DIABLO GT3000 430 ドライバー - ゴルフクラブ試打日記

室内にいながらラウンドプレイや練習ができるゴルフシミュレーター まずは無料資料請求を

ライザップゴルフ

Post

      
2010年03月31日
  

DIABLO GT3000 430 ドライバー

                 
DIABLO GT3000 430
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは DIABLO GT3000 430 ドライバー です。



FUJIKURA ROMBAX 5×07
シャフトは FUJIKURA ROMBAX 5×07 です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は55g、トルクは3.7、キックポイントは中調子です。



ディアブロ ドライバー
初めて手にする『DIABLO』のドライバーです。


といいますか、このようなメーカーがあることさえも知りませんでした。


つくづく日本には色々なメーカーがあると実感させられますし、私の日頃の不勉強ぶりが露呈してしまいました。


反省しなければならないと思いました。


『DIABLO』というと、やはりどうしてもキャロウェイのクラブを思い出してしまいますが、キャロウェイとは全く関係ないようです。



DIABLO DRIVER
よく見ると、『トゥ側』のところに『EVANGELIST JAPAN INC.』と記されています。


『DIABLO』というのはブランド名で、『EVANGELIST』というのが会社名なのでしょうか?


いずれにせよ、初めてのメーカーのクラブというのは、とてもワクワクします。


飛距離性能などの『物理的性能』も楽しみではありますが、やはりどのような『フィーリング性能』を持っているか?ということに私の興味は向かっています。



GT3000 430
とても美しいデザインです。


それほど目立つ感じではないですし、派手さはないですが、とてもいい印象を受けます。


上質な感じがします。


派手なデザインではないものの高性能なドライバーに、これまでたくさん出会ってきました。


この『DIABLO GT3000 430 ドライバー』というドライバーも親しみやすそうな感じがしますし、基本的性能も高そうです。



430
素振りをしてみると、かなり軽くて印象と違った感じがしました。


このヘッドの雰囲気とシャフトが合っていないように感じられました。


もっとしっかり目のシャフトのほうが、このヘッドの性能を活かしていけそうな気がします。


ランバックスはとても高性能なシャフトではありますが、このスペックのシャフトと、この『ディアブロ』のドライバーヘッドとの相性は必ずしもマッチしていないような気がしました。


素振りを繰り返しながら、


惜しいなあ・・・。もっとしっかりとしたセッティングだったら、すごく振りやすかったのに・・・。


などと感じていました。



12
ボールを前にして構えてみた感じは、まずまずの『標準顔』で構えやすく感じました。


すごく美しい・・・。というよりは、機能性を伺わせる顔のように思いました。


球のつかまりが良さそうな感じがしましたし、右への『フケ球』はあまり出ないような感じを受けました。


ずっと見つめていたくなるほどの美顔ではないのかもしれませんが、セットアップに関しては特にこれといった不満は感じませんでした。


イメージも普通に出していくことが出来ました。


『バルジ』も、曲線というよりは、直線に近い感じがしたので、どちらかというと左右に曲げて楽しむ・・・。というよりは、直線的に攻めていくタイプのドライバーのように思いました。




試打を開始しました。

06
『球のあがりやすさ』という点では、比較的オーソドックスなタイプのドライバーだと思いました。


適度にあがりやすいですし、ある程度叩いていけるモデルだと思います。


『ロフト10.5度』ということですが、極端に上がりすぎる感じでもなかったですし、上がりきらず『ドロップ』してしまう感じでもありませんでした。


とても『ノーマル』な感じがします。


同じロフトのドライバーでも、薄くて平べったいタイプのドライバーを使っておられる方には、少しタフに感じられるかもしれませんが、おそらくそれほどタフ過ぎる感じはしないのではないでしょうか?


このドライバーの『軽量感』が、多くのゴルファーに『易しさ』を感じさせてくれるのかもしれません。



13
『操作性』という点でも、ごく普通な感じがしました。


左右に曲げていくことも全く苦にならなかったですし、これといって扱いづらいドライバーではないと思います。


『構えやすさ』のイメージのまま、球を打っていくことが出来ました。


ただ、やはりシャフトに少し難しさを感じてしまいました。


シャフトは勿論なのですが、もっと全体的に『重量感』を感じることが出来れば、より扱いやすい感じがしました。


軽すぎたり、軟らかすぎるセッティングは、『クラブの暴走』を招きかねません。


このドライバーにはいいイメージを抱きながらも、やや暴れてしまいそうな感じがしました。


気持ちよく振って操作していく為には、今度違ったセッティングで臨んでみたい・・・。と思いました。



05
『打感』は少し硬めな感じがしました。


しかし、決して嫌な感じはしませんでした。


最近は『ソフトフィーリング』なクラブに接する機会が多くなったせいか、このドライバーの感触が硬く感じられましたが、決して手首を痛めそうでもなかったですし、苦手意識を感じるほどでもありませんでした。


『しっかり感』を感じることが出来ました。


私の好みでいえば、もう少しソフトな感じが欲しいのですが、このドライバーの打感に好感を持たれる方も、たくさんいらっしゃると思います。



09
『音』という点では、とてもいい感じの音だと思いました。


鈍い感じの音ではなく、割とハッキリとした感じの音ではありますが、甲高くもないですし、すごく好感の持てる音です。


これまでも、こういった感じの音は、たくさん経験してきました。



07
『安定性』という点では、まずまず・・・。だと思いました。


それほどブレやすい感じはしなかったのですが、決して一直線にしか飛んで行かなくて、曲がりにくいタイプのドライバーではないと思いました。


こちらがミスをすれば、それを敏感に感じ取りやすいタイプのドライバーだと思います。


そういった意味では、多少『シビアさ』が感じられるのかもしれません。


しかし、決して敷居が高すぎるドライバーではないと思いました。


メーカーは違えど、これまでもたくさん同じようなタイプのドライバーに出会ってきたので、このドライバーも感覚をつかみやすい感じがしました。


ただ、先ほども書きましたが、やはりシャフトがもっとしっかりとしたタイプならば、もっとまとめていきやすい感じがしました。


少しタイミングが取りづらい感じは今日はしてしまいました。



ディアブロ
『飛距離性能』という点でも、比較的ノーマルな感じがしました。


特別に大きな飛距離を稼いでいきやすいドライバーだ・・・。とは思わなかったのですが、決してレベルの低いドライバーではありません。


割と叩いていきやすいですし、『スインガータイプ』の方よりは『ヒッタータイプ』の方にマッチしているのではないでしょうか?


もっとしっかり目のセッティングで、気持ちよく振り抜いていくことが出来たら、もっと大きな飛距離が望めるような気もします。


いかにも『ラン』が出そうな形状ですが、『キャリー』も大きく稼いでいくことが出来ました。


予想よりも飛距離性能が大きく秀でていたり、『オーラ』をまとっているようなクラブに出会うと、こちらのテンションもあがったりして、『平常心』が保てなくなる場合もあるのですが、今日はしっかりとキープして試打を行うことが出来ました。


感情が揺さぶられる感じはしなかったのですが、しっかりとした性能を持っていると思いますし、ハイレベルな素晴らしいドライバーだと思いました。



EVANGELIST
私はこのドライバーのことを最新のドライバーと思っていたのですが、実はそうでもないようです。


聞くところによると、このドライバーは数年前に発売されたそうです。


冒頭にも書きましたが、私はその存在を全く知りませんでした。


いわゆる『地クラブ』といっていいのでしょうか?


今に限らず、昔から『地クラブ』というものはありました。


『地クラブ』と聞くと、私は真っ先に『カムイ』を思い出します。


カムイは、今では『地クラブ』とはいえないほどの知名度がありますが、昔はもっと知名度は低かったように思います。


しかし、ゴルファーの人気は大変高く、我々の憧れのクラブでもありました。


仲間がカムイのクラブを買うと、みんなで打たせて貰ったこともありました。


今でもよく覚えていますが、『カムイプロ』は88,000円という高価なドライバーでしたし、『300ccクラス』のヘッド体積でも、すごく大きく見えたものでした。


あの頃、まさか今のようにヘッドが大きくなり過ぎるとは、思ってもみませんでした。


その『カムイ』以外にも『地クラブ』と呼ばれるクラブは、たくさんあります。


共通していえることは、知名度は決して高くなくても、性能はものすごく高い・・・。ということです。


やはり『技術大国ニッポン』が作るクラブは素晴らしいものだと思います。


大手のメーカーで、海外の工場で安く大量生産しているクラブもいいですが、少ない数でもそれをしっかりと丁寧に作っているクラブにはとても大きな魅力を感じます。


作り手の魂がこもっているような気がします。


クラブに『暖かみ』を感じそうです。


そのようなことを、このドライバーを試打していたら考えていました。



10
こうして見ても、やはり『ディープフェース』といえるのかもしれません。


叩いていきたい方には、このような形状のほうが安心できると思いますが、スインガータイプの方には、やや合いづらいのかもしれません。


ドライバーなどのウッドは、アイアンやウェッジなどとは違って、見た目の印象とは違った性能やフィーリングを感じることが時々ありますが、この『DIABLO GT3000 430 ドライバー』は見た目通りの性能だと思いましたし、ごくノーマルなヘッドだと思いました。


変な細工をしている感じは全くしませんでした。


こういった所に『正統派』とか『王道』といった言葉を連想します。


今日初めて出会ったメーカーではありますが、また違ったモデルを試してみたいと思いましたし、『ディアブロ』以外の素晴らしい地クラブメーカーのクラブに出会いたいと思いました。


昨年から、これまで出会ったことのないメーカーのクラブにたくさん触れられるようになってきて、大手メーカー以外のクラブに大いに興味を持ちました。


どちらも性能は申し分なく素晴らしいですが、『地クラブ』は練習場やコースでも、他の人があまり持っていないところにも魅力を感じます。


ついつい同伴競技者や周りの仲間たちと話が弾んでしまいます。


私はいいと思ったクラブはすぐにでも仲間達に知らせたくなるので、今では私の周りもかなり『地クラブユーザー』が増えてきました。


そのツートップは『jBEAM』と『EPON』です。


この2つが『地クラブ』といえるかどうかは解りませんが、少なくとも昨年までは私は手にしたことのないメーカーでした。


それまでは、今ほど『地クラブ』には関心はなかったのですが、一度出会ってしまってから『虜(とりこ)』になってしまい、それ以来ずっと興味を持ち続けています。


やはり興味を持つと、それまで見えなかったものが見えてくるような気がします。


一年前では決して考えられなかったくらい、数多くの新しいメーカーのクラブに出会えるようになってきました。


おかげで、ゴルフがより楽しくなりました。


今日はそんな楽しい気分に浸りながら試打を終えることが出来ました。


これからも大手有名メーカーは勿論、全国的にあまり知られていないようなメーカーのクラブもどんどん出会っていきたいです。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント
        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
とど様。はじめまして
とど様。はじめまして。
この度は私の記事を読んで下さり、またコメントを寄せて下さいまして誠にありがとうございます。

さて、今回のこのドライバーについてですが、そうですか・・・。

『BALDO』と同じメーカーだったのですか・・・。

知りませんでした。
勉強になりました。

私はいつも行き当たりばったりで試打をしているので、自分の勉強不足をいつも痛感しています。

私の知識不足を補って頂きまして、ありがとうございました。


これからもお時間のありますときは、また私の記事にお付き合い頂けると大変ありがたく思います。

それでは失礼致します。
左右の打ち分けも人それぞれ、個性があってもいいのかもしれませんね
WATANABE様。こんばんは。
いつもコメントを寄せて下さいまして誠にありがとうございます。

今回のこのドライバーはバルドと同じ会社だったのですか・・・。
ありがとうございました。
勉強になりました。


さて、今回頂いたご質問についてですが、私の場合も至って普通すぎるお答えになるような気がします。


普通に構えて、ボールを中心にドロー系で打ちたい時は、フェースの向きを変えずにそのまま少し右向きに回って『ライン』を作り、そのラインに沿って振るようにしています。

こうすると自然と、ボールは右足寄りに入ってくると思いますし、フェースも被ってきますね。

その状態で、あとはラインに沿って振り切るだけです。

スライスはその逆です。


そこで私が大切に思っているのは、ラインを決めたら決して『小手先で操作しない』ということです。

せっかく上手くセットアップ出来て、テークバックが取れても、スイング中に小手先で操作してしまうと全てが台無しですね。

なので私はスイング中、肩から先の意識はなるべく捨てるようにしています。


私の場合はパッティングや、かなり極端な『バナナスライス』を打つとき以外は、全て若干『クローズスタンス』にしています。

少し右足を引いて構えています。

このスタンスでフックは勿論、普通のスライスも打ちます。


私はスタンスのラインは『ボールの方向性』という点では、それほど重要視していなくて(勿論本当はとても大切なことなのですが)、それよりも『両肩のライン』と『目線』を重要視しています。

ルーティンの時、ボールの後ろに立って、打ち出し方向を決め、大方のラインを作りアドレスした時に、より精密な色濃いラインを頭に描き、ワッグルをしながらそのラインを色濃くそして太くしていきます。

そうして出来たラインと両肩のラインが平行になるように一球一球心掛けています。

こういったショットを毎回毎回行っているので、慣れないうちは50球くらい打ったところで、頭がとても疲れていました。

今ではすっかり慣れたので、そんな疲れは感じないですが、最初のうちはかなり大変でした。

しかし、これが実戦でもすごく役に立つので、ずっと続けていきました。



あと時々意識するのは、『フェースを被せる』とか『フェースを開く』というよりは、フックを打ちたいときは『ロフトを立てる』。

スライスを打ちたいときは、『ロフトを寝かせる』

というイメージを持つこともあります。


『フェースを被せる』とか『フェースを開く』という言葉のイメージでは、あまり上手く打てないときがあるので、そういった時は私はこのイメージを使うようにしています。

言葉によるイメージの捉え方は人それぞれの感性によるものが大きいと思うので、ご自分のフィーリングに合った言葉を探してみられることもいいことなのかもしれませんね。


そして何よりも大切なのが、自分がこれからどのような軌道のボールを打ちたいか・・・?ということを明確に頭に描いていけるか?ということだと思います。


そのイメージを強く持つと、どのようにセットアップしたらいいかは、その頭の中のイメージが教えてくれるような気がします。

これは長い間、球を打ち続けてきて強く感じるところです。


○○しちゃダメだ・・・。などとネガティブな言葉は一切頭の中には入れず、○○していこう・・・。とポジティブな言葉だけを頭の中に並べるようにしています。


左右の打ち分けは、私の場合はとてもシンプルな方法ですし、私の師匠であるレッスンプロの教えをそのまま続けています。

まだキャリアが浅い頃から、とにかく球を曲げろ・・・。と教わってきたので、今でもその名残があるのかもしれません。

結果、真っ直ぐ打てるようにもなったような気がします。

ただ、その師匠からは真っ直ぐ打つように・・・。とは、なかなか言われなかったような気がします。


とにかく曲がってもいいから最後まで振り切ることを何度も言われ、当てに行っては絶対ダメだ・・・。と言われていました。


私はゴルフに限らず、どんなことでもなるべくシンプルに考えていきたいので、今でもこの単純な方法を採用しています。


しかし、最近はこの方法がだんだん通用しなくなってきています。

それはクラブの変化によるものです。

そのクラブとは、極端に左を向いた『フックフェースドライバー』であったり、『ラージサイズで直進性の強すぎるドライバー』などです。


それらのクラブを構えて、何とかラインを出せたとしても、そのままの方向に飛びだして戻ってくることはなかったり、『フックフェースドライバー』は最初から左へ飛び出していってそのまま・・・・。ということも多いです。

どうやってもスライスを打つことができないドライバーにも出会ってきました。


これまで多くのクラブに出会ってきて、やはりこのようなクラブはとても難しいクラブだと思います。

こちらの意志が伝わりづらいクラブは、やはり難しいですし、使っていて怖い気がします。


そういったクラブで敢えて曲げようとすると、かなり極端なことをしないといけなくスイングを崩しやすくなるので、あまり球数を多く打つことなく試打クラブを返却するようにしています。


コースや練習場でよく感じるのですが、やはり今は『操作性』よりも『直進性』が求められているのだと思います。


左右に打ち分けるコツは『人それぞれ』だと思いますし、ゴルフ雑誌などにも色々と書かれていると思います。

そういった記事を参考にされるのもいいのではないでしょうか?


とにかく色々と試してみて、どれが自分に合っているのだろうか・・・?と探してみられるのが大切なのかもしれませんね。


ちなみに私の友人はフックを打つ時は、実際のボールの一個分右に『仮想ボール』をイメージして、それを打つようにしています。

スライスは逆に、実際のボールの一個分左に『仮想ボール』をイメージして打つようにしています。

いつも感心するのですが、彼の左右の打ち分けはとても見事です。

見ていて惚れ惚れします。

彼は私よりもさらにシンプルな考えですが、その『仮想ボール』をイメージするだけで、自然とセットアップも決まってきますし、結果的にとてもしっかりとした球筋を描いているので、彼にはそのイメージが一番合っているのだと思います。


このように左右に打ち分けることについても、人それぞれだとは思いますが、WATANABE様も色々な方法を試され、ご自身に合ったベストな方法を体全体が覚え込むまで繰り返し練習されるのがベストなのではないでしょうか?

頂いたコメントには、WATANABE様の打ち分け方法が書かれてありましたが、私はとても素晴らしい方法だと思っています。

ただ、今ひとつ精度が出せないようならば、他に何かを足してみることが必要なのかもしれませんね。


私はいつも自分に言い聞かせているのですが、それは決して『頭でっかち』にならないように・・・。ということです。

頭で考えていることと、実際のスイングは大きくかけ離れていることも、ゴルフの場合は多いですね。

反復練習を繰り返し繰り返し行い、体に染みこませていきながら、自分のフィーリングを大切にするように心掛けています。


ただ、そのせっかくのいいフィーリングも、一晩寝てしまうと消えてしまっていることも多いですね。

そこがまたゴルフの難しいところなのかもしれませんね。

やはり毎日の継続的な練習で、少しずつ体に覚え込ませていくしかないのかもしれません。


以上が私の考えなのですが、お力になれましたでしょうか?

長々と書いてしまい、申し訳ありません。


これからもよろしくお付き合い下さいませ。


それでは失礼致します。
No title
golfdaisuki様、こんばんは。

ご返事いただきまして有難うございます。

本当に実直な方と改めて感じました。
その実直なことが全ての基本になっているのですね。

やはりゴルフは人間性が大きく影響するものと改めて思い知らされました。

中途半端な思いで球を曲げているために思うようにいかないのかも知れません。

本当に勉強になりました。

以前からお聞きしたかったのですが、悩みが吹っ切れたようです。

まだまだ気候も不安定ですのでくれぐれも体調を崩さぬようご留意下さいませ。

それでは失礼致します。
これから楽しいゴルフシーズンが始まりますね
WATANABE様。こんばんは。

この度は私の人間性についてお褒め頂いていますが、そんな大した人間ではありません。

ただゴルフが好きなだけで、何の取り柄もございません。

それをこのようにお褒め頂くと、とても恥ずかしくなってしまいます。


それと私の健康にまでお気遣い下さいましてありがとうございます。

WATANABE様こそ、お身体には充分お気を付け下さいませ。


そしてこれからも健康でいながらゴルフをエンジョイしてまいりましょう!

それでは失礼致します。
表示について
●大変楽しく読まさせて頂いております。
そこで注文と言っては何なんですが・・・。
●文字レイアウトが読みにくいんです。スンマセン。
文章の間隔があきすぎていて~つまり、
送りの部分が多すぎて、最後まで行くのにマウスを動かす右手がチト疲れてしまって、トバシ読みの状態で、
読んでない部分が結構あります。
●・・・んで、もう少し段変えを少なくして・・・1行の文字数は現行の倍?くらいにして頂けると有り難いしもっと読みやすくなると思うんですが・・・いかがでしょうか?
●細かく分析されていて、ユーザーにも大変わかりやすい文章なので、レポートは大いに参考にさせて貰ってます。
●他の方々のご意見も参考になさって下さい。
あくまでオッサンの独り言でした・・・


An様。初めまして
An様。初めまして。golfdaisukiと申します。
この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せて下さいまして誠にありがとうございます。


さて、今回は行間などについてのご要望を頂いており、読みづらい記事になってしまい申し訳ございませんでした。

行間や文字数なども、この『ゴルフクラブ試打日記』というブログを書き始めの頃は、もっと行間を空けて欲しい・・・。とか、文字数を少なくしたほうが目で追いやすいので、読みやすい・・・。とのコメントを頂いたことがあり、色々と試行錯誤してみた結果、今の状態になったという経緯があります。

そのコメントを寄せて下さった方にご意見を伺いましても、今の状態がちょうどいい・・・。ということでしたので、今の状態のまま記事を更新しています。


また、記事を書き終えた後、私は誤字などがないか、一応読み返してみるのですが、今の状態に慣れているせいか、今のままが私にとっても一番目で追いやすいと感じております。


『右手が疲れる』とのことですが、そういったご意見は初めてで、少し驚いております。

これまで記事を書いたり、読み返してみたりしても、私は右手が疲れて苦痛に感じたことがないので、An様の状況が今一つ呑み込めません。


おそらく使っておられるとは思いますが、マウス中央の『スクロールボタン』を使っておられたら、右手が疲れるということにはなりにくいと思うのですが・・・。


行間の空きすぎもそうですし、私の記事が長すぎるのかもしれないですね。

試打をして、私が感じたことをそのままストレートにいつも書かせていただいているので、ついつい長文になってしまっていることをお許しくださいませ。


今後、記事を書いていくうえで、色々と調整できれば調整してみたいとは思いますが、An様のご要望に100%お応えすることは現段階では、ひょっとしたら難しいと言わざるを得ないのかもしれません。

しかし、できるだけ読みやすい文章にしていきたいと思っております。


他の方が書いておられるブログを拝見して、もっと勉強すればいいのですが、私は全くといっていいほど目にしたことがないので、日頃の勉強不足は否めません。


今回は、大変貴重なご意見を寄せて下さいまして、どうもありがとうございました。

今後の記事の作成について、是非参考にさせていただきたいと思います。

これからもお時間がございましたら、また、このような記事でよろしければ私の記事にお付き合いいただけるとありがたく思います。


それでは失礼いたします。