メタルファクトリー A9 -SKY- FW - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス

方向性へのこだわり 握った瞬間、ロックオン スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2023年12月19日
PR
  

メタルファクトリー A9 -SKY- FW

                 



メタルファクトリー A9 -SKY- FW
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
メタルファクトリー A9 -SKY- FW の3番 です。



MURAKUMO -HAYATE- FW
シャフトは MURAKUMO -HAYATE- FW の3番 です。

ロフトは15度、クラブ長さは43インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は52g、トルクは5.5、キックポイントは中先調子、クラブ総重量は308gです。



正面
メタルファクトリーのFWです。

精悍さがありながら、易しそうな雰囲気も感じられます。



側面
ソールにはいろいろな工夫がされていて、『ハイテク』タイプのFWといっていいように思います。

これ以上組み込まれるとゴチャゴチャしてしまい、逆にヘッドのパフォーマンスが落ちてしまうかもしれません。



ウェイト
ソールには大きなウェイトが配置されていて、これを見るだけで、かなり重心が深そうに見えますし、今は多くのクラブが深重心タイプです。

『05』という数字が刻印されているので、5gということでいいのだと思います。

他にも、いろいろな重さが用意されているのでしょうか?



ソールの溝
ソールには溝のようなものがあります。



溝の深さ
深さはほとんどなく、『段差』といっていいかもしれません。



ヒール側のウェイト
ヒール側にもウェイトが配置されていて、こちらは『01』という数字が刻印されているので、おそらく1gという意味だと思います。



トゥ側の凹み
トゥ側

ヒール側の凹み
ヒール側

トゥ側とヒール側には凹みのようなものが見られますが、これは空気力学によるものなのかな・・・?と思いました。

しかし真偽のほどは定かではありません。

これは以前試打したドライバーにも見られます。



ネック長さ
ネックは短めですが、今はこれくらいが普通です。

調整システムは搭載されていません。



フェース面のデザイン
フェース面はシンプルでとても美しいです。

最近はフェース面のデザインも多様化してきましたが、このようなタイプはアスリートモデルに採用されることが多いような気がします。



シャロー
見慣れたシャロー形状です。

このような薄さを初めて見たときは、上手く当たるかな?と不安に感じましたが、今はこれくらいが当たり前になりました。

あくまでも私の好みとしては、もっとディープなものが好きですが、このようなタイプばかりということは、それだけ支持されているということなのだと思います。



顔
丸っこい顔をしています。

ヘッド後方が伸びているのが少し気になりますが、過去にも何度も経験しているので、特に問題はありません。

私はもう少しコンパクトな顔が好きですが、これくらい伸びていた方が『真っ直ぐ』をイメージしやすいという方も多いのではないでしょうか?



カーボンクラウンではない
最近はカーボンクラウンが多くなったので、このクラブはどうかな?と思いましたが、こうして見る限り、カーボンの模様は見られないので、おそらくカーボンではないと思います。



装着されているグリップ
装着されているグリップは独特のデザインがされていて、個性的です。

装着されているグリップ

装着されているグリップ
場所によって、かなりパターンが異なっていて、かなり研究されているように見えます。

ゴルフクラブには右用と左用がありますが、グリップにはありません。

しかし右利きの場合、右手が素手で握り、左手はグローブをはめることが多いので、右用のグリップや左用のグリップがあってもいいのかな?と思いました。



振り感
素振りをしてみると、なかなか良い感じです。

軽量で先が動くタイプではありますが、タイミングはすぐに整えることができました。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずです。

薄さを感じやすく、フェースが少し左を向いているように見えました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はソフトで素晴らしいです。



打球音
大きすぎず高すぎない、小気味良い音で好感が持てました。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。

ロフト15度のスプーンですが、直打ちでも全く問題無くボールをあげてくれます。

やはりシャロー形状やウェイトが効果を発揮しているのでしょうか?



バックフェース
『安定性』は高いです。

大らかなタイプで、シビアさは全く感じません。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じではありますが、驚くほどよく飛ぶという印象はありませんでした。

あくまでも易しく、『イージーに飛ばしていける』タイプのクラブだと思います。



操作性
『操作性』は、まずまずです。

安定性のほうが勝っていて、自由に操るタイプではありません。



試打後の感想


ヒール側
易しくて、とても親しみやすいスプーンです。



朝日ゴルフ株式会社 METALFACTORY A9 -SKY- FW
今のクラブらしい特徴が『てんこ盛り』だな・・・。と思いました。



朝日ゴルフ株式会社 METALFACTORY A9 -SKY- FW
易しさもありますが、丸っこさも印象的です。



朝日ゴルフ株式会社 METALFACTORY A9 -SKY- FW
全体的なバランスがとれていて、今のFWのスタンダード的なクラブだな・・・。と思いました。



朝日ゴルフ株式会社 METALFACTORY A9 -SKY- FW
これからもメタルファクトリーのクラブには期待していきます。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
皆様にたくさんの良きことがありますように。
                         
        

                         

コメント

非公開コメント