HONMA BERES NX 1W ドライバー - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス

甘く、愛らしいパターはいかがでしょうか。スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2023年04月19日
PR
  

HONMA BERES NX 1W ドライバー

                 



HONMA BERES NX 1W ベレス ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
HONMA BERES NX 1W ベレス ドライバー です。



VIZARD FOR NX 45
シャフトは VIZARD FOR NX 45 です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはR、バランスはD1、クラブ総重量は286g です。



正面
ホンマの近未来的なデザインのドライバーです。

これまでのホンマのイメージをガラッと塗り替える斬新なデザインに驚きを隠せません。

以前アイアンを試打したことがあったのですが、今回はドライバーです。

アイアンと同じく、マグレガーを思い出しました。



側面
形状も目が行きますが、ヘッドには様々な工夫が見られます。



BOOSTER SLOT
まずはこのソールにある溝です。

溝のそばには『BOOSTER SLOT』と文字があります。

ブースタースロット・・・。

この溝とどんな関係があるのか分かりませんが、何やら凄い技術が搭載されているようです。

こうして見る限り、普通の溝のようにしか見えないのですが、それ以外の特別な意味があるのかもしれません。



溝の深さ
溝の深さはたっぷりあります。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。



バックフェースにある大きなウェイト
バックフェースには、かなり大きなウェイトが組み込まれています。

数字が刻印されていないので重さは分かりませんが、この大きさからすると、かなり重そうです。

今はこうしてウェイトが組み込まれるようになって、重心の位置(高さや深さ)を自由に変えられるようになりました。

便利といえば便利で、不自然といえば不自然で、見た目から想像する重心の位置と、実際の位置が違うことが多くなり、良いことでもあり、良くないことなのかもしれません。

どの位置がベストなのか、人によって大きく変わると思いますが、私たち日本人はどちらかというと、『浅重心』よりは『深重心』のほうが合いやすいような気がします。

それはリョーマやPINGのドライバーを試打していたら、特にそう感じます。

とはいっても、私は重心が浅くてスピンを抑えたドライバーも好きなのですが・・・。



BERES NX DRIVE TECHNOLOGY
ソールのトゥ側には、『BERES NX DRIVE TECHNOLOGY』という文字があり、凄い技術が搭載されているようです。

まさに至れり尽くせりで、かなりのハイテクドライバーだとメーカーが宣言しているように見えました。

ゴルフを始めたときからホンマファンだった私は、かなり変わったな・・・。と思いましたが、これも時代の流れなので抗えません。

今のドライバーはこういった文字をあえて表記しないものも増えてきて、それでいて高性能ということが多くなっていますが、このドライバーは昔ながらの『主張』するタイプのようです。



フェース面のデザイン
シンプルかつ特徴的なフェース面です。

このフェース面を見ても、ベーシックタイプではなく、ハイテクタイプなのが分かります。



RADIAL FACE
トゥ側には『RADIAL FACE』という文字があり、このフェース面にも特別な工夫がされているようです。



セミディープ
最初パッと見たときは、シャロー感があったのですが、こうして見ると、結構厚みがあるのが分かりました。

外見的には『セミディープ』といったらいいでしょうか?

