今年上半期の印象深いアイアン 2022 - ゴルフクラブ試打日記
ライザップゴルフ

Post

      
2022年07月07日
  

今年上半期の印象深いアイアン 2022

                 
今日は、今年上半期(1~6月)に出会った、印象深いアイアンをご紹介したいと思います。

尚、掲載順は試打した順番であり、ランキングではありません。



ダンロップ ゼクシオ 12 アイアン
ダンロップ ゼクシオ 12 アイアン

2年に一度モデルチェンジされるゼクシオのニューアイアンということで、興味津々でした。

過去のモデル同様、易しくて飛距離が出るのが特徴です。

最新もモデルでありながら、どこか懐かしいところもありました。

私の好みからは外れているところもありますが、こういうアイアンもアリなのだと思います。



ヤマハ RMX VD40 アイアン
ヤマハ RMX VD40 アイアン

次はヤマハのアイアンです。

ヤマハは軟鉄鍛造のイメージが強く、このアイアンもそのようになっています。

私はラージサイズのアイアンが苦手なのですが、このアイアンは適度にコンパクトで構えやすく、ポケキャビらしい易しさもあって、かなり好印象です。



テーラーメイド STEALTH アイアン
テーラーメイド STEALTH アイアン

次はテーラーメイドのアイアンです。

ステルスという新しいブランドのアイアンということで、印象に残っています。

正直、私好みのアイアンではないのですが、かなりのイージー系で飛距離も稼げる、今のニーズに合ったアイアンです。



ダンロップ ゼクシオ エックス アイアン
ダンロップ ゼクシオ エックス アイアン


そしてゼクシオのカッコいいアイアンです。

姉妹モデルの12よりも、私はこちらのほうが好きです。

セミラージサイズでグースタイプのアイアンですが、ゼクシオブランドを考えると、これが当たり前なのかもしれません。

打感は薄い感じで弾き感が強かったのを覚えています。



ホンマ T//WORLD TW757 P アイアン
ホンマ T//WORLD TW757 P アイアン

次はホンマのアイアンです。

やはりホンマは特別な存在で、ニューモデルに会う度に初心に帰れるような気がします。

バックフェースのデザインがとてもカッコいいアイアンです。

トゥ側にある、大きなウェイトが一番印象に残りました。

構え感や打感はもうひとつなところがありましたが、見た目以上に易しいアイアンです。



PING i59 アイアン
PING i59 アイアン

次はPINGのアイアンです。

最近のPINGアイアンはカッコ良くなっています。

ベーシックタイプというよりはハイテクタイプですが、これもPINGの個性といえるのではないでしょうか?

シャープな形状のアイアンですが、構えやすさはまずまずでした。

しかし寛容さが高く、親しみやすいアイアンです。



YAMAHA RMX VD TOURMODEL アイアン
YAMAHA RMX VD TOURMODEL アイアン

次はヤマハのアイアンです。

ヤマハのブランドイメージに合致したカッコいいアイアンで、易しさも兼ね備えています。



HONMA TW757B アイアン
HONMA TW757B アイアン

次はホンマのカッコいいアイアンです。

このアイアンはバックフェースのデザインが特徴的なのと、トゥ側にあるウェイトが大きな存在感を放っていますが、一番I強く印象に残ったのが、『小顔感』です。

最近ではなかなか出会えない小顔タイプで、テンションがあがったのを覚えています。

クラシカルな雰囲気もあり、試打していて楽しめました。



INFINITE LS 01☆CB アイアン
INFINITE LS 01☆CB アイアン

最後はINFINITEというメーカーのアイアンです。

私はこのメーカーのことを知らず、まだまだこういうメーカーがあるんだろうな・・・。と思いました。

このアイアンは基本的にノーマルなハーフキャビティといったところで、特に変わったところは見られなかったのですが、鎌安くて打感も良く、大好きなアイアンです。

『昔アイアン』が好きな私には、かなり胸に響きました。



以上が、今年上半期に出会った、印象深いアイアンたちです。

次回はユーティリティ編を発表させていただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        
                         

コメント

非公開コメント