Zodia V3.0 ウェッジ 58° - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス

方向性へのこだわり 握った瞬間、ロックオン スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2024年02月07日
PR
  

Zodia V3.0 ウェッジ 58°

                 



Zodia V3.0 ウェッジ 正面
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
Zodia V3.0 ウェッジ です。



N.S.PRO 1050GH
シャフトは N.S.PRO 1050GH です。

ロフトは58度、クラブ長さは35インチ、シャフトフレックスはS、キックポイントは中調子、バランスはD1、クラブ総重量は459g です。



正面
全体的に、見とれてしまうほど美しいZodiaのニューウェッジです。

ゾディアのウェッジはこれまで、いくつか試打してきましたが、どれも質感が良く、『美しさ』や『丁寧さ』が感じられます。

今回のニューモデルV3.0も細部に至るまで、かなり丁寧に作り上げられているのが魅力的です。

ゴルフクラブというものは、『愛でるもの』だと、こういう美しいクラブに出会うと感じさせられます。

ウェッジメーカーはたくさんありますが、この圧倒的な美しさはゾディアの『個性』です。



58
ロフトを表す、この『58』という数字が、かなり綺麗に彫り込まれています。



ワンカラー プロトタイプっぽい
『58』という数字以外にも、『Zodia』や『ゾディアのマーク』、『V3.0』という数字も綺麗に刻まれていて、あえて色をいれず『ワンカラー』にしてあるのがプロトタイプっぽくてカッコいいです。



側面
大きさは標準的で、シャープな輪郭が際立っています。

このように『削り』を意識させてくれるメーカーは、なかなかありません。



トップライン
トップラインがテーパーになっているウェッジは多いですが、このウェッジの場合、中央付近が少し削られています。

こうすることによって、テーパーと同じような重量配分になっているのではないでしょうか?



ソール幅
ソール幅は少しワイドに見えますが、SWとしては標準といっていいと思います。



リーディングエッジ

トレーリングエッジ
リーディングエッジもトレーリングエッジも、『大胆』といえるほど、大きく削られています。

これだけでも凄いのに、ミーリングのような細かい溝がたくさん刻まれているので、芝やラフに対する抵抗感も少ないのではないかな?と思いました。



ネック長さ
適度なネックの長さがキープされています。

ウェッジにはこれくらいの長さが欲しいので、好感が持てました。

ショートネックだと、どうしてもスピンが途中からほどけてしまう・・・。という印象がありますが、このように適度な長さがあると、しっかりとスピンが掛かり、ほどけないイメージがあります。



MADE IN JAPAN
ホーゼルには『MADE IN JAPAN』と刻印されています。

日本製というのがいいですね。

日本のメーカーでも生産は海外ということが多いですが、ゾディアを含め、いくつかのメーカーは国内生産されています。

これまでも書いてきましたが、品質や性能・そして検品が確かであれば、他の国でも良いとは思うものの、それでもやはり日本で、日本の職人という人たちが作ったということになると、ゴルファーとして贅沢でもあり、嬉しいですね。

そんな素晴らしいクラブに負けないよう、自分自身のゴルフをしっかりしなくちゃ・・・。と気合いが入ります。



ソケット
ソケットもZodiaのロゴが入っているのがいいですね。

大手メーカーでは、なかなか見られない工夫です。

ファンサービスといったほうがいいでしょうか?

大量生産して大きな数を捌くメーカーでは、なかなかこのような細かいところまでこだわっていられないのかもしれません。



ソール形状
ソールは平らに近いですが、微妙に丸みを帯びていて、上手く滑ってくれそうです。

『多面性ソール』といっていいでしょうか?

リーディングエッジもトレーリングエッジも大きく削られているので、いろいろな顔を持ち合わせているようです。

たくさんの顔がある・・・。ということで、仮面ライダーアマゾンの宿敵、『十面鬼ゴルゴス』を思い出しました。



バンス
バンスの効きは標準的です。



ソールとリーディングエッジのミーリング

トレーリングエッジのミーリング
ソールだけでなく、リーディングエッジやトレーリングエッジにも細かな溝が刻まれていて、それがあまりにも美しいので、また写真を撮ってしまいました。

いつも試打するときは、ブログにアップする写真の数の2~4倍くらいは写真を撮るのですが、今日はさらに増えました。

美しいクラブを目にすると、ついついシャッターを押してしまいます。

こんな美しいクラブで今から球を打つことができる・・・。というだけで、嬉しくてたまりません。

初めて試打したゾディアのウェッジは削りに、良い意味でも『ムラ』があって、『ハンドグラインド感』といいますか、『手作業感』があり、それがカッコ良かったのですが、今回のニューモデルは均一に削られていて、手作業感は無いものの均整がとれています。



フェース面がザラザラで非常に細かいミーリングのようなものがある

フェース面がザラザラで非常に細かいミーリングのようなものがある

フェース面がザラザラで非常に細かいミーリングのようなものがある
フェース面を指で触ってみたのですが、かなりザラザラしています。

かなり細かな砂でサンドブラストをして、それを丁寧に仕上げたような触感・・・。といったらいいでしょうか?

