キャロウェイ EPIC FLASH SUB ZERO フェアウェイウッド - ゴルフクラブ試打日記

Post

      
2019年02月25日
  

キャロウェイ EPIC FLASH SUB ZERO フェアウェイウッド

                 
キャロウェイ EPIC FLASH SUB ZERO フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ EPIC FLASH SUB ZERO フェアウェイウッド の5番 です。



Tour AD SZ
シャフトは Tour AD SZ です。

ロフトは18度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはS です。



正面
キャロウェイエピックサブゼロシリーズのFWです。


先日、ドライバーを試打して、いい印象をもっていたので、フェアウェイウッドも試打したいとずっと思っていました。



側面
シャロータイプのFWです。


これまでの流れを見れば当然といえますが、大きさはクリークらしくコンパクトなタイプです。



ソールの凹み
ソールの中央付近にある、この凹みも、見慣れてきました。


ドライバーにも見られますが、どのような効果が期待できるのでしょうか?



フェース寄りのウェイト&JAIL BREAK TECHNOLOGY
ソールのフェース寄りには大きなウェイトがあります。


これはドライバーにも見られました。


JAIL BREAK TECHNOLOGYも同じです。


ネックには調整システムが搭載されています。


キャロウェイには、『カスタム』ではなく、『標準装備』といっていいのかもしれません。


それくらい、一般的になりました。



ネック長さ
ネックの長さは適度にあります。


シャロータイプではありますが、こうして見ていると結構重心の高さもあるように見えます。


昔のキャロウェイはショートネックどころか、ネック自体が無いクラブがたくさんあって、他のメーカーのクラブとの大きな違いがありました。


『ホーゼルの概念』を吹き飛ばした・・・。といってもいいかもしれません。


まさに革命的なクラブでしたが、最新のモデルでネックがあるということは、やはりネックがあったほうがいいということなのかもしれないですし、『調整システム』の為なのかもしれません。



N S
試打するのは、このNとSのポジションです。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインはシンプルで美しいです。


弾きが良さそうな感じがします。



顔
とてもいい顔をしているので、一瞬で目尻が下がってしまいました。


クセのない顔ですが、丸っこいというよりは、やや尖った感じの男前です。


キャロウェイの顔は極端に感じることが多いです。


このFWのように、すごくいい顔をしているものもあれば、かなりクセがきつくて苦手意識をもってしまうものもあります。


それぞれニーズに合わせているということなのでしょうか?



カーボンクラウン
クラウンがカーボンであることが分かりました。


これも、これまでのモデルと共通するところです。



シャローヘッド
シャローバックタイプです。


今はこの形が最も多いですし、キャロウェイはモデルを変えても、ずっとこの形にこだわり続けているようです。



オリジナルグリップ
装着されている、この緑が美しいグリップも共通しています。


ヘッドのイメージとマッチしていて、美しいです。



振り感
素振りをしてみると、軽量でシャフトも軟らかいので、やや頼りないところもありますが、今の標準的なスペックだと思いますし、仕方ありません。



構え感
ボールを前にして構えてみると、すごくいいです。


顔が整っていますし、クリークらしい控えめな大きさで、ボールが際立って見えます。


クセのない顔です。


調整システムが搭載されているので、ネックの太さがちょっと目に入りましたが、気になるほどではありませんでした。


すごくいいイメージが浮かんできました。




試打を開始しました。

フェース面
打感は、ややしっかりめですが、好感が持てます。


先日試打したドライバーはもっと弾く感じがありましたが、このFWはそこまでではありませんでした。


この打感は、これまでも経験していますし、キャロウェイらしいフィーリングです。



打球音
『音』もはっきりしていて、聞き覚えがあります。


これは『キャロウェイ音』といっていいように思います。


ニューモデルでありながら、これまでのモデルと共通する部分も多いです。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、結構しっかりした印象をもちました。


今のクリークの中では、明らかにタフなほうだと思います。


かなりシャロー感が強いので、球があがりやすいだろうと思っていたのですが、ちょっと違いました。


ソールのフェース寄りにあるウェイトがよく効いているのでしょうか?


重心が前のほうに来ているのかもしれません。


低スピン性能が優れているので、球があがりにくいと感じる方がいらっしゃるかもしれません。


性格がはっきりしているので、好みが大きく分かれるところだと思います。



バックフェース
『安定性』は普通です。


構えやすいのでラインも出しやすいですが、特別曲がりにくいとか、高い寛容性があるという感じではありませんでした。


ミスはミスと、はっきり伝えてくれるクラブです。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れています。


キャロウェイが得意とする、ポテンシャルの高いFWです。


あがりやすいタイプのFWではないので好みが分かれると思いますが、強い球を打たせてくれます。


このクラブでしっかりとしたキャリーを稼ぐことができれば、大きな飛距離が望めますが、球が浮ききらずにキャリーが伸ばせない・・・。という方もいらっしゃるかもしれません。


明らかにヒッター向けのフェアウェイウッドです。



操作性
『操作性」は、いい感じでした。


左右へ曲げるのも易しいです。


今のFWはドライバーと同じように『曲げにくい』タイプが多くなりましたが、このFWは曲げやすいです。


球がつかまり過ぎることもなく、左右同じように反応してくれました。



Callaway EPIC FLASH SUB ZERO フェアウェイウッド
かなりポテンシャルの高いFWです。


高い飛距離性能が一番強く印象に残りました。



Callaway EPIC FLASH SUB ZERO フェアウェイウッド
クリークはボールを高~くあげて終わり・・・。という感じの物も、これまでたくさんありましたが、このクラブは違います。


力強く、確実に前へ前へと運んでくれるFWです。



Callaway EPIC FLASH SUB ZERO フェアウェイウッド
とても機能的で易しそうな外見ではありますが、結構硬派なところがあります。


誰にでも易しく飛ばしていける『親しみやすい飛び』ではなく、どちらかというと使い手を選ぶ『骨太な飛び』といった印象をもちました。



Callaway EPIC FLASH SUB ZERO フェアウェイウッド
ドライバーにもポテンシャルの高さを感じましたが、それが上手く、このFWでも表現できています。


ヒッタータイプの方で飛距離の出るFWを探しておられる方は、このクラブを試してみられるのもいいのではないでしょうか?

                         
        
ツアープロコーチ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム



                         

コメント

非公開コメント