ホンマ T//WORLD GS ユーティリティ - ゴルフクラブ試打日記

RIZAP GOLF 安心の30日間全額返金保証
有賀園ゴルフ OUTLET 激安ゴルフクラブ 一覧

Post

      
2021年04月29日
  

ホンマ T//WORLD GS ユーティリティ

                 



ホンマ T//WORLD GS ユーティリティ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブホンマ T//WORLD GS ユーティリティ の4番 です。



SPEEDTUNED 48 シャフト
シャフトは SPEEDTUNED 48 です。

ロフトは21度、クラブ長さは40インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は55.5g、トルクは3.7、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は337.5g です。



正面
ホンマ T//WORLD GSシリーズのユーティリティです。

以前ドライバーFWを試打して、とてもいい印象をもっているので、ユーティリティも試打してみたいと思っていました。

ドライバーやFWと大きさが違うだけで、瓜二つのデザインになっていて、ブランドとしての統一感があるのがいいです。



GAIN SPEED TECHNOLOGY
トゥ寄りには『GAIN SPEED TECHNOLOGY』の文字があり、ドライバーやFWにも見られました。

他のメーカーには無い、ホンマ独自の技術なのでしょうか?



側面
ソールもそうですが、ヘッド全体に丸みがあって、滑らかな印象を与えてくれます。

『角張った』とか、『直線』『平ら』をイメージさせる形状ではありません。

大きさは標準的です。



ソールの溝
ソールには大きな溝があり、ドライバーやFWと共通しています。

ドライバーはヘッドが大きいので、設計自由度が高く、大丈夫だと思いますが、ドライバーほど大きくできないユーティリティで、このような溝にするということは、メーカーの深い計算があるのだと思います。

強度的に大丈夫でしょうか?



HONAGOLF T//WORLD GS ユーティリティ 溝の深さ
深さもたっぷりあります。

以前はよく見かけましたが、最近は浅いタイプが多いですし、そもそも溝のないクラブのほうが多くなりました。



ネック長さ
ネックの長さはじゅうぶんあります。

アイアン好きの私は、上から打ち込めそうな感じがするので好感が持てますが、横からはらうレベルブローのイメージを持ちたい方は長すぎる印象をもたれるかもしれません。



フェース面のデザイン
フェース面はシンプルで綺麗です。

さすがホンマです。



HONMAロゴ
トゥ側にはHONMAのロゴもあります。



ノーマルシャロー
シャロー感はありますが、薄すぎず標準的な形状です。

ドライバーのように、ヘッドを大きくできないユーティリティはシャローにするにも限度があるように思います。



装着されているグリップ
装着されているグリップは、しっかりしたタイプで、これまでも出会ってきました。

今回のGSは皆、このグリップで統一されているようです。

ソフトなタイプではありませんが、特に不満はありません。



顔
大きさは標準的ですが、あまり好みの顔ではありません。

『逆くの字』といいますか、フェースがかなり被っているように見えます。

しかし、このような顔も初めてではないので、普通に対処できそうです。



振り感
素振りをしてみた感じはまずまずです。

フレックスがSということですが、硬いという印象は無く、よくしなります。

何度か素振りをしてタイミングを合わせました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、やはりフェースが左を向いているように見えたので、少し右を向いて回してみる感じで構えました。

あとはノーマルな顔で、特に気になるところはありません。

フェース面がよく見え、ボールもあがりやすそうです。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は好感が持てました。

硬くなく、ソフトなフィーリングですが、球の質感をはっきりと感じ取ることができましたし、球離れが速いです。



トゥ側
球はあがりやすいですが、今のユーティリティの中では普通といっていいように思います。

特別球があがりやすくなるような工夫は感じませんでしたが、使えるゴルファーの幅は広いような気がしました。

ヒッターだけでなく、スインガーの方にも易しいクラブといえるのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』はなかなかいい感じで、この大きさのユーティリティにしては、寛容さがあるといいますか、右には行きにくいクラブです。

フッカーの私には使いづらいところがあったのですが、スライサーの方にはとても親しみやすいクラブだと思います。

スイートエリアの広さは、今のユーティリティの中でも標準的です。



飛距離性能
『飛距離性能』は高く、今のユーティリティの中でもハイレベルなほうにあると思います。

弾きの良さとつかまりの良さ、そして弾道の高さで飛ばしていけるユーティリティです。

右に滑っていく感じはしないので、こすり球が出にくいところも、このクラブの特長といえます。



操作性
『操作性』という点では、圧倒的に左へ行きやすく、なかなか右に曲がる球が打てませんでした。

かなりオープンに構えて、思いっきりカットに打ったら、少し右に曲げられましたが、かなり難しい感じがしました。

構えたときから、とにかく左に巻いてしまうようなイメージしか出てこなかったので、その逆球を打つのがとても難しかったです。



試打後の感想


ヒール側
私には合いづらいところもありましたが、メーカーが最初からスライサーの方を対象に開発したのかもしれません。



HONAGOLF T//WORLD GS ユーティリティ
もちろん今もフック系のクラブは多いですが、ここまではっきりしたのが最近では珍しいような気がします。



HONAGOLF T//WORLD GS ユーティリティ
初速だけでなく、球のつかまりの良さで飛ばしていくのが、今のトレンドなのかもしれません。

それくらい、スライサーの方がまだ多いということなのでしょうか?



HONAGOLF T//WORLD GS ユーティリティ
クセのあるクラブではありますが、そのクセがあることで、多くの支持を集めることもあると思います。

球がどうしても右に曲がってしまう方。

それでもボールをつかまえて飛ばしていきたい方には、魅力的なユーティリティといえるのではないでしょうか?



HONAGOLF T//WORLD GS ユーティリティ
私には難しいクラブですが、これからもホンマのクラブには注目していきたいです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        
                         

コメント

非公開コメント