EMILLID BAHAMA CV-8 アイアン - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス

方向性へのこだわり 握った瞬間、ロックオン スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2023年06月11日
PR
  

EMILLID BAHAMA CV-8 アイアン

                 

EMILLID BAHAMA CV-8 アイアン
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
EMILLID BAHAMA CV-8 アイアン の7番 です。



ダイナミックゴールド
シャフトは ダイナミックゴールド です。

ロフトは30度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、キックポイントは手元調子、バランスはD2.5、クラブ総重量は439g です。



正面
エミリッドバハマの美しいアイアンです。

以前試打した、EB-902はカッコいいマッスルバックでしたが、今回はカッコいいキャビティアイアンです。

綺麗だなぁ・・・。と、しばらく見とれていました。



ライオンマークとウェイト
EMILLID BAHAMAといえば、このライオンマークですね。

ドライバーだけでなく、アイアンにも採用されているのが嬉しいです。

塗料を一切使わない『ワンカラー』なのがプロトタイプっぽくて、さらにカッコ良さを醸し出しています。



トゥ側のウェイト
トゥ側にはウェイトがひとつだけ配置されています。

最近はこのようにヒールではなく、トゥ側に重さをもってきているアイアンが多くなったように感じます。

これが適正なバランスなのでしょうか?

私は重心距離が長すぎるアイアンは苦手に感じることがあるのですが、このアイアンは大きすぎないので、特に苦手意識は芽生えません。

『3』という数字があったので、おそらく3gでいいのだと思います。

他にも、いろいろな重さが用意されているのでしょうか?

専用の工具を使えば、簡単に取り外しできそうです。



側面
オーソドックスなキャビティアイアンです。

最大の特徴は『美しい』ということでしょうか?

このアイアンを設計したデザイナーはセンスいいな・・・。と思いました。



彫りの深さ
『彫りの深さ』も適度にあって、ノーマルキャビティといっていいと思います。

こうして見ると、トゥ側だけでなく、ソール側に重さを増して、重心が低くなるように設計されているようです。



トップライン
トップラインの厚さは標準的です。

トップラインの丸っこさが強調されていないので、イメージが出しやすいだろうな・・・。と思いました。



ネック長さ
ネックの長さは普通です。

最近では珍しく、太さが変わりません。

この角度から見ても、かなり美しいです。

『美は正義』だと、断言できます。



ソール幅
ソール幅は少しワイドに見えましたが、今のアイアンの中ではノーマルです。



ソール形状
ソール形状は平らに近いですが、やや丸さが見られます。



リーディングエッジ
リーディングエッジは少し面取りされています。



トレーリングエッジ
トレーリングエッジは削られていなくて、角張っています。


ミーリング無し
光沢感あふれる、綺麗なフェース面です。

このフェース面はこれまでもたくさん見ていて、ミーリングはありません。



EMILLID BAHAMA CV-8 アイアン 顔
顔はまずまずです。

ストレートタイプではありますが、やや『つかまえ系』の顔をしています。

トップラインは少し厚く見えました。



オリジナルグリップ
装着されているオリジナルグリップはとてもカッコ良くて魅力的です。

このロゴがあるだけでテンションがあがりますね。



振り感
素振りをしてみると、好感を持ちました。

適度な重量感と粘りがあり、タイミングが整いやすいです。

最近はDGが挿してあるアイアンが少なくなりましたが、まだまだ活躍の場はたくさんあります。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずです。

独特の光沢感が目立っていて、トップラインの厚みがさらに際立っています。

ヘッドが大きすぎないので、ボールとのバランスがとれているのがいいです。

見とれるようなことは無かったのですが、構えづらくはないですし、特に不満はありません。

整った、いいアイアンだとは思いますが、アイアンやウェッジ系のクラブが得意なメーカーのアイアンと、逆にウッド系のクラブが得意なメーカーのアイアンがあると感じているのですが、このアイアンは後者のように感じます。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、まずまずです。

『球当たり』がソフトですが、『厚み感』が足りません。

とはいっても、これはキャビティなので、最初から分かっていたことです。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は普通です。

