フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤー 2023 - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス

方向性へのこだわり 握った瞬間、ロックオン スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2024年01月18日
PR
  

フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤー 2023

                 
今日は、『フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤー 2023』を発表させていただきたいと思います。

フェアウェイウッドも他のクラブ同様、かなり研究が進み、そしてメーカーの個性が感じられました。

海外メーカーのハイテク化は顕著で、時にはフィーリングよりもデータ最優先といった印象も拭いきれないですが、そういったドライなところが魅力的だという方もいらっしゃると思いますし、メーカーの企業努力には頭が下がります。

ドライバーよりも、もう少し『性能の伸び代』が残されているのがフェアウェイウッドで、ドライバーが苦手な方はラウンドにおいても、ドライバーをバッグに入れず、フェアウェイウッドを多用しておられる方もいらっしゃいますし、一時期私はそうでした。

今のFWの特徴は何と言っても『飛距離』。

本当にドライバー無しでもいいんじゃないか?と思えるほど、高性能なクラブがたくさんあります。

そういった素晴らしいクラブたちをご紹介します。

なお、これまで通り、掲載順は試打した順番であって、ランキングとは関係ありません。

そして、これはあくまでも私の中でのことであり、クラブの品質や性能の優劣を示すものではありません。

また試打していながら、ここに掲載されていない物もありますが、それらが優れていないということでもありません。



キャロウェイ PARADYM フェアウェイウッド
キャロウェイ PARADYM フェアウェイウッド



テーラーメイド STEALTH2 フェアウェイウッド
テーラーメイド STEALTH2 フェアウェイウッド



EPON AF-206
EPON AF-206



GTD Blackice-FW
GTD Blackice-FW



EPON AF-256
EPON AF-256



ダンロップ スリクソン Mk II フェアウェイウッド
ダンロップ スリクソン Mk II フェアウェイウッド



ロイヤルコレクション TM-X フェアウェイウッド
ロイヤルコレクション TM-X フェアウェイウッド



 EMILLID BAHAMA CV-8 フェアウェイウッド
EMILLID BAHAMA CV-8 フェアウェイウッド



cobra AEROJET Fairway
cobra AEROJET Fairway



PRGR LS フェアウェイウッド
PRGR LS フェアウェイウッド



ブリヂストンゴルフ B1 ST フェアウェイウッド
ブリヂストンゴルフ B1 ST フェアウェイウッド


こうして見ていても、素晴らしいクラブばかりです。

正直、フェアウェイウッドを選ぶのには苦労しました。

フェアウェイウッドといえばキャロウェイやテーラーメイドの充実ぶりは昔から変わらないですし、国内メーカーも負けていません。

昨年もキャロウェイやテーラーメイドのクラブを何度も試打してさすがだな・・・。と思いましたし、国内メーカーのレベルの高さも際立っていました。

時々クセのきついモデルに出会うこともありますが、全体的に見れば、かなり良くなっているように感じます。

レベルの高いクラブに囲まれて、私たちゴルファーは恵まれているな・・・。と思います。

ひとつだけ選ぶのはかなり難しかったのですが、あえて選ばせていただいたのが、



キャロウェイ PARADYM フェアウェイウッド
キャロウェイ PARADYM フェアウェイウッドです。

このクラブを試打して、さすがキャロウェイだな・・・。と思いました。

キャロウェイのFWには私もたくさんいい思い出があるのですが、そんな昔のクラブよりも、かなり高性能化が出来ています。

それでいて、昔の名残のようなものを残していて、昔からのキャロウェイファンの期待を裏切らないところもいいですね。

ここ数年のキャロウェイの顔は正直、あまり好みではないものもあったのですが、このクラブには好感が持てましたし、飛距離性能やあがりやすさなど基本性能もバッチリです。(できれば、もう少しディープだと、もっと良かったのですが・・・。)

たくさんの複合パーツが組み合わさったクラブはたくさんあり、キャロウェイはその筆頭格といっていいと思うのですが、メーカーの中には、こんな工夫は要らないんじゃないか・・・?と思えることもたまにあります。

しかし、このキャロウェイのクラブはたくさんの工夫が『ピッタリと当てはまった』といいますか、全てが活かされているように感じました。

初めて試打したのが昨年の1月だったのですが、気に入ったので、それから何度も試打を楽しみました。

他のメーカーのクラブは、このキャロウェイのクラブが持っていない長所をもっていたりして、迷うところもあったのですが、今回はこのキャロウェイ PARADYM フェアウェイウッドがMVPです。

このモデルは素晴らしいですし、次のモデルにはどんなハイテクが注ぎ込まれることになるんだろう?という期待値も大きいです。

このクラブはかなり飛距離が出るので、ティショットはもちろん、パー5のセカンドなどでも充分活躍してくれそうです。

それでいて、ハードルが低く親しみやすい性能をもっているのだから、よく研究されているな・・・。と思いました。

いかがだったでしょうか?

以上が『フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤー2023』です。

次回はドライバー編を発表させていただきたいと思います。

ただ、ドライバーもハイレベル揃いなのと、それぞれの個性が光ったので、どうしても一つに決められず、『部門』を増やしました。

その部門の中から、まずは『海外メーカー部門』を発表させていただきたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
                         
        

                         

コメント

非公開コメント