テーラーメイド SIM2 MAX アイアン - ゴルフクラブ試打日記


Post

      
2021年04月21日
  

テーラーメイド SIM2 MAX アイアン

                 

テーラーメイド SIM2 MAX アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブテーラーメイド SIM2 MAX アイアン の7番です。



20210421163552
シャフトは TENSEI BLUE TM60 です。

ロフトは28.5度、クラブ長さは37.25インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は54g、トルクは3.1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は369g です。



正面
テーラーメイドのニューアイアンです。

テーラーメイドらしい、ステンレス色の強い、メカニカルなアイアンです。

先日、『OS』というアイアンを試打しましたが、姉妹モデルであることは明らかです。



側面
結構大きめのヘッドです。

OSがオーバーサイズで、こちらがノーマルサイズということでいいと思うのですが、大きさも充分あり、セミラージサイズといっていいように思います。

ステンレス系で、いろいろなパーツが組み合わさったアイアンを好まれる方には、とても魅力的なデザインといえるのではないでしょうか?



彫りの深さ
彫りの深さもたっぷりあって、フルキャビティに後からパーツを付け足したように見えます。

そういえば、最近はポケキャビをあまり見なくなりました。

ただ、こういったことは流行のようなもので、いずれまた見られるようになると思います。



トップライン
トップラインは厚めです。



ソール幅
ソール幅は、やや広めではありますが、極端な広さではありません。



ネック長さ
ネックの長さも今のアイアンの中でも標準的です。

こうして見ると、極端な低重心にはしていないのかもしれません。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありません。

ごく普通の『貼り付け感』のあるフェース面です。

ただ、以前のモデルよりもフェース面の質感が良くなったような気がします。

テーラーメイドのアイアンは、フェース面に好感が持てないことが多かったのですが、このアイアンはなかなかいい感じです。



装着されているグリップ
装着されているグリップはソフトなフィーリングで好感が持てます。



振り感
かなり軽量感がありますが、こういうクラブこそ手先で振らずに、体全体を使って振るように心がけています。

手先で振ってしまうと、大きなミスを誘発してしまうので、ゆっくり振ってタイミングを整えました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じでした。

もっとクセがあって、きつい感じだろうと思っていたのですが違いました。

グースが利いていますが、強すぎません。

トップラインも厚いですが、イメージがボヤけるほどではありません。

グースタイプではありますが、ヒール周りがボテッとしていないのがいいです。

これまでのモデルは、ここがボテッとしているものが多かったので、かなり良くなったように感じました。

見とれてしまうということはないものの、苦手意識が芽生えることはありませんでした。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、まずまずです。

こういうタイプに多い『球離れ』が速いタイプで、まったり感はありません。

この球離れの速さも、メーカーが狙っているのではないでしょうか?

私はアイアンには、『乗っかり感』を求めたくなるのですが、このアイアンは全く違うタイプです。

しかし、これまでたくさん試打してきた同様のアイアンのフィーリングよりは好感が持てました。

球離れが速いのですが、大味な感じはしません。

私がアイアンに求めたい打感ではないものの、こういう打感もアリなのだと思います。



トゥ側
球はよくあがってくれ、イージーです。

弾道も高く、スインガー向けのアイアンといっていいと思います。

構えたときにイメージする『出球の高さ』と、『実際の弾道』が大きく違いますが、今はこのようなアイアンが大半です。

もっと低めの弾道をイメージしていたのですが、実際はとても高く、浮かせることが容易です。

『ノーマルロフト』のアイアンは、ボールがフェース面を駆け上がるイメージで『食いつかせながら』めくれるように高さを出すイメージですが、このようなアイアンは全く違っていて、球離れの速さと重心の低さで高さを出していく感じでしょうか?

私はなかなかイメージが合いませんが、このようなアイアンを使い込んでおられる方には、とても親しみやすい性能だと思います。



バックフェース
『安定性』はかなり高く、シビアさは全く感じません。

完全にオートマチック系のアイアンです。

フェース面の大部分がスイートエリアではないか?と思えるほど、打点のブレには寛容さをもっています。

ミスヒットしてもフェースがブレにくく、方向性が乱れません。

この大らかさは多くのゴルファーの支持を集めるのではないでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていますが、今のディスタンス系アイアンでは普通で、特に珍しい感じはしません。

優しく、なでるように飛ばしていけるアイアン・・・。といいますか、ゆっくり振って距離を出していけるアイアンです。

弾道の高さとフェースの弾きで飛ばしていけます。



操作性
『操作性』はまずまずです。

オートマ性のほうが勝ってしまいますが、左右に曲げることもできました。

マッスルバックやハーフキャビティのような敏感さはありませんが、そこがまたいいのかもしれません。



試打後の感想


ヒール側
外観は、これまでのテーラーアイアンですが、構え感や打感などが良くなっていると感じました。



TaylorMade SIM2 MAX アイアン
テーラーメイドはフィーリングよりも、機能性を重視するメーカーという印象をもっていますが、フィーリングにも力を入れだしたのでしょうか?


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        
                         

コメント

非公開コメント