NEXGEN 7 アイアン - ゴルフクラブ試打日記


Post

      
2019年10月06日
  

NEXGEN 7 アイアン

                 
NEXGEN 7 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブNEXGEN 7 アイアン の7番 です。



E.I.F
シャフトは E.I.F です。

ロフトは29度、クラブ長さは37.75インチ、クラブ総重量は360gです。



正面
ネクスジェン7シリーズのアイアンです。


以前、ドライバーとフェアウェイウッドを試打したのですが、今日はアイアンを試打することができました。



側面
巨大なアイアンです。


今はアイアンも大型化が進んでいるように思いますが、このアイアンは『最大級』といっていいほど大きいです。



彫りの深さ
彫りの深さも、かなりあります。



トップライン
トップラインは少しだけ厚めに見えましたが、極端ではありません。



ソール幅
ソール幅は広いですが、これくらいはよく見られますし、今のアイアンでは普通といえるような気もします。


このソールを見ているだけでも、いろいろなことが浮かんでくることがあるのですが、今日は全く浮かびませんでした。


形状や質感などが好みでなかったからかもしれません。


ソールに魅力を感じることはありませんでした。



ソール形状
ソール形状は平らではなく、二分割されているようにリーディングエッジとトレーリングエッジが削られているようです。


この削りにも、『ハンドメイド感』と『マシンメイド感』が感じられるのですが、このアイアンの場合は後者でした。



ネック長さ
ネックは短めで、やや太めです。


ヘッドが大きいので、『頭でっかち』で、寸胴タイプでもあります。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


ちょっと表現が良くないかもしれませんが、あまり丁寧には見えませんでした。


私の好みのフェース面ではないですが、それはあくまでも私の好みであるので、このままのフェース面が好きだという方もたくさんいらっしゃると思います。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはソフトなフィーリングで好感が持てます。



グリップエンド
グリップエンドまでNEXGENのロゴがあるので、NEXGENファンの方はたまらないのではないでしょうか?



構え感
ボールを前にして構えてみると、予想通りの大顔タイプで、かなり面長に見えました。


グースの利きも目立っていて、好みではないですが、ヘッドを大きくしたら、このグースはセットになっているといっていいのかもしれません。


これまで同様のアイアンを試打してきて、そのように感じています。


グースが目立っているので、何となく引っかけそうな予感がしました。


バックフェースの膨らみも、こうして構えていて、目に入りました。




試打を開始しました。

打感
『打感』は好みではありませんでした。


あまり言葉が出てこないといいますか、なるべく触れずにそのまま通り過ぎたいというところです。


ソフトな打感ではなく、ガツーンという感じで楽しめません。


私がアイアンに求めたいフィーリングではないのですが、このフィーリングは昔からありますし、好きだという方もいらっしゃると思います。



あがりやすさ
球はあがりやすいですが、今のアイアンの中では普通といったらところでしょうか?



飛距離性能
飛距離性能は、かなり優れています。


自分で打っておきながら、「オイオイどこまで飛んでいくんだよ・・・。」と言ってしまいました。


弾き感があり、弾道も力強いです。


この飛距離性能が、このアイアンの最大の長所ではないでしょうか?



『安定性』という点でも高く、完全なオートマ系のアイアンです。


シビアさは全くありません。



操作性
『操作性』という点では、それほど秀でていません。


なかなか思うようにはいきませんでした。


全体的に私には合いづらいアイアンですが、あくまでも私がこのアイアンを打ちこなせていないというだけであって、このアイアンが優れていないとは思わないですし、すごく気に入る方も多くいらっしゃると思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                         
        
AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1 チャップアップ

ツアープロコーチ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム



                         

コメント

非公開コメント