テーラーメイド M4 レスキュー - ゴルフクラブ試打日記

Post

      
2018年03月14日
  

テーラーメイド M4 レスキュー

                 
テーラーメイド M4 レスキュー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
テーラーメイド M4 レスキュー の4番 です。



FUBUKI TM6
シャフトは FUBUKI TM6 です。

ロフトは22度、クラブ長さは39.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は62g、トルクは3.0、バランスはD1.5、キックポイントは中調子 です。



正面
テーラーメイドM4シリーズのユーティリティです。


テーラーメイドだけは『レスキュー』という呼び方をしますが、この呼び方もすっかり定着しています。



側面
4番のユーティリティにしては、ちょっとだけ大きく見えたのですが、標準の範囲内といっていいと思います。


ソール形状が平らに近いですが、所々様々な工夫がされています。


先日試打したM3は、調整機能が搭載されていましたが、このM4にはありません。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。


調整機能が搭載されていないからでしょうか?


すっきりしているように見えました。


ドライバーと違い、ユーティリティのようなヘッドの小さいクラブは調整機能が無くても、鉛だけで十分対応できそうな気もするのですが、やはり調整機能があったほうがいい・・・。という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?


そういった方には、やや物足りないと感じられるかもしれません。


調整機能はとても便利なシステムですが、私はこのすっきりしたM4に魅力を感じました。



ソールの溝

ソールの溝
ソールには溝がありました。


RBZから続く、テーラーメイドらしい個性です。


RBZと比べると、かなり浅くなっていますが、これにも大きな理由があるのだと思います。


深ければいいというものでもないと思いますし、各メーカー違いがあって面白いです。


『フェースの強度』という点で考えると、溝が無いほうがいいような気もするのですが、溝による効果は大きいのだと思います。



ソールの凹み
ソールのバックフェース付近も少し凹んでいました。


これにもおそらく理由があるのではないでしょうか?



GEOCOUSTIC
この凹みの部分には『GEOCOUSTIC』と表示されていました。


どのような効果が期待できるのでしょうか?



シャローヘッド
シャロータイプのヘッドです。


よく見られる、ノーマルな形状です。



顔
顔はいい感じでした。


クセが無くて、好感がもてます。


もっと大顔を予想していたのですが、思っていた以上にすっきりしていて、いい感じでした。


好感度がどんどんあがっていきました。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、これまでのモデルと同じく、オーソドックスでシンプルなグリップです。


ソフトなフィーリングで好感がもてます。


これまでも感じてきましたが、テーラーメイドはあまりグリップにはこだわっていないんだな・・・。と思いました。



振り感
素振りをしてみると、タイミングを合わせやすく、なかなかいい感じでした。


ソフトなスペックではありますが、頼りなさのようなものはあまり感じませんでした。



構え感
ボールを前にして構えてみると、好感がもてました。


ツートンカラーが目に付きますが、これまでもたくさん経験しているので、気になることはなく、普通に構えられました。


ユーティリティのテーラー顔だな・・・。と思いながら見ていました。


これまで何度も目にしてきた顔です。


易しそうな雰囲気がありました。


大味な感じはしませんが、『オートマチック感』が漂っていました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、なかなかいい感じでした。


これまでもたくさん経験してきた、『テーラーフィーリング』といったらいいでしょうか?


予想通りの打感だったので、好感がもてました。



打球音
『音』も、これまでたくさん耳にしてきた、テーラーメイドらしい音です。


テーラーメイドファンの方には、とても親しみがもてる音なのではないでしょうか?



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点でも、いい感じでした。


球を拾いやすく、じゅうぶんあがってくれました。


姉妹モデルのM3よりも、このM4のほうがあがりやすいような気がします。


今度打ち比べてみたいと思いました。



バックフェース
『安定性』という点では、平均的な印象をもちました。


シビアに感じるところは無く、大らかなタイプだと思いました。


ラインも出しやすいですし、親近感のもてるユーティリティです。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていました。


テーラーメイドらしい、距離に長けているクラブです。


最近のクラブの中では比較的シンプルな構造ですが、距離を求めていくうえで、かなりの技術が注ぎ込まれているのではないでしょうか?


ソールにある溝も、効果を発揮しているのではないでしょうか?


キャリーがしっかりでるタイプです。



操作性
『操作性』という点では、なかなかいい感じでした。


クセは無く、左右へも普通に対応してくれました。


あまり操作するタイプではないように思うのですが、ドローヒッターの方にも、フェードヒッターの方にも合いやすいのではないでしょうか?



ヒール側
いい意味で、テーラーメイドらしいクラブだな・・・。と思いました。


正直、驚くような進化は感じなかったのですが、テーラーメイドらしいレベルの高さはもっているように感じました。



TaylorMade M4 Rescue
RBZのようなインパクトは無いですが、いいところはしっかりと継承されていると思います。



TaylorMade M4 Rescue
ゴルフクラブは何年かに一度、驚くようなインパクトのあるクラブが登場してきますが、このクラブはそういうタイプではなく、流れを継承しているように思いました。


驚くようなクラブに出会うのは数年後なのかもしれません。



TaylorMade M4 Rescue
驚くようなことはありませんでしたが、決してレベルが低いというのではなく、高いところをキープしているのがいいな・・・。と思いました。



TaylorMade M4 Rescue
M3もいいクラブだと思いますが、どちらかというと、私はこのM4のほうが、好感がもてました。




                         
        
ツアープロコーチ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム



                         

コメント

非公開コメント