非常に細かいので写真では見えづらいですが、模様のようなものが、スコアラインと平行に走っています。

何とか、それをお見せしたいと思い、写真を何枚か撮りましたが、なかなかはっきりと写せないのが残念です。

スコアラインも綺麗に削られていて、チープさは全くありません。

今は『スタンプ式』が圧倒的に多いですが、このウェッジのスコアラインは『彫り感』があり、とても魅力的です。

フェース面だけを見ると、多くのメーカーが同じようになっていて、メーカー毎の個性が見られないことが多いですが、ゾディアは違いますし、ここまで細部にまでこだわっているメーカーは殆ど無いと思います。

ウェッジ好きで、練習のほとんどがウェッジという私にはたまりません。



トゥ側の見せ方
フェース面だけでなく、このトゥ側の見せ方も上手いな・・・。と思いました。

特別何か大きな工夫がされているということではないのですが、すごくいい雰囲気があります。

今は他のメーカーのウェッジで、『フェース面いっぱいのスコアライン』も見られるようになりましたが、私は昔ながらのこのようなオーソドックスなタイプが好きです。

慣れてしまえば、それでもいいのだろうと思うのですが、どうしても購入しようと手が伸びません。

ウェッジはフェースを開いてカットに打つことが多いので打点はトゥに寄ってしまいやすいので、画期的なクラブだと思いますが、それでも私はオーソドックスなタイプが好きです。



顔
『顔』は、なかなかいい感じで、好感が持てました。

『すごくいい』といってもいいのですが、できればヒール側の膨らみが絞られていて、シュッとしているほうが私は好きです。

そのほうがフェースの開閉をイメージしやすいというのもありますし、クラブの顔は一本の曲線で滑らかに描かれているのがベストだと思っているので、少し膨らんだり逆に凹んだりしないのが理想です。

しかし、このようにあえて絞り込まず少し幅広になっていることで、『フェース面の安定』をイメージしやすいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ストレートネックなのですが、少し『オフセット顔』といいますか、少し右側に座っているように見えました。



Zodia grip
装着されているグリップはZodiaのロゴが入っていて、ソフトなフィーリングで好感が持てます。



グリップエンド
先日試打したドライバー同様、グリップエンドには☆のマークが入っていてオシャレです。



構え感
ボールを前にして構えてみると、良い印象をもちました。

これが『ゾディア顔』なのだと思います。

先ほども書きましたが、もう少しヒール側が絞り込まれていると、さらに魅力的なのですが、この顔にも大きな不満はありません。

ボールとの大きさの対比が素晴らしいですし、こうして構えていてもフェース面の綺麗さが際立っているので、すごくいいイメージが湧いてきました。

こうして構えているだけで、「あぁ、とても贅沢な時間だ・・・。」と幸せを噛みしめました。

私はストレートネックが好きなので、このウェッジは構えやすいですが、グースネックを好まれる方には、構えづらいかもしれません。



開きやすさ
フェースを開きやすいです。

トレーリングエッジ(特にヒール側)が大きく削られているので、開きやすいだろうな・・・。と思っていました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はとてもソフトです。

心地良い感触が伝わってきて、テンションもあがります。

それだけでなく、食いつきが良く『球持ちの良さ』があるのもさすがゾディアだな・・・。と思いました。

これは初めて試打したモデルから共通しているところです。



トゥ側
球も拾いやすく、出球のイメージも合いやすいです。

ソールがよく滑ってくれるので、高さも安定しています。



スピン性能
スピン性能は『強烈』です。

ゾディアのウェッジなので、この高いスピン性能は『当たり前』といっていいのかもしれません。

かなり食いつきが良く、ボールとの『摩擦感』があります。

フルショットやハーフショットになるので、80Yや50Yでスピンが強く掛かるのは分かりますが、30Yでも強烈にスピンが掛かるので、凄いな・・・。と思いましたし、スピンがほどけるのを気にせず、カップに向かって果敢に攻めていけそうです。

強烈なスピンが魅力的ですが、それだけでなく、それが安定しているというのが凄いです。

これはやはりフェース面の工夫がよく効いているのではないでしょうか?

