ヤマハ RMX 220 アイアン - ゴルフクラブ試打日記


Post

      
2019年11月27日
  

ヤマハ RMX 220 アイアン

                 
ヤマハ RMX 220 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブヤマハ RMX 220 アイアン の7番です。



N.S.PRO RMX 95
シャフトは N.S.PRO RMX 95 です。

ロフトは29度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は98g、バランスはD1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は406gです。



正面
ヤマハの美しいポケキャビです。

ヤマハのアイアンはフォージドタイプもあれば、このように機能的なタイプのアイアンもあって、その住み分けがしっかりできています。

それぞれクラブの性能などが違いますが、共通していえるのは『見た目が良い』ということです。

美しいクラブが多いです。

打つ前に、まず目で楽しませてくれます。

今日手にしたアイアンも、そんなタイプです。



側面
やや大型ではありますが、それほど極端ではありません。

セミラージといっていいように思います。

見慣れたポケキャビではありますが、すごく丁寧に造られている感じがして、チープさは全く見られません。



トゥ側のパーツ
トゥ側にある、このパーツが目立っていました。

これにはどんな意味があるのでしょうか?

重量調整の為かな?と思いましたが、詳しいことは分かりません。



彫りの深さ
彫りの深さはたっぷりあります。

これまでのモデルと変わらないようです。

何といいますか、この機械的なところに魅力を感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?



トップライン
トップラインは少し厚みがありますが、極端ではありません。



ソール幅
ソール幅はワイドですが、このようなタイプでは普通です。

ワイドソールを好まれる方には、親しみやすいソール幅といえるのではないでしょうか?

アイアンの形状にはあまりこだわらないという方も、ソール幅だけは何故か気になるという方は多いかもしれません。

アイアンの性能における大きな部分を本能的に感じ取っておられるのだと思います。



ソール形状
ソールの形状はフラットというよりは、微妙な丸みがあります。

リーディングエッジもトレーリングエッジも丸みがありますが、極端に大きく削られてはいません。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。

これまでは、こういうタイプのアイアンはショートタイプが多かったように思いますが、このアイアンは適度な長さが維持されています。

太さも極端ではないので、美しいなぁ・・・。と思いながら見ていました。

こうして見ても、グースが利いているのが分かります。

このような大きいタイプのアイアンにグースは必須といえるのかもしれません。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。

光沢感のあるツルツルしたフェース面ではなく、少しザラザラしています。

このフェース面も、これまでたくさん出会ってきました。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、これまで試打したモデルに採用されているものと同じです。

私が好むタイプとはちょっと違うのですが、大きな不満はありません。



振り感
素振りをしてみると、やや軽量感があるものの、頼りない感じはなく、しっかり振っていくことができました。

しっかり振ってタイミングを整えたい私は、いい感じで素振りを繰り返しました。

普段手にしているクラブもそうですが、軽いクラブだからこそ、手だけで振らず、からだ全体で振るよう心がけています。

試打クラブにはカーボンシャフト装着モデルもあったのですが、スチールのほうが私には合いやすいと思い、このアイアンを手にしました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、予想以上にいい顔をしていて構えやすかったので、ちょっと意外でした。

これまでの経験から、もう少しクセのあるタイプだろうと思っていましたが、違いました。

明らかに前のモデルよりも良くなっています。

やや大顔タイプではありますが、違和感や苦手意識なども芽生えませんでした。

何といいますか、気品があります。

グースが利いているタイプではありますが、いい感じでヒール側がギュッと絞り込まれているので、ボテッとした感じがしません。

いつも通り、リラックスして構えることができました。



試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトではなく、ややしっかりとした感じですが、これは最初から予想していました。

心地良い感触が残るということはなかったのですが、大きな不満はありません。

ボールがフェースに乗って、そこからグッと押せるタイプではなく、バーンと強く弾くようなフィーリングです。

いわゆる『球離れ』が速いタイプです。

ドライバーに限らず、アイアンでも球離れの速さが求められる時代になったのかもしれません。

それが飛距離につながっているような気もします。



トゥ側
球はあがりやすくて、イージーです。

見た目通り、かなり親しみやすくなっているアイアンです。

タフさとは全く無縁といっていいように思います。

これだけ重心が低いと、ボールがフェースに触れるだけで自然とあがっていくような感じです。



バックフェース
『安定性』は高く優れています。

シビアさは無く、大らかさをもったアイアンです。

打点がブレてしまう方にも、心強いアイアンといえるのではないでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』も優れていて、易しく飛ばしていけるハイテクアイアンです。

ロフトが立っている『スタンディングロフト』ということもありますし、フェースの弾きもかなりいいので、それが飛距離に直結しているように思います。

球があがりやすくて、安定性が優れていて、尚且つ飛距離も出る・・・。という、今のニーズにピッタリとマッチしたアイアンです。

ロフトが立っていますが、充分すぎるほど球はよくあがりましたし、キャリーもしっかり稼ぐことができました。

しっかり振って『強いインパクト』で飛ばしていくというのではなく、ゆったりとした感じで『優しいインパクト』でボールを遠くに飛ばせるイメージです。



操作性
『操作性』という点では、まずまずでした。

大らかな性格が勝っていて、あまり細工をするタイプではないと思うのですが、マッスルバックやハーフキャビティのように大きくではないですが、左右にも曲げることができました。

