今年上半期の印象深いドライバー 2023 - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス

方向性へのこだわり 握った瞬間、ロックオン スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2023年07月05日
PR
  

今年上半期の印象深いドライバー 2023

                 
今日は、今年上半期に出会った、印象深いドライバーをご紹介します。



cobra LTDx LS ドライバー
cobra LTDx LS ドライバー

このドライバーは昨年のモデルということですが、とにかく凄くポテンシャルが高くて、気に入りました。

コブラらしい、強烈な飛びが魅力で購買意欲を刺激されました。

飛びと安定感が抜群でコスパの高いドライバーです。



GTD Blackice the MAXドライバー
GTD Blackice the MAXドライバー

久しぶりのGTDドライバーでしたが、このドライバーは易しくてよく飛びます。

低スピン性能が高く、『叩ける』のがいいです。

私は叩いていきたいタイプなので、このドライバーにはとても魅力を感じました。

飛距離性能に特化したドライバーですが、気難しさは無く、安定しているのも、このドライバーの長所です。

ただ、どちらかといえば『HSを欲する』ドライバーなので、できれば50以上(最低でも45以上)あると、このドライバーの輝きが増すような気がします。



GTD Studio455ドライバー
GTD Studio455ドライバー

続いてもGTDのドライバーです。

このドライバーはいわゆる『げんこつ型』といいますか、『塊感(かたまりかん)のある、昔ながらの『叩ける』タイプです。

叩いても吹き上がること無く、強く重いボールが打てるのが気に入りましたが、音が駄目でした。

音が良くないと私は一気にテンションが下がってしまうので、このドライバーの次のモデルに期待したいです。

このドライバーはかなりの低スピンで、『尖っている』ので、球があがらない・・・。という方が多いかもしれません。

幅広い層をターゲットに開発されたドライバーではなく、明らかにターゲットを絞り込んで、その中に入る方には魅力的なドライバーといえるのではないでしょうか?



エポン AF-106 ドライバー
エポン AF-106 ドライバー

次はエポンのドライバーです。

王道といいますか、一番オーソドックスなタイプです。

このドライバーを目にして、打つ前から惚れ込み気持ちが高ぶったことを覚えています。

顔も良くて、打感や音も最高でした。

美しくてフィーリングのいいドライバーはこうなんだよ・・・。とエポンが示してくれたような気がします。

飛距離性能も素晴らしいですが、飛距離だけでいうと、他のドライバーのほうが優れているかもしれません。

しかし、トータルバランスという面で、このドライバーに匹敵するドライバーがいくつあるでしょうか?

私には思いつきません。

あの名器、AF-101の系譜を受け継いでいるドライバーで、今年の前半、最も心が揺さぶられたドライバーです。

このドライバーを思い出すだけで、目尻が下がってしまいます。



エポン EF-02D ドライバー
エポン EF-02D ドライバー

次もエポンのドライバーで、黒いヘッドがとてもカッコ良く、ソールにある溝やウェイトが特徴的なドライバーです。

これまで、こういうタイプは打感や音などのフィーリングが良くなかったり、構えづらかったり・・・。といったことが多かったのですが、このドライバーは違います。

そしてカーボンクラウンなのも印象的でした。

おそらく、エポン初ではないでしょうか?

それと、ネックには調整システムが搭載されていて、それだけ高いニーズがあるんだな・・・。と想いました。

打感や音も良く、球があがりやすいドライバーです。



GTD M.D.280ミニドライバー
GTD M.D.280ミニドライバー

次はGTDの『ミニ』ドライバーです。

ラージサイズ・長尺化・・・。というドライバーに『疲れた』方も結構多くいらっしゃるのではないでしょうか?

