ミステリー CF-445 Hi IMPACT ドライバー - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2017年01月17日
  

ミステリー CF-445 Hi IMPACT ドライバー

                 
ミステリー CF-445 Hi IMPACT ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ミステリー CF-445 Hi IMPACT ドライバー です。



RODDIO
シャフトは RODDIO です。

ロフトは10度、クラブ長さは45.5インチ です。



正面
久し振りに出会った、ミステリーのドライバーです。


ミステリーのクラブは、あまり試打する機会が多くないのですが、いい印象が残っています。


特にドライバーやFWの印象が強いです。


アイアンもいいですが、どちらかというとウッド系のメーカーというイメージが強いです。



側面
ミステリーらしく、とてもセンスあるデザインです。


派手さはないですが、カッコいいです。


こうして見ていると、以前試打したことのある CF-445 TOUR LIMITED ドライバー を思い出しました。


名前からして、姉妹モデルであることが解ります。



ネックの長さ
ネックは短めで、重心の低さを感じさせます。


ポピュラーな形状といっていいと思います。



顔
ミステリーらしい、整った顔をしていました。


ただ、少しつかまえ系の顔に見えたので、少し注意が必要かな?と思いました。



振り感
素振りをしてみると、なかなかいい感じです。


重量感がありそうな感じでしたが、実際に振ってみると、そうでもありませんでした。


カッコ良いイージー系といったところでしょうか?



構え感
ボールを前にして構えてみると、好感がもてました。


変なクセもなく、構えやすいです。


結構『プル角』が利いているように見えました。


球がつかまりそうです。


逃がすイメージは出ませんでした。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、結構しっかりしていました。


硬いというよりは『しっかり』というほうが合っているように感じました。



打球音
『音』は、高めの金属音でした。


この音が好きだという方も多いのではないでしょうか?


はっきりしていました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は普通だと思いました。


10度らしいあがりやすさがありました。


特別タフだということもありませんでした。


今のドライバーの中では、結構しっかりしているほうかもしれませんが、あがりづらいというタイプではないと思います。



バックフェース
『安定性』は、まずまずでした。


今のドライバーの中でも平均的といったところでしょうか?


難しいという印象はありませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり高いです。


ボールが力強いです。


ボールはよく上がってくれますが、決して頼りない弾道ではなく、しっかりと前に突き進んでいってくれました。


低スピン性能も高いと思います。


しっかりと叩いていけるドライバーです。


球のつかまりもいいので、その相乗効果もあるように思います。



操作性
『操作性』は、なかなか良い感じでした。


左右に曲げるのも易しいです。


大きく曲げるタイプではないと思いますが、プレイヤーそれぞれの持ち球を活かしやすいように感じました。


『ドロー系』『フェード系』でいいますと、球がつかまりやすく感じたので、ドロー系のほうが出やすいと思いました。



ミステリー CF-445 Hi IMPACT ドライバー
ミステリーらしい、かなり高性能なドライバーです。


派手さがない分、性能の高さで勝負しているのだと思いました。



ミステリー CF-445 Hi IMPACT ドライバー
調整機能もウェイトも付いていなくて、とてもシンプルなヘッドですが、こういうヘッドには高性能なタイプが多いように思います。


これまでも名器と呼ばれるドライバーの多くが、このようなシンプルなタイプでした。



ミステリー CF-445 Hi IMPACT ドライバー
今は少しずつ、調整機能付きドライバーが減少しているように感じます。


もちろん、まだまだ健在ではありますが、全盛期の頃と比べると、少なくなったように思いますし、複雑化せずシンプルになっています。


調整機能よりも、基本性能がより求められているのでしょうか?


調整機能を使っても、一回調整すればあとは変えない・・・。という方も多いのではないでしょうか?



ミステリー CF-445 Hi IMPACT ドライバー
このシンプルで美しい叩けるドライバーがとても魅力的でした。


今度機会があれば、以前試打したことのある姉妹モデルと打ち比べてみたいと思いました。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント