EPON AF-256 フェアウェイウッド - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス


在庫売り尽くし スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2023年04月21日
PR
  

EPON AF-256 フェアウェイウッド

                 


EPON AF-256
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
EPON AF-256 フェアウェイウッド の5番 です。



FUJIKURA Speeder NX 50
シャフトは FUJIKURA Speeder NX 50です。

ロフトは19度、クラブ長さは42.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は54.5g、バランスはD1、トルクは4.6、キックポイントは中調子、クラブ総重量は316.5g です。



正面
EPONの美しいフェアウェイウッドです。

以前試打した、AF-206とタイプは異なりますが、質感の良さが共通していますし、いい雰囲気があります。



側面
シンプルで何も組み込まれていない・・・。というのではなく、いろいろな工夫が見られますが、ごちゃごちゃしていません。



ソールのウェイト
この大きなウェイトが目を引きます。

数字が刻印されていないので重さは分かりませんが、かなり大きいので、それなりの重さはありそうですし、交換するタイプではなさそうです。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。



1


試打するのは、この『1』ポジションです。



3



5



7


他に3・5・7があります。

これは以前試打した、AF-156Sドライバーと同じです。



ビューティフルシャロー
美しいシャローです。

シャロー形状に、美しさを見いだせないことが多いのですが、このクラブはとても美しいです。

それはシャロー過ぎず適度に厚みがあることや、質感がいいからだと思います。

『ノーマルシャロー』といっていいと思いますし、『ビューティフルシャロー』という言葉が浮かびました。

いい目の保養ができ、こうして楽しませてくれるEPONはさすがです。



顔
丸っこい顔をしていて、シャロー感もあります。

私の中で『ど真ん中』の顔ではないのですが、ギリギリストライクゾーンに入っている・・・。といったところです。

このような顔は、これまでもたくさん出会ってきました。



カーボンクラウン
カーボンクラウンであることが分かりました。

ちょっと意外な気もしましたが、今は多くのメーカーが採用しています。



シンプルで綺麗なフェース面
シンプルで綺麗なフェース面です。

ミーリングのような工夫は見られません。



振り感
素振りを繰り返し、タイミングを整えました。

何度か試打しているシャフトで、特にマイナスに感じるところはありません。



構え感
ボールを前にして構えてみると、好感が持てました。

先ほども書いた通り、丸っこさが強調されています。

見とれてしまうような美顔ではないのですが、何の不満もないですし、シャロー感があって、球がよくあがりそうです。

方向性への不安もありません。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はソフトで、とても良いです。

『EPONフィーリング』といったらいいでしょうか?

この優れた打感は、他の番手のクラブとも共通しています。

EPONのクラブで球を打っていると、『金属を楽しんでいる』感覚になれます。

他のメーカーではあまり感じたことが無いのですが、ここまで美しく、そして丁寧に仕上げられていると、その質感の良さに、まずは目で楽しみ、次に実際に球を打って手で楽しむ・・・。という『幾重もの喜び』がやってきます。

そして、その加工の巧みさから、金属って柔らかいんだな・・・。と思わせてくれるメーカーです。



打球音
『音』は静かで、打っていても気分がノってきます。

打つ前は、もう少し大きめの音を予想していたのですが、ちょっと違っていて、この静かで落ち着いた音に心が弾みました。



トゥ側
球はあがりやすく、直打ちでも充分高さを出していくことができました。

見た目からも分かりますが、かなり低重心なのではないでしょうか?

最近はシャローでも、結構タフなFWもありますが、このAF-256は違います。

見た目通りの易しいクラブです。

他のメーカーのFWのように、『これでもか』というくらい、いろいろな工夫が『てんこ盛り』されていなくて、『さりげない工夫』といいますか、感覚を大事に作られているように感じます。

『フェース高が低い(つまりシャローフェース)』と、上手く球が当たるかな?と不安に感じることもありますが、このクラブにはそういったことはありませんでした。

必要最低限のフェース高が維持されているからです。



バックフェース
『安定性』も高く、ブレる感じはしません。

装着されているシャフトとの相性もいいのだと思います。

タイミングが取りやすく、ヘッドとシャフトとの共同作業によって、ナイスショットが量産されていく・・・。といったところでしょうか?

ラインも出しやすく、普通に打っている限り、大きく乱れるようなことはありません。



飛距離性能
飛距離性能は、今のクリークの中で、普通といったところでしょうか?

特別よく飛ぶクラブではないと思いますが、特に飛距離に関して不満はありません。

今はそれだけ、他のメーカーのFWがよく飛ぶということです。

クリークは『飛ばす』クラブというよりも、『上げて止める』というニュアンスのほうが合っているので好感が持てました。

そのほうがスコアメイクでも有効で、そういった意味でも、このクラブの『飛びすぎない』ということが長所なのだと思います。

クリークでは遠くへ飛ばすというよりも、そのあがりやすさから、グリーンを上から攻めるイメージが欲しいです。



操作性
『操作性』は、まずまずです。

どちらかといえば、『オートマ感』が強いのですが、左右にも小さく曲げることができました。

いい意味で、少し不器用なクラブで、その不器用さが魅力でもあります。



試打後の感想


ヒール側
丸っこい顔で柔和そうな印象がありましたが、実際に打ってみても、その顔の印象のまま、親しみやすいFWです。



EPON AF-256
いろいろなクラブを試打していると、その『顔』から、表情が読み取れるように感じることがあります。

怒ったような顔。

逆に悲しそうな顔。

『ムンクの叫び』のような顔。

など、いろいろありますが、このクラブの顔は『満面の笑み』です。

10年以上前に『異型』が多かった時代がありましたが、そのクラブがみんな『にらめっこ』をしているような顔に見えたのを覚えています。



EPON AF-256
私にはとても馴染めない顔で、もしこれがずっと続くようならどうしよう・・・。と思ったこともありましたが、すぐに終わりました。

やはり、多くの人が苦手にしていて、受け入れられなかったのだと思います。

『四角顔』もあったな・・・。と、この丸顔を見ていたら思い出しました。

対極ともいえる顔です。



EPON AF-256
質感が良く、全体的に美しいクラブです。

それでいて、大らかで気難しさは全くありません。

球があがりやすくて、美的センスのいいFWが欲しい・・・。という方は、このクラブがちょうどいいのではないでしょうか?

易しいクラブですが、その易しさがフィーリングを邪魔していません。

打感や音でも、充分楽しませてくれます。



EPON AF-256
他のメーカーのように、『飛距離最優先』というクラブではないですが、全体的なバランスが整っていて、特に欠点が見られません。

飽きが来ず、長く相棒として活躍してくれるクラブだと思います。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆☆
音・・・・・・☆☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


エポンゴルフ 公式 オンラインショップ
                         
        

                         

コメント

非公開コメント