grindworks Pro Preference GW400 Driver - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2020年06月13日
  

grindworks Pro Preference GW400 Driver

                 

grindworks Pro Preference GW400 Driver
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
grindworks Pro Preference GW400 Driver です。



Fire Express RB
シャフトは Fire Express RB です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスは6S、シャフト重量は65g、トルクは3.4 です。



正面
久しぶりに出会った、grindworksのドライバーです。

久しぶりとはいっても、正確には2回目で、まだまだ接する機会が多くないのが残念です。

前に試打したドライバーにはいい印象をもっているので、今日再び出会うことができて、とても嬉しくてテンションが一気にあがりました。



Pro Preference
他のメーカーでは『溝』がある、この位置に『Pro Preference』とあったので、プロ支給モデルなのかと思いました。



独特なソールデザイン 3つのウェイト
ソールには3つのウェイトがあります。

この位置にあるのは珍しいように思いますが、これも重心など細かく計算されてのことでしょうか?

3つのウェイトを全て外せば、この蓋のようなものがパカッと外れそうな気もするのですが、実際はどうなのか分かりません。

この蓋のようなものを外して、中にウェイトなどが入っていれば面白いな・・・。と思ったのですが、実際は見ることができません。



側面
ヘッド全体が黒で、シブくてカッコいいです。

シャロー系が多い中、このドライバーは適度に厚みもあります。

すごくディープという印象はありませんが、シャロー系が多い今ではディープなほうです。

ディープ系を好む私は好感が持てましたし、ヘッド全体が黒なので、さらに興味が湧きました。



ヒール側にある、調整機能の為のようなもの
ヒール側には、ネック調整の為の穴を塞いだようなものが見られます。

これを外せば、シャフト交換などが簡単に行えるのかな?

それとも、最初は調整システムを搭載する設計だったけど、途中でできなくなり、このように塞いだような形になっているかな?

どうしてだろう?と思っていたのですが、ちょうど私の打席の近くに店員さんが来たので尋ねてみたら、『スルーボア設計』になっているということでした。

スルーボアといえば、真っ先にキャロウェイを思い浮かべますが、最近ではテーラーメイドのウェッジでも見られるようになりました。

私はスルーボアの合理性を、まだ理解できていないのですが、それだけの利点があるということなのだと思います。

スルーボアのイメージといえば、あくまでも私の中では『重心を低くする』ということと、『先を硬くしてしなりを抑える』というのがあるのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

これからは、スルーボアを採用するメーカーが出てくるかもしれません。

これは『新たな技術』というよりは、『昔からある技術の使い回し』といった印象を受けます。

昔からある技術と、最新の技術を組み合わせることで、また新たなものが生み出されていくのかもしれません。

まさに『温故知新』といったところでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さは適度にあります。

昔から見慣れた長さです。

今はショートネックでシャロー感が強く、『円盤』のようなドライバーが多いですが、このように適度なネック長さがあって、厚みもあるので、叩けそうで頼もしく見えてきます。



セミディープ形状
セミディープ形状といっていいでしょうか?

シャローバックタイプが圧倒的に多いですが、このような厚みのあるタイプは昔からありますし、今は少しずつ増えてきたように思います。

シャロー系に物足りなさを感じておられる方には、好感が持てる形状といえるのではないでしょうか?

あくまでも『私の中で』ですが、ディープバックタイプだと、フェースの中心とバックフェースの中心が平行に近く、ヘッドを真っ直ぐか、やや『アッパーめ』に振り抜いていくイメージが出せます。

もちろん『ダウン気味』に打とうと思えば、そのイメージも『厚み』があるので出せます。

対してシャローバックがきつく、薄い円盤のようなドライバーだと、どうしてもお尻(バックフェース側)が垂れ下がってしまい、フェースが上を向いてしまうようなイメージをもってしまいます。

それでロフトが寝ていて、フェースが被っていたら、もうどうすることもできません。

完全に『お手上げ状態』となってしまいます。

もちろん、今は様々な研究が進んでいて、シャローだからといって、必ずしもそうならないように『重心調整』や『重量配分』などがされていますが、外見的なイメージとしては、シャローすぎると『フェースコントロール』が難しくなる印象があります。

それは高いオートマチック性につながっていくともいえるのですが、逆にいえば『融通が利かない』ということにもつながります。

シャロータイプ(シャローバック)だとディープフェースであっても、『フェースの高低』を使いづらいことが多いですが、ディープタイプだと、それが易しくできるという利点もあるので、長所は短所の裏返しであり、その『逆もまた真なり』なのだと思います。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインはシンプルで美しいです。

ヒッティングポイントにスコアラインが無いタイプなので、ギリギリまでフェースを薄くしながらも、強度を保つために、このようにしているのではないかな?と思いました。

フェース面がチープでなく、丁寧に仕上げられていて高級感があるのも魅力です。

飛距離や安定性などの『物理的性能』とは直接関係ないかもしれませんが、やはり『見た目の美しさ』というのはとても大切です。

打つ前に『やる気』がプラスになるか、マイナスになるかでは、大きな違いが出てきます。

今日はやる気がどんどんプラスされていきました。

実際に球を打つまでの、楽しくてワクワクする時間でもあります。



顔
昔からある、シンプルでオーソドックスな顔をしています。

今は投影面積が大きくて平べったい印象が強いドライバーが多いですが、このドライバーの顔はキュッとしていて、立体感もあります。

こういった顔は昔から好きですし、私以外にも好まれる方は多いのではないでしょうか?

ただ、フェースが左を向いているように見えました。

これくらいであれば、今は普通といえるほどのフェースアングルなのですが、『フックフェース』には苦手意識があるせいか、ちょっと目立って見えました。

しかし、これくらいであれば全く気にならない・・・。という方のほうが多いような気がします。

超シャローで円盤のような形状で慣性モーメントが高く、このようなフックフェースのドライバーだと、もうどうにもできないこともありますが、幸い、このドライバーは適度な厚みもありますし、それほど『大顔感』は強くないので、フックフェースが苦手な私でも何とかなるかな・・・。というところがありました。

そして何より、これまでたくさん同じような形状のドライバーを試打してきているので、その経験を活かしていこうと思いました。



振り感
素振りをしてみると、いい感じです。

私の好きなファイヤーエクスプレスが挿してあるというだけでも好感度があがるのに、この美しいドライバーとのコラボということで、気持ちも乗ってきました。

全体的に『しなやか』でありながら、しっかりとした『骨』のあるシャフトという印象です。

タフさは感じないですが、頼りないこともなく、しっかりと振っていくことができました。

走りの良い印象をもちました。



構え感
オーソドックスな顔なのですが、やはりフェースが被っているように見えて、ちょっとだけ構えづらい感じがしました。

つかまえ系の顔を好まれる方は、かなり好印象なのではないでしょうか?

フックフェースに見えましたが、これくらいはたくさん経験しているので、特に大きな苦手意識はありませんでした。

フェースの被りがきついと、右を向いてそこから回して打ちたくなることもあるのですが、今日はそこまでではなく、いつも通りのスタンスの向きで打っていけそうです。

黒という収縮色なので、このフェースの被りが目立たなくていいのかな・・・。と思いました。

これがもし、『黄色』であったら、かなり構えづらくなってしまうかもしれないな・・・。などと思いました。

適度に小ぶりで、ロフト角が10.5度でありながら、『ライナー系』をイメージしやすいのが、すごくいいです。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はマイルドな感じで好感が持てました。

しっかりとした手応えがあるものの、堅い打感ではなく、手に嫌な衝撃も残りません。

ヘッドの質感に合う打感で、『フィーリングの一致』があります。



打球音
『音』は控えめで、かなりいいです。

インパクトが緩むこともなく、気持ちよく振っていけました。

10年以上前、異型ドライバーが登場したときに、その独特な形と共に、音も『異音』を発するようになってきました。

今ではそのような異音を発するドライバーは少なくなりましたが、完全に無くなったわけではありません。

見た目はいいのに、音が馴染めないな・・・。というドライバーは今でもありますが、このドライバーは好感が持てました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点ではライナー系で、明らかにヒッター向けのドライバーです。

今はスインガータイプ・ヒッタータイプ『共用の』ドライバーが多くなりましたが、このドライバーは明らかにヒッタータイプのゴルファーを対象に作られています。

ロフトが10.5度ということもあり、打ち出しはやや高いですが、そこから『高~く』あがっていくのではなく、力強いライナー系で飛んでいきました。

イメージでいえば、横から見たときに、卓球あるいはテニスの『ドライブ』をかけている感じ・・・。といったらいいでしょうか?

高~い『ロビング系』の弾道ではなく、『ドライブ』の掛かったような弾道です。

しっかりと『押していける弾道』といっていいかもしれません。

10度以上だと『高弾道』の印象が強くなりますが、このドライバーは『中弾道』といった感じで、必要以上に上がりすぎないところがいいです。

低スピン性能が高く、叩いても吹き上がりにくいのがいいです。

私はこのような『叩ける』ドライバーが好きですが、人によっては球がドロップする・浮きづらいと感じられるかもしれません。



バックフェース
『安定性』は普通だな・・・。と思いましたが、今の高安定性ドライバーと比べると、正直なところはあるかもしれません。

『曲がりにくさ』で勝負しているドライバーではないですが、球のつかまりは比較的いいほうなので、好感を持たれる方も多いのではないでしょうか?

