マグレガー マックテック NV201 ドライバー - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2011年11月19日
  

マグレガー マックテック NV201 ドライバー

                 
マグレガー マックテック NV201 ドライバー 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは マグレガー マックテック NV201 ドライバー です。



BASSARA NV-201DM

シャフトは BASSARA NV-201DM です。

ロフトは10度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は43g、トルクは4.6、キックポイントは中調子、バランスはD2、クラブ総重量は280gです。



正面

約1年ぶりのマグレガーのニュードライバーです。


マグレガーのニューモデルは1年に1回しか出会うことはできませんが、このドライバーを一目見て、前のモデルよりもカッコよくなったな・・・。と思いました。


昨年のモデルは、あの『目』に似たデザインがとても個性的だとは思いましたが、正直あまりカッコいいとは思えませんでした。


これまでのイメージを変えているところは良かったと思うのですが、やはり今回のこのニューモデルのほうがマグレガーらしい、カッコいいデザインだと思います。



側面

昨年のモデルは、ソールのほぼ中央部分に2つのウェイトがあったのですが、今回はオーソドックスに『ヒール側』にあります。


これまで他のメーカーでは『1つ』が多かったと思うのですが、昨年同様、このドライバーにも『2つ』付いています。


それだけ『球のつかまり』にこだわっているのでしょうか?


このヘッドの体積は『460cc』なのだそうですが、それほど大きすぎる感じはしませんでした。



2つのウェイト

この2つのウェイトは交換ができそうです。


手前(ヒール側)のウェイトには『10』という刻印がありました。


そしてもう片方には『3』という刻印がありました。


額面通り『10g』『3g』と捉えていいのでしょうか?


これだけ大きなウェイトが2つも付いているということが、とても珍しいと思いましたし、これくらいの重さがないと『球のつかまり』が弱い・・・。ということなのかな?と思いました。



ネック長さ

ネックの長さもまずまずでしたし、思っていたよりも『シャロー』でない感じがしました。


これまでのマグレガーといえば、やはりどうしてもシャローなイメージが強いですが、このドライバーはそれほど薄い感じはしません。


かといって、『厚み』がたっぷりとある『ディープヘッド』という感じでもなかったですし、どちらかといえば、やはり『シャロー』といっていい形状だと思いました。



顔

『顔』は、これまでのマグレガーのイメージに『則している』といってもいい、『美しいブルー』です。


何となく『海の青さ』を連想させる美しくて濃いブルーです。


昨年のドライバーはオーソドックスな黒いヘッドで、私はそこに好感をもったのですが、今回はマグレガーらしいカラーに戻っています。


形も非常に整っています。


フェースも大きく被っているようには見えなかったですし、だからヒール側に2つもウェイトが配置されているのかな?と思いました。



振り感

素振りをしてみた感じは、これまでのマグレガーのイメージ通り、かなり軽い感じはしましたが、まずまずタイミングを合わせやすい感じがしました。


軽量感による『頼りなさ』のようなものは、あまり感じませんでした。


シャフトのフレックスは『SR』ということでしたし、軟らかめだと思いましたが、ヘッドもビュンビュンとよく走ってくれる感じがしました。



構え感

ボールを前にして構えた感じは、すごくいい印象をもちました。


この美しいブルーを見ていたら、心まで澄んでくるような気がします。


形も整っていますし、楽な気分で構えることができました。


変なクセのないヘッドなので、色々と曲げてみるイメージも湧いたのですが、それよりも『真っ直ぐなライン』のほうがイメージが強く出たので、そのイメージが消えないまま打っていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』は、ややしっかりめだと思いました。


硬いという印象はなかったですし、苦手な感じのフィーリングではなかったのですが、『心地よい柔らかさ』という感じはしませんでした。


まずまずの打感だと思いました。



打球音

『音』も、少し大きめだとは思いましたが、周りが気になったり、インパクトが緩んでしまう感じの音ではなかったので、自分のスイングに集中することができました。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点でも、昨年のモデルよりも親しみやすさが増したような気がします。


昨年は『青』『赤』『黒』という3種類があり、『赤』と『黒』はヒッター向けの印象がありますが、今回のこのモデルは昨年のモデルの『青』と『赤』の中間くらいかな?と思いながら試打を繰り返していました。


マグレガーのドライバーが好きだけど、昨年のモデルはちょっとタフだったので、もう少しイージーなドライバーがいい・・・。という方には、今回のこのニューモデルはとても親しみやすく感じられるのではないでしょうか?


見た目とても整っていてカッコいいドライバーなので、多少タフに感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は球があがりやすくて、とてもイージーなドライバーだと思います。


ちなみに、シャフトに貼られているシールには『40~43m/s』とありました。



バックフェース

『安定性』という点でも、かなり寛容さが感じられました。


シビアな感じはしません。


いい意味で『ごまかしていける』感じがしました。


極端なフックフェースになっていない分、2つのウェイトがよく効いているのかもしれません。


球のつかまりがいいドライバーだと思いました。


ただ、スライスを撲滅してくれるドライバーではないので、スライスに悩んでおられる方にとって『お助けドライバー』とはなりにくいかもしれません。


全体的にすごくイージーなドライバーではありますが、ある程度球をつかまえるスイングが要求されるように思いました。


極端に直進性が高いとは思いませんでした。



飛距離性能
 
『飛距離性能』という点では、まずまず・・・。といった感じで、ある程度予想していた通りの性能でした。


極端な反発性能という感じでもなかったですし、これまで出会ってきたマグレガーのドライバーらしいところだと思います。


マグレガーのドライバーには、昔からすごくいい印象を持っていますし、このドライバーも好感を持ちましたが、驚くようなことはありませんでした。


うまくまとめていきやすいドライバーではないか?と思いました。



操作性

『操作性』という点では、なかなかいい感じでした。


球がつかまりやすいドライバーなので、フッカーの私が打つと、左方向へ曲げる球が打ちやすかったのですが、右へ曲げることも容易に行うことができました。


クラブ全体的にかなり軽かったですし、なかなかイメージを伝えづらい部分がありました。


聞くところによると、このドライバーのシャフトもすごく高性能らしいのですが、私には少し難しく感じてしまいました。


慣れるには、もっとたくさんの球数が必要だと思いました。



ヒール側

昨年の3つのドライバー(赤・青・黒)がとても印象的で、これからマグレガーのクラブはどういった方向性に向かっていくのだろう?と思ったこともあったのですが、今年のモデルは『原点』に戻ったような気がします。


これまでのマグレガーファンの方にも、すごく受け入れやすくなっているのではないでしょうか?


軽量ドライバーではありますが、結構しっかりとしているので、振りやすく感じられる方も多いような気がします。



MacGregor MACTEC NV201 DRIVER

昨年のドライバーは初めて試打した後も、たくさん目にしてきたのですが、『ギョロッ』とした印象から、あまり手にすることはありませんでした。


しかし、今年のドライバーはすごくカッコいいので、また機会があれば試打してみたいです。


カッコ良さとイージーさが両立されていて、これまでのマグレガーのイメージにピッタリと合っているので、マグレガーファンの為のドライバーだと思いました。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント