今年上半期の印象深いドライバー 2022 - ゴルフクラブ試打日記
ライザップゴルフ

Post

      
2022年07月17日
  

今年上半期の印象深いドライバー 2022

                 
今日は、今年上半期に出会った、印象深いドライバーをご紹介します。



テーラーメイド STEALTH ドライバー
テーラーメイド STEALTH ドライバー

まずはテーラーメイドのドライバーです。

テーラーメイドの新しいシリーズということで、かなり話題になりましたね。

ステルスという、アメリカの爆撃機を連想させる名前でインパクト大です。

新しいシリーズでありながら、前のモデルのSIMシリーズと似たところもたくさんありました。

デザインが大きく変わっているので、フルモデルチェンジのように見えますが、私的にはマイナーチェンジに近い印象をもっています。

このドライバーで一番印象に残っているのが、『寛容性』です。

スイートエリアが広く、大らかさが際だったドライバーですが、私は前のモデルのSIMのほうが好きです。



KAMUI XP-03 ドライバー
KAMUI XP-03 ドライバー

次はカムイのドライバーです。

このドライバーはとてもカッコ良く、一目見て気に入りました。

すぐ隣には他のメーカーのニューモデルもあったのですが、私は迷わずこちらを試打させてもらうことにしました。

ビギナー時代から、私にとってカムイは存在感のあるメーカーです。

今の主流といいますか、かなりの工夫が見え、ハイテクタイプのドライバーといっていいように思います。

黒いディープ系のドライバーで、構えやすかったのも覚えています。

弾道も力強く、頼もしさを感じました。



キャロウェイ ROGUE ST MAX FAST ドライバー
キャロウェイ ROGUE ST MAX FAST ドライバー

次はキャロウェイのドライバーです。

キャロウェイといえば、世界中のメーカーの中で、ハイテク部門でトップクラスに位置すると私は思っています。

新しいアイデアと技術力。

積み重ねられた実験によって製品を送り出しているメーカーといっていいと思います。

どちらかといえば、フィーリングよりも合理性を重視しているような傾向が見られますが、時々うなるような名器を世に送り出します。

このドライバーも様々な工夫が見られ、『パーツの交通渋滞』とでもいったらいいでしょうか?

これでもか、というほど、詰め込まれていてぎゅうぎゅう詰めな印象をもちました。

最近のスマホ(アンドロイド)はハイテク化すると同時に、小型軽量化もしなければならないので、ハイエンドモデルだとSDカードが使えなくなっていると聞いたのですが、このドライバーを試打して、似たようなことを感じました。

かなりクセのある顔で、構えづらかったのですが、打感は良かったのが印象的です。



PRGR SUPER egg ドライバー
PRGR SUPER egg ドライバー

次はプロギアのドライバーです。

このドライバーは黒いヘッドが印象的で、あがりやすさと軽量感・シャフトのしなり量が多かったのも覚えています。

最新の技術がたくさん搭載されていると思いますが、外見上はスッキリしているのも印象的です。

見た目はシンプルだけど、実はハイテクで様々な技術が注ぎ込まれているというのが、ひとつの理想といっていいように思います。

昔のラージサイズ・ライトウェイトタイプのドライバーは、かなりクセのきついモデルが多かったのですが、最近はそれが緩和されてきたようで、このドライバーもそれが当てはまっています。

スペック的に私には合いづらいところもあったのですが、高性能でいいドライバーだな・・・。と思いました。



ホンマ TW757 D ドライバー
ホンマ TW757 D ドライバー

次はホンマのドライバーです。

このドライバーも見るからにハイテクタイプだということが分かります。

ホンマのパーシモンを愛用していた頃にタイムスリップして、このドライバーを見せたら、かなり驚くだろうな・・・。と思いました。

ソールの溝やネックの調整システム。

そしてウェイト配置など、他のメーカーの後追い的なところが多く見られ、昔のホンマにあった『無双状態』とは程遠いですが、今は仕方ありません。

それくらい優れたメーカーがたくさんあるのですから。

見た目はいかにもアスリートモデルっぽいですが、実際に打ってみるとイージー系といった印象をもちました。



EMILLID BAHAMA CV-8 ドライバー
EMILLID BAHAMA CV-8 ドライバー

次はエミリッドバハマのドライバーです。

このドライバーの一番の印象は、何と言っても、その『圧倒的な飛距離』です。

ソールのデザインや、顔が好みとはちょっと違っていたのも覚えていますが、それをかき消すような飛びの性能に魅了されました。

実際に打ち比べていないですし、シャフトなどのスペック的な違いもあるので、何ともいえませんが、今年上半期に試打したドライバーの中でも最も飛ぶドライバーといっていいと思います。



jBEAM KZ-5 ドライバー
jBEAM KZ-5 ドライバー

次はJBEAMのドライバーです。

JBEAMのドライバーには親近感をもっていて、いつも注目しています。

私の感覚にドンピシャなのが、CRZ435(JBEAM BM-435)というドライバーです。

一球打って、あぁ、これは相棒に迎え入れるべきドライバーだな・・・。と強く感じたことを今もはっきり覚えています。

あがりやすさやミスヒットへの寛容さが求められている今は、それほど高い支持は得られないのかもしれませんが、易しすぎないということも性能のひとつですし、スピンが抑えられ、ライン出しをしても飛ばしてくれるので、すごく気に入っています。

このドライバーはこれまでのJBEAMドライバーとはちょっと違っていて、かなり易しい印象をもちました。

明らかにオートマチックタイプのドライバーです。

寛容さがありながら、決して飛距離がおろそかになっていないところが、さすがJBEAMだな・・・。と思いました。



コブラ LTDx Black Limited Edition ドライバー
コブラ LTDx Black Limited Edition ドライバー

最後はコブラのドライバーです。

コブラのドライバーは昔から好きですし、久しぶりに出会ったので、かなりテンションがあがったのを覚えています。

このドライバーはかなりクセのある顔をしていて、正直好みではないのですが、飛距離性能はとても高いので、コブラが好きな方。

そして、この顔が気にならない方には是非試していただきたいドライバーです。

どちらかといえば、ヒッタータイプの方に合いやすいドライバーだと思います。


以上が、今年上半期に出会った印象深いドライバーたちです。

こうして見ても、かなり優秀なものがあって、既に今年のMVP候補もいくつか登場しています。

今年の下半期に、どういったドライバーに出会えるか分かりませんが、もしそれほどいいものでなかったら、このままその候補のなかで決まるような気がします。

次回から、通常の記事に戻りたいと思います。
                         
        
                         

コメント

非公開コメント