しかし、実際はウェイトの部分でかなり厚みをとっているので、実際は『ノーマルシャロー』だと思いますし、こういった工夫は他のメーカーでも見たことがあります。



クラウンがカーボンコンポジット
クラウンがカーボンコンポジットなのが分かりました。

他のメーカーでも多く採用されている技術です。

今の流行りといえば流行りなのですが、他のメーカーの後追いをしている感じで、何かこうしっくりきません。

他のメーカーがやったことない、新たな技術を搭載して欲しいと思っています。

ただ、それは私がホンマに対して思い入れが強すぎるのかもしれません。

昔のあの圧倒的な存在感は無くなり、他のメーカーと変わらない『横一線』の存在となってしまいました。

ゴルフを始めたとき、クラブはもちろん、グローブやシューズも初めて買ったのはホンマでした。

他のメーカーは眼中に入らず、ホンマのカタログと常ににらめっこしていて、その中から選んで、お店に無いときはわざわざ注文をしてまで、ホンマにこだわっていました。



オリジナルグリップ
HONMAのロゴが入ったオリジナルグリップがカッコいいです。

さすがヘッドだけでなく、シャフトやグリップも『自社生産』にこだわっているホンマだな・・・。と思いました。



振り感
素振りをしてみると、かなり難しいといいますか、つかみどころが無い感じです。

これまでも軽量&軟らかいシャフトは何度も出会ってきましたが、今日はちょっと合いづらくて、頭の中がモヤモヤしてきました。

かなり軽くて、『発泡スチロール』の筒で作って、それが壊れないように工夫されている・・・。といった感じの振り感です。

硬い軟らかい・スチール・カーボン関係なく、シャフトには『背骨』を感じるものですが、今日はそれが感じられず、『空気の筒』を振っているような感覚でした。



構え感
ボールを前にして構えた感じはまずまずです。

違和感は無いですが、テンションがあがることもなく、淡々と見ていました。

久しぶりに出会ったホンマなのに、何故だろう?と自問自答したのですが、その答えが出てきません。

すっきりした感じはなく、モヤモヤしっぱなしです。

カーボンコンポジットがよく目立っているというのもあったのですが、何となく『人造人間キカイダー』の顔を思い出しました。

方向性への不安は無いですが、もう少し違った形の『顔の見せ方』があるような気がしましたし、そこが不満で物足りない部分です。

いろいろなクラブを試打していると、たくさんの工夫や技術が組み込まれているけど、あえてそれを目立たないようにデザインされているものもあれば、逆にそれを強く主張してくるものもあり、このドライバーは明らかに後者です。

魅力的な顔をしたクラブに出会うと、まるで吸い込まれるかのような感覚に陥ることもあるのですが、今日は違っていて、逆に距離をとっているような感じで、それが縮まりません。



試打を開始しました


HONMA BERES NX 1W ドライバー
『?』。

1球目は『チョロ』が出てしまいました。

これではダメだ、もうちょっと素振りをして打ち直そう・・・。と、一旦打席を外して2球目を打ちました。

『?』

また『チョロ』が出てしまいました。

久しぶりにチョロ2連発というミスをしてしまいました。

しかし、これはクラブのせいではなく、明らかに私のミスです。

私の技量不足が招いたミスショット2連発です。

ヘッドというより、シャフトに心が伝わっていないということもありますし、私のアドレスから精神状態まで全てにおいて今日はダメでした。

このままでは、このドライバーに申し訳ないので、一旦球を打つのを止め、素振りを2~3分続けて、再び試打を開始しました。



フェース面
『打感』はまずまずです。

しっかり目というよりは、ややソフトで、ちょっと変わった打感です。

シャフトに気を遣って、いつものように叩きにいけなかったというのもありますが、少し物足りなさがありました。



打球音
『音』は普通です。

異音でも無いですし、かといってずっと聞いていたくなるような、『耳が喜ぶ』音でもありません。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、あがりやすくて、親しみやすいドライバーです。

見た目はハードそうな感じがしないでもないですが、実際はイージーで、タフな印象はありません。



バックフェース
『安定性』もなかなかいいとは思うのですが、今日はシャフトに苦戦したせいか、なかなかまとめるのは難しく感じました。



飛距離性能
『飛距離性能』もなかなかいい感じですが、次回は違うシャフトで再チャレンジしてみたいと思います。

本来はもっと高いポテンシャルをもっていると思うのですが、今日の私のスイングでは、それを引き出すのは難しいと感じました。



操作性
『操作性』はちょっと難しいです。

左右に打ち分けるという気持ちにもなれませんでした。



試打後の感想


ヒール側
試打しながら、このドライバーに申し訳ないな・・・。と思い、予定よりも早く試打を終えました。

しかしそれは、先ほども書きましたが、このクラブのせいではありません。

あくまでも私の技量不足によるものです。

もうちょっと球を打ってみようか・・・。という気持ちもあったのですが、今日は何度やっても上手くいかないように感じたので、機会があれば、また日を改めて試打することにしました。

上手くいかない日はスパッと止めて、次のチャンスを待つというのも手だと思います。



HONMA BERES NX 1W ドライバー
モヤモヤした気分が抜けないまま、試打を終えました。

今日は反省しなければなりません。

普段は『バット素振り』をしているのですが、今日は水道ホースを使ってたっぷりと素振りをし、軟らかいものを振る感覚を養い、スイングの質を高めることにしました。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         

コメント

非公開コメント