見た目通りの性格で、タフさは無く、いい感じのあがりやすさがあります。



バックフェース
『安定性』は高く、親近感のもてるアイアンです。

フルキャビティの良さが存分に味わえ、『イージーモード』で打っていけるアイアンといっていいと思います。

シビアさは全く感じず、大らかです。

トゥ側にあるウェイトの効果もそれなりにあるのかもしれませんが、私は必要性を感じませんでした。

ただ、トゥ寄りでヒットされる方には、ブレにくくする効果が期待できるような気がします。



飛距離性能
『飛距離性能』は高く、一番手以上の飛びが期待できます。

とはいっても、今はこれくらいのアイアンは普通になっているので、その中で特別よく飛ぶということは無いのかもしれませんが、私の感覚では、やはり『飛ぶ』アイアンです。

アイアンに飛距離性能を求めながらも、カッコ良くて所有欲を満たしてくれるアイアンが欲しいという方には、魅力的なアイアンといえるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』は普通です。

フルキャビティらしい大らかさがありますが、反応は鈍くないので、左右にも曲げることができました。

ウェイトがあるのでどうかな?と、打つ前は思いましたが、操作性を邪魔することはありません。

ただ、私はあっても無くてもどちらでも構いません。



試打後の感想


ヒール側
エミリッドバハマらしい、カッコ良くて美しいアイアンです。

まさに『美は正義』です。



EMILLID BAHAMA CV-8 アイアン
昔はカッコいいけど、性能が物足りないな・・・。と思えるクラブがたくさんあったのですが、今はほとんど見かけません。

各メーカーの実力があがっているのと実感しています。



EMILLID BAHAMA CV-8 アイアン
クラブはまず目で楽しみたい・・・。と、ゴルフを始めた頃からずっと思っている私は、これまで見た目が好みではないというだけで、手にすることもなく、スルーすることがよくありました。

ゴルフクラブ試打日記。を始めたばかりの頃は特にその傾向が強くて、好みのクラブばかりを試打していたような気がします。



エミリッドバハマ CV-8 アイアン
好きなクラブだけを試打するほうが楽しいし、それでいい・・・。と思っていました。

しかし読者の方から、もっといろいろなクラブを試打して欲しいというご意見を頂戴し、私の考えも徐々に変わっていきました。

これまで、自分がスルーしてきたクラブにも、もっと積極的に向き合うべきではないか?と思うようになり『トライ』していき、今に至ります。

そして、しばらくして『異型ヘッド』が流行り、かなり苦戦する日が続きました。

このまま、四角形ヘッドが主流になったらどうしよう・・・?

自分には使いこなせない・・・。今のうちにオーソドックスなヘッドを購入しておこう・・・。と思うようになり、未来に不安を感じましたが、それは杞憂に終わりました。

今はいい顔をしたクラブがたくさんあります。

もちろん、いろいろなタイプのクラブがあり、それらは『個性』なので、どれがベストとはいえません。

たくさんの『個性』の中から、自分自身で選ぶことができる時代です。

昔はメーカーの主義主張に合わせなければならないこともありましたが、今は全く違います。

イニシアチブは私たちユーザーが握っています。



EMILLID BAHAMA CV-8 アイアン
昔は良いクラブと、そうでないクラブの差がとても大きいものでしたが、今はレベルの高いクラブが揃っています。

つまり、正解は必ずしも一つではないのです。

魅力的なクラブがたくさんありすぎて、迷ってしまう・・・。という方は多いのではないでしょうか?

しかし、そのクラブ選びで悩むことも、ゴルフの楽しみのひとつだと私は思っています。



EMILLID BAHAMA CV-8 アイアン
そして、相棒となるクラブ候補に、このEMILLID BAHAMAも入れていただきたいと思いました。

これからも注目していきたいメーカーです。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

EMILLID BAHAMA キャディバッグ

EMILLID BAHAMA ボストンバッグ

EMILLID BAHAMA ヘッドカバー

EMILLID BAHAMA ベルト

EMILLID BAHAMA 公式ホームページ
                         
        

                         

コメント

非公開コメント