コンパクトなヘッドの割には、スイートエリアもそれなりにあって、シビアさは感じませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』という点では低スピン性能もあり、高いポテンシャルを感じましたが、人によってはっきりと好みが分かれると思います。

幅広い層にターゲットを広げている『オートマチックタイプの飛距離性能』ではなく、ヒッターに絞り込んでいる『マニュアルタイプの飛距離性能』といったほうがいいかもしれません。

使い手を選ぶところもあると思いますが、これこそが『地クラブメーカーの醍醐味のひとつ』といえるのではないでしょうか?

ターゲットを絞り込んでいるからこそ、そのターゲットに当てはまる方にとっては、頼もしい相棒へと進化してくれます。

叩きに行ってもスピンを抑え込めるタイプなので、強い弾道で勝負できます。

今は低スピン性能をもったドライバーがたくさんありますが、その中でも、このドライバーの低スピン性能はトップクラスにあるように思います。



操作性
『操作性』という点では、マニュアルタイプとオートマタイプの、ちょうど中間にあるように感じられました。

球のつかまりは悪くないですが、構えたときの印象よりも左につかまりすぎないのがいいです。

右にも曲げることはできましたが、操作するタイプではないような気がします。

球を曲げようと細工をしすぎて、変なところでヒットすると、球が『ドロップ気味』になることがあったので、『低スピン系ドライバー』の特徴を見たような気がします。

球のつかまりは悪くないですが、スライスを抑制・撲滅してくれるタイプのドライバーではないので、日頃からスライスに悩んでおられる方が、クラブ(ドライバー)によってスライスを抑えていきたい・・・。という目的では使いづらいかもしれません。



試打後の感想


ヒール側
見た目ハードそうに見えても、実はそれほどでもない・・・。というドライバーが今は増えてきました。

いい意味での『見た目とのギャップ』のあるものが多くなりました。

そういった意味では、このドライバーは『見た目通りの性能』をもったドライバーです。

最近では少なくなった、硬派で骨太なタイプのドライバーといっていいかもしれません。



グラインドワークス プロ パフォーマンス GW400 Driver
ヘッド全体の質感が良いのも印象に残りました。

チープさが全くなく、高級感があります。




10.5度で、これだけしっかりしているのだから、9.5度を試すとどうなるのかな・・・。と興味が湧きました。

一時期『低スピン性能』ドライバーが流行り、それは欧米メーカーから来たものですが、私たち日本人には合いづらいところもあり、時間が経つにつれ、その低スピン性能が『マイルド化』していきました。

低スピン性能にも『幅』が出てきたのだと思います。

ウェイトを前後左右に移動させて、重心深度や重心距離を調整できるドライバーも登場してきました。

しかし、このドライバーにはそういった工夫が見られません。

『はっきりとした』といいますか、『しっかりとした』低スピン性能があり、ヒッターにターゲットを絞り込んでいるということが試打していて、ひしひしと伝わってきました。



grindworks Pro Preference GW400 Driver
黒という色のイメージに合致した重量感。

今時珍しい硬派なドライバー。

ヘッドがよく利いていました。

ヘッドの質感が良く、フィーリングもいいドライバー。

叩くには打感や音の良し悪しが、より求められますが、それが高い次元で実現できているドライバー。

そんな印象をもちました。



grindworks Pro Preference GW400 Driver
機会があれば、またこのドライバーを試打したいですし、できれば違うロフトでも試してみたいです。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。





                         
        
                         

コメント

非公開コメント
        

ここのクラブはよくできてますね!
ウェッジは距離感ピッタリあうし、打感ももっちりしていていい感じです。
ドライバーも左に行く感じが無くて直進性高いのでぶっ叩けます。アイアンも欲しくなります
初めまして!
m@koto様。初めまして!
golfdaisukiと申します。

この度は、私のブログを読んでいただき、またコメントを寄せていただき、誠にありがとうございます。
そして返信が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

仰るとおり、このメーカーはすごくいいですね。
私も気に入りました。

特にアイアンが印象深く、購買意欲を刺激されています。
このメーカーには期待したいですね。

これからも記事を書いていきたいと思いますので、お時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。
それでは失礼いたします。