ドライバー・オブ・ザ・イヤー 2023(大手国内メーカー部門) - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス

方向性へのこだわり 握った瞬間、ロックオン スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2024年01月21日
PR
  

ドライバー・オブ・ザ・イヤー 2023(大手国内メーカー部門)

                 
今日は、ドライバー・オブ・ザ・イヤー 2023(大手国内メーカー部門)を発表させていただきたいと思います。

今は海外メーカーの人気が高いと聞いたのですが、国内メーカーも素晴らしいクラブがたくさんあり、負けていません。

特にゴルフクラブは海外で人気が高いからといって、それがすぐ日本でも定着するかは未知数です。

外国人と私たち日本人では、体格が違うからです。

もちろん海外メーカーの日本仕様は日本人に合うようなスペック(特にシャフト)に変えられていることが多いですが、最初から日本人をターゲットにして開発されたクラブと、そうでないクラブでは違いが出ても当然といえます。

アメリカですごく人気があって、ツアープロも使っているクラブが日本に上陸して使ってみたけど、イマイチ合わなかった・・・。という経験を多くの方がしておられるのではないでしょうか?

今は海外メーカーに押されているかもしれませんが、国内メーカーにも頑張って欲しいです。

まずは国内・海外合わせた素晴らしいドライバーをご紹介します。



cobra LTDx LS ドライバー
cobra LTDx LS ドライバー



GTD Blackice the MAXドライバー
GTD Blackice the MAXドライバー



GTD Studio455ドライバー
GTD Studio455ドライバー



エポン AF-106 ドライバー
エポン AF-106 ドライバー



エポン EF-02D ドライバー
エポン EF-02D ドライバー



GTD M.D.280ミニドライバー
GTD M.D.280ミニドライバー



cobra AEROJET Driver
cobra AEROJET Driver



朝日ゴルフ用品 メタルファクトリー A10 -STR- ドライバー
メタルファクトリー A10 -STR- ドライバー



EMILLID BAHAMA CV-11 PRO ドライバー
EMILLID BAHAMA CV-11 PRO ドライバー



Callaway PARADYM ◆◆◆ドライバー
Callaway PARADYM ◆◆◆ドライバー



テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー



ONOFF DRIVER KURO
ONOFF DRIVER KURO



ヤマハ RMX VD/R ドライバー
ヤマハ RMX VD/R ドライバー



ダンロップ スリクソン ZX5 Mk II LS ドライバー
ダンロップ スリクソン ZX5 Mk II LS ドライバー



jBEAM ZY-9 ドライバー
jBEAM ZY-9 ドライバー


この15本のドライバーの中から、各部門のMVPが決まるので、まずは全て掲載させていただいています。

そして、今回は『大手国内メーカー部門』ということで、この優秀なドライバーの中から、さらに選ばせていただきました。

まずは『トップ2』の発表です。

それは、


ヤマハ RMX VD/R ドライバー
ヤマハ RMX VD/R ドライバー



ダンロップ スリクソン ZX5 Mk II LS ドライバー
ダンロップ スリクソン ZX5 Mk II LS ドライバーです。


どちらもとても素晴らしいドライバーで、今思い出しても目尻が下がってしまいます。

さすがはヤマハとダンロップだな・・・。と思いました。

日本はもちろん、世界中に優れたゴルフメーカーがたくさんありますが、毎回いいものを発表しているということはなく、『当たり年』と『そうでない年』があると、長年試打生活を送っていると感じます。

それはまるで呼吸しているかのように、『吸って吐いて』という感じで、個性や性能の違いがあります。

クラブが最新であればあるほど、最高の性能で『歴代最高を更新し続けている』と、ゴルファーとしては思いたいですが、そうではないことを多くの方が実感しておられるのではないでしょうか?

当然、ヤマハとダンロップのクラブにも同様のことがいえるのですが、この2つのドライバーは特にいいな・・・。と思いました。

どちらも低スピン性能が高いので、『幅広い層』に適しているとはいえないかもしれませんが、そのポテンシャルの高さは素晴らしいです。



正面
そして、この2つのどちらかをMVPとするなら、私は迷わず『ヤマハ RMX VD/R ドライバー』を選びます。

このドライバーが『ドライバー・オブ・ザ・イヤー 2023(大手国内メーカー部門)』に輝きました。

スリクソンのドライバーもとてもいいのですが、今回はヤマハに軍配があがりました。

ヤマハ RMX VD/R ドライバーの美顔。

打感や音の素晴らしさ。

そして何より低スピンによる弾道の強さ・押しの強さが際立っています。

このドライバーを初めて見たときに、以前試打したテーラーメイドのSLDRを思い出したのですが、それよりもマイルドなフィーリングで親しみやすくなっています。

ヤマハは姉妹モデルも同時発売されていて、それも試打してみたのですが、このVD/Rが最高です。

ただ、このモデルは『数量限定品』ということを聞いて、少し驚きました。

他の姉妹モデルはそうではないということで、アイアンのマッスルバックのように、あまり売れにくいタイプなのかな・・・。と思いましたが、この美顔と打感の良さ、そして高い飛距離性能は群を抜いています。

ただ今は、フックフェースでないと売れにくいかもしれません。

そういった意味では、このドライバーは大きな支持を集めているとはいえないのかもしれないですし、私たちフッカーに合うドライバーは少ないのが現状ですね。

日頃から球がつかまりやすい方。

右へ逃がすイメージを出したい方。

打感と音が良く、気持ちよく叩いていきたい方。

スピンが抑えられているので、強く叩いて距離を出していきたい方。

信頼できるヤマハというブランドに魅力を感じておられる方。

そういった方々には、是非このドライバーを試していただきたいと思います。

このドライバーを試打した後も、今年のドライバー・オブ・ザ・イヤーに『大手国内メーカー部門』を設けよう・・・。と決断するほど、このドライバーに魅力を感じました。

新製品が出る度に、ヤマハのドライバーを試打していますが、ここまで魅力を感じたのは、『V203 ツアーモデル ドライバー』以来だと思います。

V203はいわゆる『ベーシックタイプ』で、このRMX VD/Rは『多機能ハイテクタイプ』という違いがありますが、打感が良いところなど、共通している部分があり、とても魅力的です。

ウェイトを移動できますし、ネックに調整システムが搭載されているので、それを上手く活用すれば、かなり自分に合うようにカスタマイズできるのではないでしょうか?

V203を試打して、すごく気に入ったので購入したいと考えていましたが、たしかこのドライバーも数量限定品だったと思います。

なので、この最新モデルのRMX VD/Rも購入できないまま出会うことが無くなるかもしれません。

私はどちらかというと、いろいろな機能が付けられたハイテクタイプよりは、シンプルなベーシックタイプのほうが好きなのですが、このRMX VD/Rはすごく気に入りましたし、迷わず大手国内メーカー部門のMVPに決めました。

いかがだったでしょうか?

一口にドライバーといっても、メーカー毎に個性があり、ハイレベルなものが多いですね。

次回はドライバー・オブ・ザ・イヤー 2023(ハイポテンシャル部門)を発表させていただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         

コメント

非公開コメント