
私も落雷や暴風雨、急な積雪などでラウンドが中止になったことが何度もあります。

月末のラウンドは是非頑張ってください。
応援しております。
またそのラウンドの結果をご報告願えたら・・・。と思っております。

この度はとても嬉しいコメントを寄せてくださいまして、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

それでは失礼いたします。
No title
毎回毎日、楽しく拝見しております。先日はFWのシャフトに関してアドバイスを頂きましてありがとうございました。DWがCB50Wの流れで、3W(BBD304T)の純正シャフト(S)が軽くて柔らかすぎたため、FW50Σ(XS)にリシャフト致しました。結果、重量感、ねばり、しっかり感が抜群に良く、先調子も手伝って高弾道でぐんぐん前に進む球筋になりました。しっかりしてバランスも良いため、シャフト長を感じさせず、3Wが非常に容易になりました。Golfdaisukiさんの仰るように、やはりシャフトは重要と痛感しております。今後も楽しい記事を期待しております。
とてもいいシャフトにされましたね
golfbozu様。こんばんは。golfdaisukiです。
いつもありがとうございます。

クレイジーのシャフトが威力を発揮しているようですね。
やはりクラブはシャフトがとても重要ですね。
フィーリングが合わないと思っていたクラブも、リシャフトすることによって、見事に蘇ってくることはとても多いですね。

これからも、その素晴らしいクラブを大切にしてあげてください。
それでは失礼いたします。
Prgr New Egg Forged Iron
試打日記トピ主様
トピックスを読ませて頂き、早速ショップに出かけ試打をさせて貰った後に購入を致しました。

従来三浦のPP9001(GS95-R)を使用しておりましたが、65才の加齢から少しハードに感じておりました矢先にトピックスを読ませて頂いたところです。

今回のNew Egg Ironは全体的にアップライトの仕様ですのでひっかけが出るのではと思いましたが、ややアップライトに振ることに努めた結果全く問題は有りませんでした。

従来、所謂既製品のクラブはライやロフト角が曖昧だから調整が必要だなと思っておりましたが、このセットにつきましては問題がありませんでした。

購入いたしましたのは#5~SWの9本です。
ありがとうございました。
ナカ様。はじめまして
ナカ様。はじめまして。このゴルフクラブ試打日記を運営しております、golfdaisukiと申します。
この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せてくださいまして誠にありがとうございます。

このPRGRのアイアンが合っておられるようですね。
素晴らしいアイアンだと私も思っております。

私の書いた記事がナカ様のお役に少しでも立てたのかと思うと、とても嬉しくなります。
こちらこそ、ありがとうございました。

これからもお時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。
それでは失礼いたします。
迷ってます!
まさに最強のプロギア NEW egg FORGED アイアン
を手に入れました。M-40です。
すごく見た目も良くこのまま使用したいのですが、悩みが
あります。
M-40(SR)ということで今までよりオリジナルカーボンシャフトも重量を感じます。
(今まで初代ゼクシオアイアンのRを使用していました。)
といいますのは、右利きですが、左の人差し指を痛めているため、ショットの際、力が入りませんのと余計に重く感じてシャンクしてしまいます。
M-37(R)に買い換えるのも大変だし、M-40をリシャフトしたらどうかと考えています。
辞めた方がいいか、それともバランスを考慮し、どんなシャフトが合うかをご助言いただきたくお願いいたします。
くろちゃん様。はじめまして
くろちゃん様。はじめまして。golfdaisukiと申します。
この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せてくださいまして誠にありがとうございます。

さて、今回はシャフトについてのご質問を頂戴しておりますが、人差し指を痛めておられるのはショットにかなり影響すると思います。
やはり指はとても大切な部分ですね。

ただ、M-37に買い替えられるのはあまりお勧めできません。
不経済ですし、おそらくシャフトのフィーリングが合いづらいのではないでしょうか?
リシャフトをご検討中のようですが、私もそのほうがいいように思われます。

それとひとつだけ質問させていただきたいのですが、人差し指はどんな状態なのでしょうか?
できれば指を少し休ませてあげて、回復を待つということはできないのでしょうか?
あまり無理をしてしまうと、回復が遅くなってしまいますし、他の部分にも無理が掛かってしまうかもしれないですね。
スイングにも悪影響が出てしまいそうですね。

リシャフトなど、ギアの変更も重要ですが、まずはご自身のコンディションが最優先なのではないでしょうか?
いくらクラブを変えても体調が万全でないと、いいパフォーマンスを発揮するのは難しいですね。
勿論、多少コンディションが良くなくても、クラブを振りたい、球を打ちたい・・・。というお気持ちは痛いほど解ります。

私は一昨年、腰を痛めてかなりつらい時間を過ごしたのですが、その時は激しい痛みに苦しみながらも、クラブを振りたくてたまりませんでした。
しかし、無理をせずに回復に努めました。
やはりコンディションを整えてからでないと、ゴルフを楽しめないですね。

またどんなシャフトが合うか?とのご質問ですが、こればかりは正直申し上げてお答えしづらいです。
くろちゃん様がどのようなスイングタイプの方なのか?とか、HSや打ち出し角度、球筋など、解らないことが多すぎるからです。

私の友人など、いつも実際に出会っている人たちには、そのスイングやクセなどである程度イメージできたりするのですが、今回いただいたコメントを拝読する限りでは、全く想像ができません。
なので、このシャフトがお勧めですよ・・・。とは申し上げにくいことをご理解いただけないでしょうか?

そこで私がお勧めしたいのは、
まず第一に、当たり前ではありますが、人差し指の回復に努める。

第二に、フィッティングを受けるということです。
お近くに工房などはありませんか?
今は量販店などでもフィッティングをしてくれるようですし、データを計測しながら、一度店員さんに訪ねられるのがいいのではないでしょうか?
そのほうが、いい結果が待っているような気がします。

ゴルフクラブは高価な買い物です。
リシャフトも高くついてしまいます。
せっかくいいアイアン(ヘッド)を手に入れられたのですから、納得のいくシャフトを挿していただきたいと思います。
ナイスショットを打つには、ヘッドとシャフトのコンビネーションは欠かせないですね。

以上が私の考えなのですが、ご理解いただけましたでしょうか?
せっかくコメントを寄せてくださったのに、具体的なシャフトの名前を挙げることができずに、申し訳ありません。
適当なことを申し上げたくなかったので、今回はこのような返事になってしまいました。

これからもお時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。
それでは失礼いたします。