カタナ SNIPER X ドライバー エメラルド ゴールド と カタナ SNIPER X ドライバー ブラック ブラック - ゴルフクラブ試打日記

室内にいながらラウンドプレイや練習ができるゴルフシミュレーター まずは無料資料請求を

ライザップゴルフ

2009/08/08

Post

      
2009年08月08日
  

カタナ SNIPER X ドライバー エメラルド ゴールド と カタナ SNIPER X ドライバー ブラック ブラック

                 
09080801.jpg
<左>エメラルドゴールド    <右>ブラック

今日は、この2本のカタナドライバーを比較試打してみました。

試打クラブは カタナ SNIPER X ドライバー エメラルド ゴールド と カタナ SNIPER X ドライバー ブラック ブラック です。



09080808.jpg
<上>ブラック    <下>エメラルドゴールド



09080802.jpg
<左>エメラルドゴールド    <右>ブラック




<左>カタナ SNIPER X ドライバー エメラルド ゴールド のスペック

シャフトはグラファイトデザイン オリジナルカーボンシャフトです。

ロフトは10度、クラブ長さは46インチ、シャフトフレックスはS、トルクは4.8、シャフト重量は52g、バランスはD1、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は286gです。



<右>カタナ SNIPER X ドライバー ブラック ブラック のスペック

シャフトは グラファイトデザイン社製 オリジナルカーボン です。

ロフトは8度、クラブ長さは46インチ、シャフトフレックスはS1、シャフト重量は63g、トルクは3.9、バランスはD3、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は303gです。




どちらも『カタナ』らしい、とても高性能なドライバーです。


スペック的な違いはありますが、どちらもとても素晴らしいドライバーであることに変わりありません。


私はこれまで、それほど多く『カタナ』のドライバーには接していなかったのですが、今年、この2本の素晴らしいドライバーに出会うことができて、すっかり『カタナファン』になってしまいました。


『ゴールド』と『ブラック』という、どちらもとても魅力的なデザインだと思います。


『ゴールド』のきらびやかさ、光沢感に魅力を感じられる方もたくさんいらっしゃると思いますし、『ブラック』のシブさ、落ち着き感を感じられる方も多いと思います。


このデザインを見るだけでも、メーカーがそれぞれ対象にしているゴルファーが違っているのが解ります。



09080811.jpg
<左>エメラルドゴールド    <右>ブラック

素振りをしてみると、私にはブラックの方が振りやすく感じられますが、『ゴールド』のほうも、これまでいいイメージが残っているので、振っていて全く嫌な感じはしません。


むしろいい感じがしてきます。


軽量ドライバーは、これまでもずいぶんと苦手にしてきたのですが、このドライバーや他の素晴らしいドライバーに出会えたことにより、私の苦手意識もずいぶんと薄らいだような気がします。


一度、苦手意識をもつと、ずっとそのまま苦手であり続け、自分自身の『対応能力』の乏しさを感じていましたが、最近は少しは進歩しているのかもしれない・・・・。と思いました。


私がまだ初心者の頃、まだ『クラブの重さ』や『シャフトの硬さ』『バランス感』など、全くといっていいほど考慮せずに『衝動買い』することもたくさんあり、成功することもあれば失敗することはそれ以上に多くありました。


経験が浅いうちは、軽いクラブの方が楽に触れるので、いいように感じていたこともありましたが、、経験を積んでくると、決してそうではないことに気付き、振り切れたり身体に負担が掛からない・・・・。という範囲内で、出来るだけ『重量感』があった方がいい・・・・・。というのが解ってきたように思います。


ある程度の『重量感』や『シャフトフレックス』があり『シャフトトルク』が抑えられたクラブは、クラブの特徴、そのままの自然な感じで振り抜いていくことが出来ていましたが、このような軽いクラブはちょっと自分なりに工夫をせざるを得ないところがあったような気がします。


しかし最近はそれが、ある意味『許容範囲内』に収まる感じがして、それほど余分なことを考えなくて済むようになり『シンプル思考』でいけているような気がしました。


少しは自分の『対応能力』が向上したのかな・・・・?と思いました。


もしそうだとしたら、すごく嬉しいことだと思います。



09080809.jpg
ブラック


09080810.jpg
エメラルドゴールド


ボールを前にして構えてみても、やはりこれまで通り、どちらもすごくいい感じがします。


『形状の美しさ』に加え、この『光沢感』がたまりません。


どちらもほんのちょっと『フックフェース』にも見えるのですが、気になりませんでした。


すごく『品のある顔』だと思いました。


ただ、敢えてどちらかを選ぶとすると、私は『単色』が好きなので、『ブラック』に軍配を上げたくなります。


この締まって見える感じがたまりません。




試打を開始しました。

09080803.jpg
<左>エメラルドゴールド    <右>ブラック

まず感じたのが、その『弾道の高さ』です。


形状などの見た目が似ているところも多いですが、スペックがかなり違っているので、これはある程度予想できていましたし、初めて試打したときの印象と全く変わりませんでした。