どのドライバーも同じようにヘッドが大きく、そして長尺化していきました。

飛距離や安定性を求めるうえで欠かせなかったのだと思いますが、『合う合わない』はまた別問題です。

ヘッドは大きすぎず、ロフトも13度ということで、私はドライバーというよりはスプーンのイメージで打っていました。

打感や音も良く、飛距離性能が高いドライバーです。

ミニだから、飛びもミニなんてことはありません。

ミニというネーミングでも、飛距離は『ビッグ』です。



EPON AF-156S ドライバー
EPON AF-156S ドライバー

次はエポンのドライバーです。

『ハードモード』ではなく、『イージーモード』なのがひと目見て分かります。

過去に同じようなモデルを試打したことがありますし、いい印象が残っています。

一口に『イージー系』といっても、エポンが作ると、ここまで上品かつハイセンスなドライバーが出来上がるのだということを改めて感じました。

丸顔が特徴的で、打感や音がいいのはもちろんですが、高弾道でハードルが高くないドライバーです。



cobra AEROJET Driver
cobra AEROJET Driver

次はコブラのニュードライバーです。

前のモデルが凄かったので、このドライバーにも期待していたのですが、期待通りでした。

白と青が印象的なカラーリングで、最初はイージー系なのかと思っていたのですが、実際はかなり『尖った』といいますか、『叩ける』モデルです。

実際に打ち比べていないので細かいところは分かりませんが、こちらのほうが前のモデルよりもポテンシャルが高いような気がします。

叩いてもフケない、強い球が打てるドライバーで、それでいて、球は左右にブレず、高い直進性があるのも、このドライバーの長所です。

テーラーメイドやキャロウェイといったライバルメーカーと比べると、それほど目立たないかもしれませんが、それはあくまでもマーケティングによるものであって、クラブの実力では負けていません。

むしろ、私はこのコブラに魅力を感じています。



EPON EF-02D HT ドライバー
EPON EF-02D HT ドライバー

次はエポンのイージー系ドライバーです。

EF-02Dの『ハイロフトモデル』という位置づけでいいのだと思います。

EF-02Dも球があがりやすいドライバーですが、さらにあがりやすく弾道も高いです。

イージー系でありながら、上品に仕上がっているのもいいですね。

チープさも無く、気品に溢れ、美しいドライバーです。

これまで、イージー系ドライバーをたくさん試打してきて、違和感や苦手意識が芽生えることも少なくなかったのですが、このドライバーにはそんなマイナス要素はありません。

以前、EF-02Dと打ち比べたのですが、とてもいい印象をもちました。



ロイヤルコレクション TM-X ドライバー
ロイヤルコレクション TM-X ドライバー

次はロイヤルコレクションのドライバーです。

昔のモデルを経験している者からすると、かなり変わった印象もありますが、これも時代の流れなのだと思いますし、『カッコ良さ』は上手く引き継がれています。

久しぶりのロイコレだったので、すごく嬉しくて、たくさん打ちました。

昔ほど頻繁に出会うことが無くなりましたが、やはりロイコレはいいですね。

構えやすくて打感や音も良く、予想していたよりも球があがりやすいドライバーです。

飛距離性能も高く、楽しく試打することができました。



朝日ゴルフ用品 メタルファクトリー A10 -STR- ドライバー
メタルファクトリー A10 -STR- ドライバー

メタルファクトリーは他社には無い、独特なデザインが印象的です。

ウェイトやネックの調整システムなど、様々な工夫がされていますが、ヘッド全体はとても美しく仕上げられています。

構えやすさはもちろんですが、打感や音も良く、球もあがりやすくて安定感もある・・・。

イージー系の『見本』といっていいドライバーなのではないか?と試打しながら思ったことを覚えています。

フェースの弾きが素晴らしく、飛距離性能にも長けているドライバーです。



EMILLID BAHAMA CV-11 PRO ドライバー
EMILLID BAHAMA CV-11 PRO ドライバー

次はエミリッドバハマです。

エミリッドバハマといえば、その独特のデザインが特徴的ですが、それ以上に『飛距離』が優れているのが、『固定化』されたような気がします。

これまでたくさんのエミリッドバハマのドライバーに触れてきたわけではないのですが、どのモデルも『凄い』というしか無いような感覚になりました。

このドライバーも美しいデザインが印象的ですが、飛距離性能もズバ抜けています。

打つ前から予想していたとはいえ、一球目から素晴らしい球を打たせてくれました。

美しさだけを追い求め、飛距離は二の次・・・。というように見えるのですが、実は飛距離にとことんこだわっているメーカーなのだと思います。

ある程度HSがあったほうが、このドライバーのポテンシャルを活かしやすいと思いますが、そのハードルは高すぎません。

低スピン性能が優れていますが、『ナチュラルロースピン』といったらいいでしょうか?

