PRGR egg 44 ドライバー - ゴルフクラブ試打日記


Post

      
2022年08月07日
  

PRGR egg 44 ドライバー

                 

PRGR egg 44 ドライバー
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
PRGR egg 44 ドライバー ​です。



egg 44 オリジナルシャフト
シャフトは egg 44 オリジナルシャフト です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは44.5インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は46g、キックポイントは中調子、バランスはD4、トルクは7.6、クラブ総重量は301gです。



正面
PRGRの新しいドライバーです。

かなりのラージサイズに見えますが、ゴチャゴチャしたところはなく、シンプルですっきりしているところに好感が持てます。



側面
シャロータイプで大きいですが、黒で落ち着いた雰囲気になっています。

ウェイトなどは見られないですが、シンプルにした分だけ、大きなメリットもあるのではないでしょうか?



ネック長さ
ネックは短めで、ここを見ると、eggだな・・・。と思います。



44
『44』とは、どういう意味があるのでしょうか?



egg
eggというと、最近は言わなくなりましたが、東京ドームのことをいつも思い出します。

1988年にオープンした東京ドームは別名『BIG EGG』と言われていました。



Maximize your Potential
『Maximize your Potential』という文字があります。

『貴方のもつポテンシャルを最大化する』ということでいいでしょうか?

誰が使っても最大化してくれるのでしょうか?

かなりのイージー系であり、ヒッター向けではないように感じるのですが、あらゆるプレイヤーの能力を最大限に引き出してくれるのであれば大歓迎です。



ツートンカラー
クラウンがツートンカラーとなっていて、コンポジットされているのが分かります。



CNC MILLED
フェース面はとても綺麗で、『CNC MILLED』の文字があります。



ラージシャロー
eggシリーズらしく、かなりのシャローで、いわゆる『円盤タイプ』であることが分かりました。



顔
予想していたよりもクセのない顔です。

過去のモデルからすると、シンプルですっきりしている感じがします。

逃がし顔ではなく、つかまえ顔ですが、それほど極端ではありません。



装着されているグリップ
装着されているグリップはいい感じです。

滑りにくくグリップ力がありますが、硬くないので、手に馴染みやすく、ドライバーには適したグリップだと思います。



振り感
素振りをしてみると軟らかさもありますが、クセがきつい感じはしません。

ヘッドがよく利いている感じです。

最近は少ないですが、昔はこのようなドライバーがたくさんありました。

今と昔では、見た目は似ていても、スペックに対する考え方が違っていたのかもしれません。

シャフトは、やや線が細い印象を受けました。



構え感
ボールを前にして構えてみた感じは、まずまずです。

見とれるようなことは無かったのですが、構えづらくて違和感があるというほどでもありません。

いい意味で淡々と・・・。感情の起伏もなく、眺めていました。

最近は長尺タイプを試打することが多かったのですが、このドライバーは『短尺』を思えるほど短く、ボールとの距離も近いのがいいです。

少しでも飛ばしたいというのであれば、1ミリでも長い方が可能性が高まるのかもしれませんが、『方向性』や『平均飛距離』を高めていくということを考えれば、適正な長さだと思います。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、ややしっかりしているものの、硬すぎずいい感じです。



打球音
『音』は、やや高めの金属音です。

ある意味、eggらしいのかな・・・。と思いました。

私はもう少し低くておとなしめな音が好きですが、この音でも特に問題はありません。



トゥ側
球はあがりやすいですが、結構『叩いて』といいますか『押して』いけるドライバーだな・・・。と思いました。

スインガータイプの方から、セミヒッタータイプの方までカバーしているドライバーなのではないでしょうか?

打ち出しは高いですが、そこからいい感じで伸びていき、急激に失速することがなく、キャリーを稼いでいくことができました。



バックフェース
『安定性』は高く、イージーです。

構えたときにフェースが少し被っているように見えたのですが、予想していたよりもつかまり過ぎないところが気に入りました。

フェードヒッターの方は、そのままフェードボールが打ちやすいドライバーだと思います。

スイートエリアも広く、いい意味でアバウトに打っていけるドライバーです。



飛距離性能
『飛距離性能』も、このクラスの中では、トップクラスといっていいのではないでしょうか?

弾きの良さ・そして『押していける』ところが、このドライバーの個性といいますか、特長です。

大らかさもあり、オートマチック的で楽に飛ばしていけるドライバーです。

シャフトが長すぎないので、余計に安定した飛びが期待できるドライバーだな・・・。と思いました。



操作性
『操作性』という点では、オートマチック的な性質が強いので、操るタイプではないですが、一応左右にも曲げてみました。

あまり敏感な反応はしてくれないですし、あまり極端なことはしたくないドライバーです。



試打後の感想


ヒール側
易しさと飛びに長けた、バランスのいいドライバーです。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



                         
        
                         

コメント

非公開コメント