ホンマ T//WORLD XP-1 アイアン - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2020年02月06日
  

ホンマ T//WORLD XP-1 アイアン

                 



ホンマ T//WORLD XP-1 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブHONMA T//WORLD XP-1 アイアン の7番 です。



N.S.PRO. Zelos
シャフトは N.S.PRO. Zelos です。

ロフトは28.5度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は79g、トルクは2.4、バランスはD2、キックポイントは先調子、クラブ総重量は397g です。



正面
ホンマXP-1シリーズのアイアンです。

以前、ドライバーを試打したことがあるのですが、今日はアイアンを手にすることができました。

久しぶりのホンマなので、自然と気持ちも盛り上がります。



側面
派手さのない、落ち着いたデザインがカッコいいです。

高級感がありますし、アスリートゴルファーが好みそうなデザインです。

やや大型で、少し膨れた感じがあるので、中空かな?と思いましたが、これまで試打してきた他の中空タイプのアイアンよりは、膨らみが抑えられています。



彫りの深さ
彫りは浅く、ハーフキャビティのようになっていますが、ここの部分を見て、やはり中空なんだな・・・。と思いました。



トップライン
トップラインは、やや厚めですが、極端ではありません。



ホンマらしい美しいバックフェース
このバックフェースを見て、改めて美しいな・・・。と思いました。

ホンマらしい、ハイセンスなデザインです。

色々な工夫がされているように見えますが、ゴチャゴチャしたところはなく、シンプルで好感が持てます。

これなら、フィーリングも濁らないだろうな・・・。と思いました。



ソール幅
ソール幅は、少しワイドに見えましたが、今のアイアンの中では普通といっていいと思います。

中空のような雰囲気がありますが、ソールが広すぎないので、好感が持てました。

これならばダフらずに、いい感じで拾っていけそうに感じました。



ネック長さ
ネックは少し短く見えましたが、今は標準的といっていいと思います。

少しグースが利いているのが分かりますが、これくらいならば、全く問題ないです。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは見られませんでしたが、指で触ってみると、ちょっとザラザラしていました。



振り感
素振りをしてみるとイメージしていたよりも軽くて、ちょっと違和感がありました。

もっとアスリート色が強くて、『振っていける』タイプだと思っていたのですが、違っていました。

見た目とのギャップがあり、そのギャップは『易しさ・ハードルの低さ』へ向かっているようでした。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じでした。

見とれるようなことはなかったのですが、構えやすくて、すぐにアドレスが決まりました。

構えづらいクラブはイメージが出づらくて、なかなかアドレスが決まりませんが、今日はすぐに決まりました。

やや面長でグースの利きとトップラインの厚みが目に入りましたが、違和感や苦手意識が芽生えてしまうことはありませんでした。

私はもう少し小顔で、グースの利きが弱いほうが好きなのですが、この構え感にも特に不満はありません。

淡々と、そして冷静に見つめていました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、なかなかいい感じでした。

中空独特の『ペチャッ』とした打感ではなく、マイルドでやや軽めの打感でした。

『球乗り感』は全くなく、バンと弾く感じのほうが強いです。

いわゆる『球離れ』の速いアイアンです。

パッと見たときは、もっと『くっつき感』を味わえるのかと思っていましたが、実際は違いました。

やはり中空なんだな・・・。と改めて思いました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は普通です。

タフなタイプのアイアンではないですが、かなりロフトが立っていて、少し打ち出しが低く、7番アイアンらしい、『出だしの高さ』は感じませんでした。

アイアンではありますが、どちらかというと『ユーティリティアイアン』に近い感じがしました。

今はアイアンのバリエーションも増えてきています。



バックフェース
『安定性』はなかなかいい感じです。

ハーフキャビティのように見え、とてもカッコいいアイアンですが、気難しさのようなものは全くありませんでした。

ラージサイズらしい『大船感』といったらいいでしょうか?

細かいミスには動じない、大らかさをもっていました。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていて、しかも易しく飛ばしていけるのが、このアイアンの特長だと思います。

今はアイアンのロフトがバラバラになってきて、飛ぶアイアンが多くなりましたが、意外と安定して飛ばしていくのは難しいと感じるアイアンはあります。

それらは構えづらくてイメージが出せない・・・。といった共通の特徴があるのですが、このアイアンはとても構えやすくてイメージもすぐに出せたので、易しく飛ばせたような気がします。

ただ、構えたときは、完全に『7番アイアン』という意識はありませんでした。

今は『番手を感じさせないアイアン』が多くなりました。



操作性
『操作性』は、まずまずで、左右にも曲げることができました。

大顔に見えるタイプは、あまり操作したくないと思うのですが、今日はトライしてみて普通に曲げることができました。

あまり極端にしなくても、左右同じように曲げられました。

大きく曲げるのは難しい感じがしますが、クセが無いので、ドローヒッターの方にもフェードヒッターの方にも合いやすいのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
ホンマらしい落ち着いたデザインが魅力で、打つ前から目で楽しむことができました。



HONMA T//WORLD XP-1 アイアン
今のニーズにバランス良く応えているクラブだな・・・。と思いました。

少し面長で、セミグースタイプで飛距離も出る・・・。



HONMA T//WORLD XP-1 アイアン
しかし、それが極端ではなく、適度な操りやすさや安定性もあって、フィーリングも悪くない・・・。



HONMA T//WORLD XP-1 アイアン
『シンプルさゆえのグッドフィーリング』といったらいいでしょうか?

高い機能性がありながら、それらがフィーリングを邪魔していないのがいいです。



HONMA T//WORLD XP-1 アイアン
これからのホンマに、そしてXP-1シリーズに期待していきたいです。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


                         
        
                         

コメント

非公開コメント