今年下半期の印象深いドライバー 2023 - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス

方向性へのこだわり 握った瞬間、ロックオン スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2023年12月31日
PR
  

今年下半期の印象深いドライバー 2023

                 
今日は、今年下半期に出会った、印象深いドライバーをご紹介します。


ONOFF DRIVER KURO
ONOFF DRIVER KURO

オノフらしいカッコいいデザインと、様々な工夫がされていて高い機能性を感じさせるドライバーです。

打感がいいですし、見た目はハードそうにも見えますが、実際はとてもイージーで親しみやすさを感じました。



ブリヂストンゴルフ B1 ST ドライバー
ブリヂストンゴルフ B1 ST ドライバー

次はBSのドライバーです。

色使いはブラックで精悍さがありますが、このドライバーもラージサイズでシャロー感が強く、イージー系の印象をもちました。

ネックの調整システムやウェイト、そしてバックフェースのウェイト移動システム等、『至れり尽くせり』といったドライバーです。

多少『ゴチャゴチャ感』はあるものの、見た目が悪くないのがいいな・・・。と思いました。



ヤマハ RMX VD/R ドライバー
ヤマハ RMX VD/R ドライバー

次はヤマハの至高ドライバーです。

このドライバーをひと目見て、とても気に入りました。

様々な工夫がされていますが、とても顔が良く構えやすいのが特徴で、最近ではなかなか見かけない美顔です。

フックフェースばかり見てきたので、この顔は新鮮に見えました。

打感や音、そして飛距離性能にも優れていて、ドライバー・オブ・ザ・イヤー候補に絡むドライバーなのは間違いありません。

ただ、球が自然につかまるタイプではないので、フックフェースを好まれる方やスライサーの方には合いづらいところがあるような気がします。



ダンロップ スリクソン ZX5 Mk II LS ドライバー
ダンロップ スリクソン ZX5 Mk II LS ドライバー

次はスリクソンのカッコいいドライバーです。

このドライバーも全体が黒でシブいデザインに仕上がっています。

ただ顔が好みではなく、残念でした。

これが今の『スリクソン顔』なのでしょうか?



jBEAM ZY-9 ドライバー
jBEAM ZY-9 ドライバー

次はJBEAMのドライバーです。

JBEAMのドライバーは常に使っているので、いつも興味をもっています。

今時珍しいディープタイプのドライバーで、今年の『ディープ・オブ・ザ・イヤー』は間違いありません。

JBEAMらしい丸っこい顔と、フェース面のミーリングはお馴染みといったところです。

最近は『叩きにくい』といいますか、『叩きに行くイメージが湧きにくい』ドライバーも増えてきましたが、このドライバーはしっかりと叩かせてくれました。

今、メインの求められている性能ではないかもしれませんが、昔からこのようなタイプが好きだという方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



ダンロップ ゼクシオ 13 ドライバー
ダンロップ ゼクシオ 13 ドライバー

次は国民的ブランド、ゼクシオのニュードライバーです。

たくさんの方はニューモデルの発売を心待ちにしておられたのではないでしょうか?

ゼクシオらしく、美しくて高級感があります。

いろいろなハイテクが投入されていると思うのですが、それを感じさせないシンプルな外観に好感を持ちました。

それとゼクシオといえば『フックフェース』のイメージがありますが、このドライバーはそれほど強調されていないように見えて、以外だったのも覚えています。

ただ同じモデルのFWはかなりフェースが被っているように見えたのですが・・・。

かなり軽量化が進んでいて、シャフトもすごく軟らかいです。

これが今のゼクシオユーザーが求めるスペックなのか・・・。と思いましたが、これ以上ソフトスペック化すると、おそらく飛距離に影響が出てしまうのではないか?と思いました。

重すぎるクラブは良くないですが、軽量化にも限界があります。

打感や音が良く、とても球があがりやすいドライバーです。



以上が、今年下半期に出会った、印象深いドライバーたちです。

年明けに『クラブ・オブ・ザ・イヤー』を発表させていただきたいと思います。
                         
        

                         

コメント

非公開コメント