キャスコ ドルフィン アイアン - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2017年03月15日
  

キャスコ ドルフィン アイアン

                 
キャスコ ドルフィン アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブはキャスコ ドルフィン アイアン の7番 です。



DP-151
シャフトは DP-151 です。

ロフトは30度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は53g、キックポイントは中調子、バランスはC8、クラブ総重量は375gです。



正面
久し振りに出会った、キャスコのアイアンです。


キャスコはグローブがあまりにも有名ですが、それ以外にもドライバーなど素晴らしいクラブを世に送り出しています。


他のメーカーとは一線を画した、個性的なクラブが多いように思います。


このアイアンは番手を表す数字『7』の横に、『30』という数字がありました。


おそらく、これはロフトのことだと思います。


以前も書きましたが、アイアンにもロフト表示されるといいと思っていました。


なかなか出会うことができませんでしたが、こうして実物を見ると、いいな・・・。と思いました。


O番アイアンで何ヤード飛ばすというのではなく、ロフトO度のアイアンで何ヤード飛ばすというように、『リアル』を知ったほうがいいと思います。


番手の距離ではなく、ロフトの距離のほうが、いい目安になると思っています。



側面
このアイアンを一目見たときに一瞬、ドルフィンウェッジのニューモデルかな?と思いました。


それだけ形が似ていましたし、ドルフィンウェッジのインパクトが強いのだと思います。


サイズもかなり大きく見えました。


ラージサイズのアイアンはたくさんありますが、ここまで大きく感じたのは最近では無いように思います。



彫りの深さ
かなり彫りの深いポケットキャビティです。


この深さは、今では『標準』といえるのかもしれません。



波打つソール
彫りの深さよりも、この波打つようなソールに目が行きました。


このような形状は初めてです。


ドルフィンウェッジは『フィン』のようなものがありましたが、アイアンにも同じような工夫がされているのでしょうか?


他のメーカーには無い『個性』といえますが、個性以上に『異質』な感じもしました。


しかし、おそらく大きな効果が期待できるのだと思います。



トップライン
トップラインは厚めでした。



ソール幅
ソール幅はワイドでしたが、極端なワイドではありませんでした。


それよりも、この波のような形状が目立っています。


中央部分を凹ませて、トゥとヒールを大きくしています。


こうすることで、より『慣性モーメント』が大きくなるのでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さはノーマルな感じでした。


これまではこういうタイプだと、かなりのショートネックが多かったように思うのですが、このアイアンはしっかりとした長さが確保されていたので、好感がもてました。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップはソフトなフィーリングで好感がもてました。



振り感
素振りをしてみると、かなり軽く感じました。


今はアイアンの重量も軽めの物が多くなったように思いますが、それでもこのアイアンの軽さは際立っていました。


最初はレディス用なのかな?と思いましたが、そうではありませんでした。


この軽量感とラージサイズ・形状などから、メーカーがターゲットにしている層が浮かんできました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、構えづらい感じがしました。


正直違和感がありました。


ヘッドの大きさもそうですし、これまであまり見たことのないような形状に、イメージが出せず、どのように打っていいのかが分かりませんでした。


救いはグースがきつすぎないことでした。


セミグースタイプといっていいと思います。


構えづらいので、完全に『アウェー』気分で構えていました。


いつもよりも注意深く、慎重に打っていかなくてはいけない・・・。と思いました。


頭の中がゴチャゴチャしていました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は正直、馴染めませんでした。


これまであまり経験したことがないようなフィーリングでした。


何と言っていいのか分かりませんが、インパクトのときの衝撃が残る感じがしました。


『激しいタイプの打感』といったらいいでしょうか?


おとなしい感じはしませんでした。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


フェースのどこに当たっても上げてくれるような易しさがありました。


メーカーもあえてダフって打つことを想定しているのでしょうか?


ソールの滑りもよく、はらう感じのインパクトが合っているように思いました。



バックフェース
『安定性』も、かなり高いです。


これまで安定性の高いアイアンをたくさん試打してきましたが、それらの中でも、おそらくトップクラスといっていいと思います。


かなりの高安定性で、寛容さがあると思いました。


フェース面の全てといったら大袈裟になるかもしれませんが、かなり広くフェース面を使っていけるアイアンだと思いました。


『点』ではなく、『面』で打っていけるタイプのアイアンです。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなか高いと思いました。


飛距離をもっと出すには、重量感が足りないと思いましたが、この軽量感を好まれる方も多いのではないでしょうか?


もうちょっと『出球の勢い』があってもいいのかな?と思いました。



操作性
『操作性』は、あまり秀でていません。


操るタイプのアイアンではないと思いました。


それだけ安定性が勝っているのだと思います。


大きく曲げようと思いましたが、なかなか上手くいきませんでした。


『曲げにくい』アイアンといっていいと思います。



ヒール側
かなり個性的で面白いアイアンだと思いました。


他のメーカーには見られない個性があり、楽しめました。



kasco DOLPHIN IRON
私の好みとは違う部分もあって、馴染めないところがあったのですが、メーカーもそうですし、クラブも『個性』が大切だと思っているので、こういうクラブに出会うと嬉しくなります。


こういった革新的なクラブが登場することにより、また新たなトレンドが生まれるように思います。



kasco DOLPHIN IRON
設計自由度の低いアイアンは、ドライバーなどと比べ、それほど大きな変化は見られづらいですが、このアイアンの個性はいい刺激になるだろうと思いました。



kasco DOLPHIN IRON
これからもキャスコのクラブには期待していきたいです。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント