MaxSoul RA11 アイアン - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2017年04月28日
  

MaxSoul RA11 アイアン

                 
MaxSoul RA11 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは MaxSoul RA11 アイアン の7番 です。



NS MODUS3
シャフトは NS MODUS3 です。

ロフトは32度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS です。



正面
初めて手にするマックスソウルのアイアンです。


これまでドライバーやFWは試打したことがあるのですが、アイアンは初めてです。


マックスソウルはドライバーやFWのイメージが強いですが、いい印象が残っているので、このアイアンにも期待感が高まります。



側面
形状はオーソドックスな感じです。


シンプルなデザインです。


軟鉄の質感とは違う、ステンレスタイプのボディーだな・・・。と思いました。


最近はゴチャゴチャした感じのアイアンもよく見かけますが、このようなシンプルなタイプは惹かれるものがあります。



彫りの深さ
一見マッスルバックのようにも見えますが、独特な膨らみがあったので、おそらくこれは中空アイアンだろう・・・。と思い、店員さんに尋ねてみたのですが、その通りでした。


最近は、中空タイプのアイアンは珍しいです。


アイアン型ユーティリティではよく見られますが、アイアンでは少数派です。


ポケットタイプが今は主流といっていいと思います。



トップライン
トップラインの厚さはノーマルでした。


特別厚いという印象はありませんでした。



ソール幅
ソール幅は少し広く見えたのですが、今のアイアンの中では標準的といえるような気もします。



リーディングエッジ
リーディングエッジには大きな削りは見られませんでした。


ステンレスタイプで中空だからでしょうか?



ネックの長さ
ネックは、やや短めでした。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


こうしてフェース面を見ていても、軟鉄の質感とは違うな・・・。と思いました。



振り感
素振りをしてみると、なかなかいい感じでした。


タイミングも取りやすく、暴れる感じはしません。



構え感
ボールを前にして構えてみた感じは、まずまずでした。


セミラージサイズでセミグースタイプでした。


今、一番多く見られる構え感だと思いました。


見とれてしまうことはなかったのですが、これまでたくさん経験しているので、その経験のなかでイメージを膨らませていこう・・・。と思いました。


構えやすいタイプのアイアンですが、まずは細工をせずに真っ直ぐ振り抜いていくことにしました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、しっかりめでした。


球の質感をはっきりと感じとることができました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は普通だと思いました。


タフな印象はありませんでした。



バックフェース
『安定性』は、なかなかいい感じです。


中空らしい見た目と実際の易しさのギャップが感じられます。


マッスルバックのようなシビアさがあるのかな?と思いながらも、実際はフルキャビティのような寛容さがあります。


このギャップが、中空タイプの最大の長所といっていのかもしれません。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じです。


ディスタンス系アイアンのような、『激飛び』という感じではないですが、易しくほぼ自動的に飛ばせるといった感じがします。


キャリーもしっかり出せました。



操作性
『操作性』という点では、なかなか良いと思いました。


左右にも曲げやすいです。



ヒール側
シンプルで易しいアイアンという印象をもちました。


派手さは無いですが、『易しさ』に対しての機能性を感じました。



MaxSoul RA11 アイアン
私は軟鉄アイアンしか使わないので、このアイアンを購入することは無いですが、ステンレス系のアイアンを好まれる方には、親しみやすいアイアンといえるのではないでしょうか?



MaxSoul RA11 アイアン
これからのマックスソウルに期待していきたいです。


                         
        
                         

コメント

非公開コメント