キャロウェイ JAWS FULL TOE ウェッジ - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス

方向性へのこだわり 握った瞬間、ロックオン スコッティキャメロン専門店 Himawari

Post

      
2023年03月10日
PR
  

キャロウェイ JAWS FULL TOE ウェッジ

                 



キャロウェイ JAWS FULL TOE ウェッジ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ JAWS FULL TOE ウェッジ です。



N.S.PRO MODUS3 WEDGE
シャフトは N.S.PRO MODUS3 WEDGE です。

ロフトは58度、クラブ長さは35インチ、シャフト重量は135g、トルクは1.3、キックポイントは中調子 です。



正面
キャロウェイのウェッジです。

キャロウェイらしい美しいデザインと、軟鉄の柔らかそうな雰囲気がたまりません。



側面"
バックフェースのデザインが特徴的ですが、センスの良いデザインです。

名前に『FULL TOE』という文字があるように、少しトゥ側が伸びているように見え、テーラーメイドの『HI-TOE』と同じようなタイプではないでしょうか?



ソールの穴
ソールにある、この穴も、もうお馴染みです。

それほど多くは無いですが、他のメーカーでも採用されています。



バックフェース形状
JAWSという名前なので、どうしてもサメを連想してしまいますが、そもそもJAWSは『両アゴ』という意味があるのだと教えてもらいました。

確かにボクシングでアゴのことをジョーといいますし、その複数形ということで、上顎と下顎。

つまり『両顎』ということなのだと思います。

それだけ食いつきがいいということをアピールしているのでしょうか?

食いつきで言うなら、顎もいいですが、牙などもいいのではないか?と思いました。

サーフィンをやられる方ならご存じだと思いますが、ハワイの大きな波をジョーズという名前がついています。



彫りの深さ
完全なフラットバック形状ではないですが、キャビティというほどではありません。



トップライン
トップラインの厚みは標準的です。



ソール幅
ソール幅も標準的で、ワイドなタイプではありません。



ソール形状
ソールは全体的に丸みを帯びていますが、特にトレーリングエッジが大きく削られています。



トレーリングエッジの丸み
こうして角度を変えてみても、それがよく分かりますし、抜けが良さそうで、開いて使って欲しい・・・。というメッセージが込められているように感じられました。



ネック長さ
ネックは適度な長さがあって、好感が持てます。



FULL TOE
ホーゼルには『FULL TOE』と刻印されていました。



ミーリングあり
フェース面には、かなりはっきりしたミーリングが施してあり、指で触ってみたのですが、かなりザラザラしています。

そして、フェース面のほぼ全てにスコアラインとミーリングが刻まれていて、キャロウェイでもテーラーメイドでも見られました。

これからは、こういうタイプが主流となってくるのでしょうか?

テーラーメイドのウェッジのフェース面はノーメッキでしたが、このウェッジは通常のメッキタイプのようです。

ノーメッキのほうがスピンが高いのでは?と思いがちですが、実際は大きな違いはないということを聞いたことがあります。

しかし、これまでの経験則として、若干ノーメッキのほうが食いつきが良く、滑りが抑えられているように感じています。

普通は製造工程が増えれば増えるほど、価格もあがってくるものだと思うのですが、ウェッジでは何故かノーメッキのほうが高価なのが不思議です。



構え感
ボールを前にして構えてみると、独特な顔で、正直あまり好きではありません。

とはいっても、初めてではないですし、驚くようなことはありませんが、テンションはあがりません。

いくら『ツアーモデル』とか『プロも使っている』と言われても、好みでない顔は好きになりません。

そして『ツアーモデル』や『プロ仕様』というだけで、売れる時代はとっくの昔に過ぎました。

ただ顔の好みや打感は『慣れ』というものも大きく関係してくると思いますが、私は慣れたくないですし、このようなウェッジばかりになったら、新しく購入することはないと思います。

ウェッジで一般的になれば、いずれアイアンもこのようになってくるかもしれません。



開きやすさ
フェースを開いて構えてみたのですが、特に邪魔するものも無く、とても開きやすいです。

やはり開いて使うのを前提として作られたウェッジだな・・・。と思いました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、いい感じです。

軟鉄の柔らかさと、『密』な感じ。

そして、かなり食いつき感を感じます。



トゥ側
球は拾いやすく、よくあがってくれます。

出球の高さもあって、ロブ系のショットに強いウェッジだという認識をもちました。



スピン性能
スピン性能は、かなり高いです。

フェース面のミーリングがよく利いているのは間違いありません。

ボールがよく止まってくれました。



バックフェース
独特な顔をしていますが、ラインも普通に出しやすいです。

これがもしグースがきついタイプだと、かなり苦戦したと思いますが、逆にグースを好まれる方には物足りないところかもしれません。



距離感
『距離感』は、最初のうちは少しイメージよりも短めにキャリーしたのですが、何球か打ってみて合わせることができました。

どうも、構えたときのイメージがいつもと違っていたからなのか、少し前後のバラツキがありましたが、それはこのウェッジに原因があるというよりは、私がこのような顔のウェッジに不慣れだからだと思います。

使い慣れておられる方には、何の問題も無く、狙った距離を刻んでいかれるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』は高く、完全に『テクニシャンタイプ』の方に使っていただきたいウェッジです。

開いてもバンスが邪魔しないので、かなり開いて、しかもカットに打っていけるのがいいな・・・。と思いました。



試打後の感想


ヒール側
過去に同様のウェッジを試打したことがあるので、新鮮さは感じませんでしたが、スピン性能が高く、実戦でも役立ちそうなウェッジです。


構えやすさ・・・・・☆☆
打感・・・・・・・・☆☆☆☆
スピン性能・・・・・☆☆☆☆☆
あがりやすさ・・・・☆☆☆☆
安定性・・・・・・・☆☆☆☆
距離感・・・・・・・☆☆☆
操作性・・・・・・・☆☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


                         
        

                         

コメント

非公開コメント
        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ありがとうございます。
コメントありがとうございます。
勉強になります。