打つ人それぞれに合わせてスピン性能を調整してくれているのではないか?と試打しながら感じました。

やはりエミリッドバハマは凄いです。



ONOFF DRIVER LABOSPEC PLUS DRIVER
ONOFF DRIVER LABOSPEC PLUS DRIVER

次はオノフの美しいハイテクドライバーです。

このドライバーもソールに溝があります。

最近の流行りなのでしょうか?

どういう理由があるのか分かりませんが、いろいろと想像するのも楽しいです。

オノフといえば、先進的でオシャレなイメージがありますが、このドライバーにもそのようなものを感じました。

このドライバーは、かなり直進性が高く、球筋が乱れません。

『機械的』といいますか、『オートマチック』に球を真っ直ぐ飛ばしていけるドライバーという印象をもちました。

打感は独特なものがありましたが、音もいいですし、邪魔をしません。

打つ前はそれほど期待していなかったのですが、飛距離性能もかなり優れています。

『低弾道系』ではなく、明らかに『高弾道系』で、その高弾道系ドライバーの中でも、間違いなくトップクラスに入るポテンシャルの高さをもっているドライバーです。

『美しさ』と『実力』を兼ね備えているのがオノフらしいですね。



Callaway PARADYM ◆◆◆ドライバー
Callaway PARADYM ◆◆◆ドライバー

次はキャロウェイのPARADYMドライバーです。

私はこのシリーズのドライバーをたくさん試打していなかったのでよく分からなかったのですが、店員さんによると、PARADYMシリーズはとてもよく売れているのだそうです。

それだけ高い支持があるのは、クラブとしての確かさと、バリエーションの豊富さにあるのだと私は想います。

一度にたくさんのモデルを発売し、あらゆるゴルファーの好みや適正に合わせて囲い込む・・・。

資金力のある、大手メーカーだからできることなのかもしれません。

このドライバーで一番印象的だったのが、『低スピン性能』です。

打つまでは、それほど感じなかったのですが、一球打ってみて、これまでのモデルと違うな・・・。と思いました。

これまでは弾きはいいけど、どちらかといえば弾道が高くて、少し軽い感じ・・・。という印象だったのですが、このドライバーはライナー系で『重い』球を打たせてくれます。

私は高弾道系のフワッとしたキャリーよりも、やや低めのライナー系が好きなので、このドライバーの放つ弾道は魅力的でした。

顔が好みではなかったのですが、構えてみると少し印象が和らぎましたし、直進性を高めるには仕方ないのかな・・・。と思いました。



テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー

最後はテーラーメイドの『ミニ』ドライバーです。

ミニドライバーというべきか、それともブラッシーやスプーンというべきか・・・。

ネーミングの違いだけのような気もしますが、このようにコンパクトなモデルにスポットライトが当たることはとてもいいことだと思います。

クセが無く、いい顔をしています。

打感などのフィーリングは過去のモデルと同じように感じました。

少しコンパクトになっているので、『一発の飛び』を求めておられる方には魅力的でないかもしれませんが、実際にコースで使うには高いパフォーマンスを発揮してくれるドライバーだと思います。

『スコアメイク』を考えていくと、いずれこのようなモデルに回帰していくのではないでしょうか?



以上が今年上半期に出会った、印象深いドライバーです。

こうして見返してみても、かなり高性能なものが多かったことに気づかされます。

特に飛距離性能が優れていて、しかもその特徴は様々です。

飛距離を求めていくうえで、それぞれのゴルファーに合ったドライバーがたくさんあります。

試打していて、とても楽しめました。



次回から、通常の記事に戻らせていただきます。
                         
        

                         

コメント

非公開コメント