30Yという距離は50Yと同じく、『アプローチの距離の基本』といっていいように思いますし、実戦でもよく出会う距離です。

それで、これだけの高いパフォーマンスを発揮してくれるのだから、勇気をもらえ、アグレッシブに攻めていけそうです。



バックフェース
『安定性』は普通です。

特別に易しくなるような工夫がされているのではないですが、構えやすいのでイメージを描きやすく、ラインも出しやすいですし、難しくは感じません。

オートマチックタイプのような寛容さは無いかもしれませんが、それをナチュラルさで補う・・・。といったところでしょうか?



操作性
『操作性』は抜群です。

『多面性ソール』のおかげだと思います。

フェースを開閉しやすいですし、ロブ系はもちろん、閉じ気味で転がしにもしっかり対応してくれました。

ただ、どちらかというとフェースを開いてロブ系のほうが得意なウェッジだと思います。



距離感
球持ちがいいので、『距離感』は合いやすいです。

ただ、できればDGやモーダスのほうが、もっといいパフォーマンスが発揮できるような気がしました。

私には少し軽く感じたからです。

しかし、この重さやシャフトの好みは人によって変わってきます。

N.S.PRO1050GHが重くて硬いという方もいらっしゃると思いますし、カーボンシャフトのほうが好きだという方もいらっしゃると思いますし、どれがベストかは決められません。

ウェッジはシビアな場面で使うことが多いです。

グリーンに近づけば近づくほど、シビアな距離感が求められます。

そんなとき、球持ちの良いウェッジは心強い味方になってくれるのでありがたい存在です。

このウェッジもそんなタイプだと思います。

バーンと弾いたり、球持ちが弱く滑ったりするようなタイプだと、少し頼りないです。



試打後の感想


ヒール側
とても楽しい試打ができました。

先ほども書きましたが、私はウェッジが特に好きで、練習の大半はウェッジを握っていると思います。

ドライバーのように遠くへ飛ばすのも楽しいですが、ウェッジやパターは『ボールが止まるまで』確認できるというのが、私としては面白くてたまりません。

クラブとボールが衝突して、止まるまで・・・。

つまり最初から最後まで全てをイメージ通りコントロールできたときは大きな喜びを感じます。

なかなか上手くいかないこともありますが、直打ちですし、一球一球違ったシチュエーションで打つことができるから、アプローチやバンカーの練習は楽しく飽きないのだと思います。

練習が単調にならないのがいいですね。



ゾディア V3.0 ウェッジ 58°
このウェッジを試打しながら、そんな喜びを感じていました。

まずは目で堪能し、あとはボールと戯れる・・・。

私にとって至福の時間です。



Zodia V3.0 ウェッジ 58°
かなり美しく、そして他のメーカーではなかなか見られないほど丁寧に仕上げられているので、一本10万円近くするのかな?と思っていましたが、通常のウェッジとほぼ変わらない価格設定になっていて、コスパはいいな・・・。と思いました。



Zodia V3.0 ウェッジ 58°
このウェッジが合わない方は、

1.強いグースネックを好まれる方。

2.ラージサイズのウェッジを好まれる方。

3.キャビティタイプのウェッジを好まれる方。

4.タイトリストやキャロウェイ・テーラーメイドなど、海外メーカーや大手有名メーカーのクラブしか使いたくないという方。

5.ウェッジに高いスピン性能を求めておられない方。

6.素材はステンレスしか使いたくないという方。

だと思います。

これらに当てはまらない方には、是非試していただきたいウェッジです。



Zodia V3.0 ウェッジ 58°
高いパフォーマンスを発揮するのはもちろん、美しくて自分好みのクラブは所有欲を満たしてくれますし、そういったクラブで練習するのはとても楽しいです。

だから、上達スピードもあがるのではないでしょうか?

歯を食いしばって苦しみながら練習するよりも、楽しみながら『ゲーム感覚』で練習するほうが確実にレベルアップすると思いますし、時間が早く感じられますね。



Zodia V3.0 ウェッジ 58°
Zodiaはドライバーからパターまでラインアップが豊富ですが、特にウェッジに力を入れているメーカーだと思います。

スピン性能や打感などの基本性能の高さはもちろん、これだけ細かいところにもこだわり、丁寧に美しく仕上げているメーカーはほとんどありません。

今日は違うメーカーのウェッジもバッグに入っていたのですが、そのウェッジは普通でありながらチープに見えてしまうくらい、ゾディアウェッジの美しさに魅了されました。

なかなか出会うことが無いクラブではありますが、これからも機会があればたくさん試打したいと思いますし、購買意欲も刺激されました。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆☆
スピン性能・・・☆☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
距離感・・・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。
                         
        

                         

コメント

非公開コメント