キャロウェイ APEX PRO アイアン - ゴルフクラブ試打日記

Post

      
2019年03月06日
  

キャロウェイ APEX PRO アイアン

                 
キャロウェイ APEX PRO アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ APEX PRO アイアン の7番 です。



N.S.PRO MODUS3 TOUR120
シャフトは N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 です。

ロフトは33度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS です。



正面
キャロウェイAPEXシリーズの新しいアイアンです。


先日APEXを試打しましたが、今日はその姉妹モデルです。



側面
形状的にはノーマルなフルキャビティで、特に変わったところは見られません。


先日試打したモデルと、バックフェースのデザインは少し違いますが、大きな差ではありません。



彫りの深さ
フルキャビティらしく、彫りの深さは充分あります。


これも同じように見えます。


このアイアンは名前に『PRO』が付いていますが、ノーマルモデルとどこが違うのでしょうか?


今はポケキャビが多いので、このような昔ながらの『ノーマルキャビティ』は難しそうに見える方もいらっしゃるかもしれません。


中空タイプも再び見られるようになりましたが、私は中空タイプよりは、このような普通のキャビティのほうが好きです。


今のアイアン型ユーティリティは、その殆どといいますか、ほぼ全てが中空構造といっていいと思いますが、いつか『普通のキャビティ』で登場して欲しいと私はずっと思っています。


中空の、あのボテッとしたところが、どうも気になってしまいます。


それなら最初から普通のキャビティにして、性能を同じにして欲しいです。



トップライン
トップラインの厚さは平均的です。


これなら、いいイメージが描けそうです。



ソール幅
見慣れたソール幅ですが、今のアイアンの中では明らかに狭いです。


ここで初めてAPEXとの違いを見つけることができました。


キャロウェイらしく、ソール形状が『月形』といいますか、真っ直ぐではなく、ちょっと曲がっています。


キャロウェイのアイアンではよく見られる形状です。


私はオーソドックスなタイプが好きですが、この形状もメーカーの深い研究によるところが大きいのではないでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。


今のアイアンらしい長さといっていいかもしれません。



'19
ホーゼルには『'19』の文字があり、2019年モデルであるということが分かります。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは見られませんでした。


よく見かける、ごく普通のフェース面です。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは先日試打したモデル同様、ツアーベルベットでとてもいいです。


最近はこのグリップによく会うような気がします。


アイアンには最適なグリップですし、大好きなのでテンションもあがります。


このグリップを装着しているだけで、そのクラブのフィーリング性能が少しあがる・・・。といったらちょっと大袈裟かもしれませんが、そういえるくらい大好きで信頼のおけるグリップです。


優秀なグリップですが、決して限定モデルではなく、量販店などで普通に購入できるのもいいです。


ただ、一時期に比べ、値段があがっているのが気になります。


以前はもっとリーズナブルな値段でした。


原材料が高騰しているのでしょうか?



振り感
素振りをしてみても、いい感じです。


タイミングもとりやすく、安心感があります。


最近はカーボン装着モデルのアイアンも増えてきましたが、まだまだスチールは健在です。



構え感
ボールを前にして構えてみると、好感が持てました。


この構え感も先日試打したモデルAPEXと大きく違うように思います。


実際に見比べて見なくても、はっきりしていました。


APEXは正直、あまり好感が持てないところもあったのですが、このアイアンは違います。


クセが無くシュッとしているので、いいイメージが出しやすく、とても構えやすいです。


この構えやすさが『PRO』たる所以でしょうか?


最近のキャロウェイのアイアンの中では、一番いい顔をしているように思います。


とても構えやすいので、クラブとの距離が近くなったように感じました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、いい感じでした。


打つ前はAPEXとあまり変わらないのかな?と思っていたのですが、違いました。


このアイアンのほうがボヤけたところがなく、はっきりしているのですが、適度な柔らかさもありました。


この打感も、APEXとの大きな違いです。


最初見たときは、ステンレスっぽい質感だな・・・。と思っていたのですが、軟鉄が使われているという説明を受けました。



バックフェース
『安定性』は、いい感じです。


『PRO』という名前が付いていますが、決してハードルが高いタイプではありません。


シビアで気難しいということもなく、気楽な感じで打っていくことができました。


キャビティアイアンが好きな方は何の問題もなく、普通に打っていかれるのではないでしょうか?



トゥ側
『球のあがりやすさ』は、まずまずです。


どちらかといえば、ヒッター向けで、ある程度HSがあったほうがいいのかもしれません。


APEXよりは少しタフなタイプだと思います。



飛距離性能
『飛距離性能』は、アスリートモデルアイアンとしては優れています。


最近はこのように飛ぶタイプが増えてきました。


この傾向は数年前から見られます。


いわゆるイージー系のアイアンだけでなく、アスリートモデルのアイアンでも飛びが求められる時代なのでしょうか?


私の感覚では7番アイアンではなく、6番アイアンくらいのキャリーが出て、一番手くらい違う感じがあったのですが、こういったことは今では普通になってきています。


打感が良くて構えやすいアイアンが好きだけど、できれば飛距離もちょっと求めていきたい・・・。という方には魅力的なアイアンといえるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』は、いい感じです。


左右同じように対応してくれました。


キャビティらしい大らかさがありながら、プレイヤーの持ち球を活かしてくれる懐の深さがあります。


大顔タイプではなく、適度な大きさに収まっているところがすごくいいです。


こういったヘッドの大きさも、『PRO』の名に相応しいのかもしれません。



ヒール側
昔の『PRO』という名のつくアイアンであれば、間違いなくマッスルバックやハーフキャビティのような『正直』なタイプで、大らかさとは無縁な感じがしていました。


しかし、今はプロも易しいクラブを使う時代ですし、色々なプロモデルがあっていいのだと思います。



Callaway APEX PRO アイアン
プロモデルなので、難しいんじゃないか・・・。ハードルが高いのではないか・・・。


と思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、このアイアンはそんなことはないので、敬遠されず多くの方に試していただきたいです。



Callaway APEX PRO アイアン
先日試打したAPEXとは異なるところもありましたが、共通点もたくさんありました。


APEXよりは、少しだけハードルをあげているように感じますが、決して大きな差ではありません。



Callaway APEX PRO アイアン
むしろ、打感や構えやすさは、こちらのほうが明らかにいいので、このAPEX PROを好まれる方も多いのではないでしょうか?


私はどちらを選ぶか?と聞かれれば、こちらを選びます。


そこに一切の迷いはありません。



Callaway APEX PRO アイアン
キャロウェイの最新モデルなので、おそらく色々な最新の技術が組み込まれているのだと思いますが、試打しながら、それを明確に感じ取ることはできませんでした。


ごく普通のキャビティアイアン・・・。という印象でした。


カッコいいアイアンですが、魂が揺さぶられるようなことはなく、淡々としていました。



Callaway APEX PRO アイアン
しかし、それはこのアイアンに魅力が全く無いということではないですし、むしろ今のアイアンの中でも、好感のもてるタイプです。


先日出会ったアイアンに心を奪われてしまい、それがまだ強く残っているので、仕方ないことかな・・・。と思いながら、練習場を後にしました。


                         
        
AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1 チャップアップ
ツアープロコーチ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム



                         

コメント

非公開コメント