構えやすくて違和感がほとんど無かったからなのかもしれません。

左右どちらかにクセが偏っているというよりは、ほぼ『中立的』な印象をもちました。

ただ、やはりこのようなアイアンは細工をするというよりは、『大らかさ』を活かしていったほうが自然な感じがします。

私はどちらかというと細工をしたいタイプなので、このようなアイアンは少し退屈に感じることもあるのですが、大らかさを求める方には、かなり親近感を持たれやすいのではないでしょうか?



ヒール側
予想していたよりも構えやすかったのが、強く印象に残りました。

これまでのモデルとあまり変わらないだろうと思っていたのですが、違いました。

これはいい意味での『意外』です。



YAMAHA RMX 220 アイアン
打感は『乗っかる』タイプではなく、『弾く』タイプですが、このようなアイアンではそれが当たり前といっていいのかもしれません。

バーンと弾く感じがするのですが、硬すぎないのがいいです。



YAMAHA RMX 220 アイアン
ヤマハらしく、丁寧で美しい仕上がりになっているのがさすがです。

ヤマハのアイアンには昔からいい印象をもっているのですが、それが今でも続いています。

違うメーカーのこのようなタイプのアイアンでは、仕上げが雑であったり、くすんで見えたりすることもあったのですが、このアイアンは違います。

見ていて楽しいですし、所有感を満たしてくれるアイアンです。



YAMAHA RMX 220 アイアン
『易しさ』と『飛距離』も優れているので、今の『トレンド』に充分乗っています。

なので、このようなアイアンのことを『トレンディアイアン』といったらいいでしょうか?

そのようなことを考えながら試打を楽しみました。



YAMAHA RMX 220 アイアン
軟鉄アイアンが好きな私は、このようなアイアンを使うことはないのですが、それでもこのアイアンは好感を持ちました。



YAMAHA RMX 220 アイアン
やっぱりヤマハのアイアンはいいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                         
        
AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1 チャップアップ

ツアープロコーチ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム



                         

コメント

非公開コメント
        

いつも楽しく拝見してます。
試打したクラブをどう感じるかは
試打した人のレベルによると思うのですが、
試打日記さんは平均どのくらいのスコアなのでしょうか。
そのクラブがどのくらいのレベルを要求するか
イメージしたいので、
よろしければ教えていただけないでしょうか?
はじめまして!
ゴルフ侍様。はじめまして!ゴルフクラブ試打日記の管理人golfdaisukiと申します。

この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せてくださいまして、まことにありがとうございます。

仰るとおり、試打したクラブをどう感じるかは、試打した人によって様々ですね。

一般論を書くという選択肢もあるとは思いますが、あえて私はそういったことをせず、あくまでも私の率直な感想を書かせていただいております。

なので、私の主観がブログの内容になっています。

私の平均スコアについてお尋ねいただきましたが、私はごく普通のゴルファーです。

特別人より秀でているものは無いですし、優れた感性なども持ち合わせていません。

ただ、キャリアだけは積んできました。
でも、未だに下手なゴルファーです。

ゴルフ侍様が、私がどれくらいのレベルのゴルファーであって、それでどう感じているかによって、そのクラブについてお知りになりたいのだと思います。

それは至極当然のことですし、私が読者であっても、そう思います。

これまでも同様のご質問をいくつか頂いたことがあるのですが、私は想像力を働かせていただきたいと思っております。

私の平均スコアやHDCPを書いて、それを参考にしながら記事を読まれたほうがクラブに対するイメージも明確になってきやすいと思うのですが、私はあえてそうしてきませんでした。

例えば私がスクラッチプレイヤーだったとしたら、それをお知りになって、クラブのことを把握されやすくなることもあると思いますし、例えば私がプラスハンディであったらどうか?とか、逆にハンディが30だったとしたらどうでしょうか?

イメージが湧かず、モヤモヤしたところがあるかもしれません。

ひとつ確実にいえることは、私は下手だということです。

ゴルフは世界一好きなゴルファーだと思いますが、それが腕前と比例していません。

好きと上手が別になっています。

そういったことをヒントに想像しながら私の記事を読んで頂けると嬉しく思います。

あとひとつ、私のクラブセッティングや、好きなクラブの特徴なども、過去の記事に書いていますので、よろしければお読み頂けると幸いです。

https://golfclubtesthitting.com/blog-entry-386.html

https://golfclubtesthitting.com/blog-entry-769.html

この度はせっかくコメントを寄せてくださったのに、明確なお答えができずに申し訳ありません。

これからも記事を書いていきたいと思いますので、お時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。

それでは失礼いたします。