『高弾道設計』のエメラルドゴールド

『中弾道設計』のブラック

といっていいのだと思います。


エメラルドゴールドの高弾道も好きですし、ブラックの鋭い中弾道もすごく好きです。


それぞれ性格は異なりますが、敢えていうならば『ブラック』の中弾道に、今日は魅力を感じました。


風に負けない感じの勢いのある球が、とても実戦的だと思いました。


『ブラック』は、『ロフト』が立った設計になってはいますが、決して球があがりにくいとか『ドロップ』するといった印象は全くありませんでした。


『ロフト』は立っていますが、はっきりと『シャローヘッド』になっていると思いますし、『ディープヘッド』にはない、上がりやすさを持っていると思います。


私の後輩にも『ロフト』が球の上がりやすさの全て・・・・。と誤解している人がいるのですが、決してそうではない・・・・。ということがこうして試打してみると解りやすいのだと思います。


今度彼にもこのドライバーの試打を薦めてみようと思いました。



09080804.jpg
<左>エメラルドゴールド    <右>ブラック

『打感』という点では、どちらも互角でした。


実に気持ち良く打っていくことができました。


『ロフト』が寝ていると、どうしても『球の乗り』が良くなるので、少し『くっつき感』をブラックよりは感じられるのかな・・・・?とも思っていましたが、実際にはそうでもなくどちらもとてもいい感じの打感です。


手に嫌な衝撃が残るでもなく、比較的操作しやすい感じがしました。



09080806.jpg
<左>エメラルドゴールド    <右>ブラック

『安定性』という点でも、どちらもかなり高いレベルにあると思いました。


どちらも球がつかまりやすく、右へプッシュ球が出ません。


小気味よく振っていけるのは、『ブラック』ですが、『エメラルドゴールド』も決して振りづらい感じはしませんでしたし、安定した球を打っていけるドライバーだと思います。


球の曲がりを気にせずに思い切って振り切って、それがいい結果につながるのだと思いました。


結構『オーバースイング気味』に、ブンブン振り回していったりもしたのですが、どちらもしっかりとついてきてくれる感じがしました。


球がつかまりやすいのは、やはり『エメラルドゴールド』の方だと思います。



09080813.jpg
<左>エメラルドゴールド    <右>ブラック

『操作性』という点では、私はブラックの方がいい感じがしました。


エメラルドゴールドもいいのですが、こちらは『直進性』がブラックよりも高い感じがしましたし、以前も書きましたが、なかなか『スライス』を打つのが難しく感じられました。


もちろん、敢えて極端なスライスを打つ必要は実戦でもありませんし、高い『直進性』で勝負するのが得策なのだと思います。


それに比べ、ブラックはロフトやシャフトなどのスペックが、かなりしっかりとしていますし、結構敏感にこちらの意図を読み取ってくれる感じがしました。


ブラックの方が『ロフト』が立っているからでしょうか?


敢えて『スライス』を打ってみると、ブラックの方が打ちやすい感じがしました。


自然に打っていくなら『ドロー系』なのですが、意図的に大きな『フック』や『スライス』打つことも比較的容易にできました。


しかし、このブラックもエメラルドゴールドほどではないのかもしれませんが、やはり『直進性』『安定性』が高いドライバーなのだと思います。


ここ数年のドライバーの傾向だと思うのですが、これらのドライバーも、曲がりを気にせずに楽な気分で振り切っていけるドライバーなのだと思いました。



09080807.jpg
<左>エメラルドゴールド    <右>ブラック

『飛距離性能』という点でも、どちらもかなり高いレベルでの争いとなり、ほぼ互角のような感じがしました。


『高弾道』『中弾道』の違いはありますが、なかなか大きな差を見つけられない感じがしました。


おそらく今日の感じでは『中弾道』のブラックの方が、若干前に出ているのではないかな・・・・?とも感じたのですが、練習場ではなかなか解りづらいので、今度練習ラウンドで2本持って行き試してみたい・・・・・。と思いました。



09080812.jpg
<左>エメラルドゴールド    <右>ブラック

『長さ』という点では、どちらも『46インチ』ということですし、同じメーカーなので違いはないと思いました。


先日、『イオン』のドライバーとの長さの違いはかなりあると思ったのですが、やはり同じメーカーだと、きちんと『統一』されているのだと思います。


どちらが正しい『46インチ』なのかは解りませんが、また比較する機会があれば比較したいと思いました。


今日は日中、すごく気温が上がり、とても暑かったですが、練習場でアイスコーヒーを飲みながら、この2本のドライバーのおかげで気持ちよい汗をかくことができました。


会社の同僚に、今度のコンペでどうしても『ドラコン賞』が欲しい・・・・。と言っている人がいるので、私はこの2本のドライバーを薦めてみようと思いました。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント