PRGR LS フェアウェイウッド - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス

方向性へのこだわり 握った瞬間、ロックオン スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2023年06月14日
PR
  

PRGR LS フェアウェイウッド

                 



PRGR LS フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
PRGR LS フェアウェイウッド の3番 です。



SPEEDER NX FOR PRGR
シャフトは SPEEDER NX FOR PRGR です。

ロフトは16.5度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は45g、トルクは5.9、バランスはD0 、クラブ総重量は305g です。



正面
プロギアの新しいフェアウェイウッドです。

新しいといっても、過去のモデルとほぼ同じようなデザインなので、新作とは気づきませんでした。

各メーカー、新作だと前のモデルと見分けがつくように、デザインを大きく変えることが多いですが、あえてこのように見分けがつかないようにしているということは、それだけ形状やデザインが優れているという証ではないでしょうか?

プロギアのクラブはドライバーからパターまで優秀なものが多いですが、どちらかといえば、ドライバーからユーティリティまでの『ウッド系』が強いという印象があります。



側面
かなり『薄さ』が目立つFWです。

いろいろな工夫が見られますが、比較的シンプルなデザインで好感が持てます。

FWは直打ちすることが多いので、ソール形状がとても重要です。

こうして見ても、過去に試打したRSフェアウェイウッドLSフェアウェイウッドとよく似ています。

マイナーチェンジといっていいと思いますが、かなり精度が高いといいますか、『細かな』マイナーチェンジなのだと思いました。



ソールのアクセサリー
ソールの、ここの部分が気になりました。

内部に何か組み込まれているのではないでしょうか?



ソールの溝

ソールの溝
このソールにある大きな溝も、すっかり定着しました。

最近は、ここまで大きな溝はなかなか見られませんが、プロギアがそうしているということは、それだけ大きな理由があるのだと思います。

いろいろなクラブを試打していると、そのデザインや工夫に意味が感じられないこともありますが、FWを作るのが上手く、しっかりと結果を出してきたPRGRがこれを続けているということで説得力があります。

PRGRは大手有名メーカーですが、発想が斬新で『小回りが利く』クラブ作りをしていて、常に時代の先頭を走ってきた・・・。というイメージが私にはあります。



溝の深さ
溝は広く、深さもしっかりあります。

これだけ溝が広くて深いと、強度的に大丈夫かな?と思ってしまいますが、過去のモデルでもトラブルが起きていないようですし、問題ないのだと思います。



ネックの長さ
ネックの長さは標準的で、とてもシンプルです。

調整システムは搭載されていません。

調整システムよりも、クラブ(ヘッド)のバランスを重視したのかもしれません。

ヘッドの大きなドライバーならともかく、ヘッドの小さいFWでは、調整システムを搭載したり、ウェイトを移動させたりするよりも、自分に合い、ヘッドとの相性の良いシャフトにするだけで、ほとんどの問題は解決するのではないでしょうか?



フェース面のデザイン
フェース面はとても綺麗です。

こうして見ていても、弾きが良さそうな感じが伝わってきました。

トゥ側には『CNC MILLED』の文字があります。



シャローヘッド
このシャロー形状も見慣れていて、過去のモデルと変わっていないように思います。

私はもっと厚みのあるヘッドのほうが、安心感があって好きですが、今はほとんどのメーカーがこのようなシャローヘッドです。



顔
顔も、なかなかいい感じです。

クセもなく、特に不満はありません。



装着されているグリップ
装着されているグリップは、なかなかいい感じです。

特別大きな工夫は見られませんが、『無難』なグリップといっていいと思います。



振り感
素振りをしてみると軽くて、またフレックスがSRということもあり、かなり大きくしなる感じがしました。

かなり動く感じがあるので、『警戒しながら』といいますか、少しコンパクトにタイミング重視で振っていくことにしました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じです。

見とれるようなことは無かったのですが、特にクセもなく、自然に構えられます。

シャープな顔というよりは、丸っこくて愛嬌があり、球があがりやすそうな印象を与えてくれました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はソフトで、好感が持てます。

過去のモデルと変わらないフィーリングです。



打球音
『音』は少し高めの金属音です。

この音は何度も耳にしてきましたし、インパクトが緩むこともなく、好感が持てます。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。

試打したクラブは3番ということですが、直打ちでも充分あげてくれました。

むしろ速く振りすぎないほうがいい・・・。と感じられるくらい、少し『緩く』振っていく感じがちょうどいいです。

スピードを上げていくと、少し乱れる感じがしたので、球はしっかりあがってくれるという安心感の元に、方向性重視で振っていくのがちょうどいいように感じました。

3番ではあるものの、ロフトが16.5度ということで、私の中ではバフィという感覚です。



バックフェース
シャフトはともかく、ヘッドは大らかなタイプでシビアさを感じません。

このイージーさは、過去のモデルと共通しているような気がします。

構えやすいですし、球のつかまりもいいです。

私がフッカーだからでしょうか?

ちょっと振りにいくと、フック系の球が出やすいように感じました。



飛距離性能
『飛距離性能』は高いですが、『性格の尖った飛び』というよりは、『丸くて穏やかな飛び』という感じです。

実際に打ち比べてみないと詳細は分かりませんが、飛距離性能は前のモデルと大差ないのではないでしょうか?

最新モデルだから、飛距離性能も常に更新し続けている・・・。ということにはなりません。

何球か打ち続けてみましたが、特別よく飛ぶとか、すごく進化したな・・・。とは感じませんでした。

しかし、それはこのクラブの性能が劣っているということではなく、過去のモデルがそれだけ素晴らしいということですし、その素晴らしい性能を引き継いでいるということです。



操作性
『操作性』という点では、あまり高くないといいますか、『直進性』のほうが強い印象です。

だからといって絶対に曲がらない・・・。というモデルではなく、先ほども書いた通り、私の場合、油断するとフックが出てしまいます。

球のつかまりがいいので、フェードヒッターの方のほうが合いやすいかもしれません。

左右に曲げてみようと思いましたが、シャフトも扱いづらく、なかなか上手くいきませんでした。



試打後の感想


ヒール側
今日はできませんでしたが、『フルスイング』できたら良かったです。

振りにいくと暴れる感じがしたので、今日はずっと方向性重視で試打し、満足感はありません。

装着されているシャフトがおそらく純正だと思いますが、私は違うシャフト(もっと骨太な感じ)でも試してみたいです。



PRGR LS フェアウェイウッド
かなり親しみやすい性格をしているので、男性ゴルファーはもちろん、女性ゴルファーの方にも、このままのスペックで受け入れやすいのではないでしょうか?

以前も書きましたが、今のクラブは『ボーダレス化』しているので、メンズクラブを女性の方が使うことが多くなりました。



PRGR LS フェアウェイウッド
親しみやすい顔をしていますし、打感や音が素晴らしく、球があがりやすいFWです。

スプーンのハードさはありません。



PRGR LS フェアウェイウッド
試打しながら、どこが進化したんだろう・・・?と探っていたのですが、予定の時間と球数が過ぎても、それを感じ取ることができませんでした。

もしチャンスがあれば打ち比べてみたいです。

そうすると、細かな違いが分かるかもしれません。



PRGR LS フェアウェイウッド
これからもPRGRには期待していきます。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         

コメント

非公開コメント