EPON 210KGX ウェッジ - ゴルフクラブ試打日記


Post

      
2022年09月16日
  

EPON 210KGX ウェッジ

                 
EPON 210KGX WEDGE
今日は、この懐かしいエポンのウェッジを試打しました。

試打したウェッジは EPON 210KGX ウェッジ です。



ダイナミックゴールド
シャフトは ダイナミックゴールド です。

ロフトは56度、シャフトフレックスはS200、キックポイントは手元調子 です。



エポン 210KGX ウェッジ
久しぶりに出会った、エポンのウェッジです。

このウェッジは以前試打したことがあるのですが、とても気に入っていて、エポンユーザーの友人から借りて試打させてもらいました。

彼はドライバーからパターにいたるまで、全ての番手をエポンで揃えていて、キャディバッグはもちろん、キャップやヘッドカバーまで、全てエポンでとても羨ましいです。



エポン 210KGX ウェッジ
初めてこのウェッジを試打したのが、もう11年も前ということで、時の経つのがとても早いです。

試打していてとても楽しくて、テンションが爆上がりだったのを覚えています。

シンプルな形状による安心感といったらいいでしょうか?

最近のクラブはドライバーに限らず、ウェッジなどあらゆる番手のクラブに、メーカーが『至れり尽くせり』といえるほど、細かなところまで手が加えられていますが、昔のクラブはそうではありません。

大体の大まかな形が既に決まっていて、あとはプレイヤー自身が使い込んで『自分の形』にするというものでした。

それをこのウェッジにも感じ、手が加えられすぎていないので、『自分色』に染めていけそうです。



エポン 210KGX ウェッジ
トップラインの厚さは適正です。



エポン 210KGX ウェッジ
それ以外のことについては、過去に書いているので、ここでは割愛させていただきます。



エポン 210KGX ウェッジ
構え感が一番印象的です。

久しぶりにエポンのウェッジを手にしましたが、こうして構えていると、ボーケイウェッジと顔がよく似ているな・・・。と思いました。

これは以前から感じていたことではありますが、やはり『瓜二つ』です。

今度機会があれば、同時に見比べてみたいと思いますが、似ているのは間違いありません。

ひとくちに軟鉄鍛造ウェッジといっても、メーカーによって、いろいろな顔があります。

『BS顔』『スリクソン顔』『プロギア顔』・・・。など、数え上げたらキリがありません。

このウェッジは明らかに『エポン顔』のウェッジですが、『ボーケイ顔』とよく似ているので、親戚というか『従兄弟』のような印象をもちました。

ネックからリーディングエッジ、そしてトップラインのカーブの具合が特に似ています。

シャープでカッコいいウェッジではありますが、それほど尖った感じはせずに、丸っこくて愛嬌もある顔をしているので、シビアな場面でもリラックスさせてくれそうです。

打感が柔らかく、操作性も高いのでとても楽しめました。
                         
        
                         

コメント

非公開コメント