ダンロップ スリクソン Z765 ドライバー - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2016年08月16日
  

ダンロップ スリクソン Z765 ドライバー

                 
ダンロップ スリクソン Z765 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ダンロップ スリクソン Z765 ドライバー です。



Miyazaki Kaula MIZU 6 カーボンシャフト
シャフトは Miyazaki Kaula MIZU 6 です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は61g、トルクは3.4、キックポイントは中調子、クラブ総重量は316g です。



正面
とてもカッコいい、スリクソンのニュードライバーです。


先日、アイアンのニューモデルに出会ったので、ドライバーに出会うことを心待ちにしていました。


今日は念願叶って、とても嬉しく思います。



側面
これまでのモデルとは変わった感じのデザインです。


このデザインにも、大きな意味があるのだと思います。


ディープというよりは、シャローな印象をもちました。


スリクソンドライバーのイメージカラーといってもいいと思うのですが、黒がとてもいい雰囲気を醸し出していました。



ウェイト
ソールには、小さなウェイトがひとつだけ配置されていました。


控えめな感じのウェイトです。



ネックの長さ
ネックの長さは、やや短めに見えますが、今のドライバーの中では平均的といえるような気もします。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていました。


これまでのモデルと共通するところです。


ウェイトが配置されていたり、調整機能が搭載されていたりしますが、とてもすっきり見えるのがいいな・・・。と思いました。


スリクソンらしいセンスの良いデザインです。


前のモデルも黒くてシブいデザインでしたが、今回は少し柔らかそうといいますか柔和な感じがしました。



ソールの段差
ソールには段差のようなものがありました。


とても珍しいですが、スリクソンのクラブなので、おそらく何らかの意味があるのだろう・・・。と思いました。


今はソールに溝のあるドライバーやFWが増えてきましたが、そういうところの後追いをしないのが、ダンロップらしいところだと思います。


プロギアのDUOが大ヒットして、カーボンコンポジットを各メーカーが採用しても、ずっと『フルチタン』にこだわっていたダンロップは凄いと思いましたし、メーカーとしてもプライドを感じました。



シャローバック
シャローバックタイプです。


よく見られる形状です。


こうして見ると、アスリートモデルというよりはイージー系に見えますが、この親しみやすそうな形状も、メーカーの狙いのような気がします。



顔
とてもいい顔をしていました。


スリクソンらしい顔です。


ヘッドも大きく見えました。


『フルサイズ(460)』に見えたのですが、そうではないと訊きました。


シャローにしているから、大きく見えるのかもしれない・・・。と思いました。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、まずまずでした。


最近は色々なパターンのグリップが多くなりましたが、このドライバーのグリップはとてもシンプルです。


私はこのままでもいいと思いましたが、最近のグリップの進化を体感しておられる方には、やや物足りない感じがするかもしれません。


今はグリップにもこだわるメーカーが増えてきましたが、スリクソンは今後どうするのでしょうか?


少し『肉薄』のグリップだと思いました。


もう少し肉厚感があると、ヘッドの効きなども違って感じられるような気がしました。


しかし、このままでも全く不満はありません。



フェース面のデザイン
フェース面もシンプルで美しいです。


この数年のモデルに出会ってきて、スリクソンのドライバーのフェース面は『溝が無い』というイメージもありましたが、このドライバーは溝がありました。


これまでとは違う設計がされているのだと思います。


725から745はマイナーチェンジで、今回は『フルモデルチェンジ』ということなのでしょうか?



振り感
素振りをしてみても、いい感じです。


シャフトは結構走る感じがしますが、タイミングもすぐに合いました。


他のメーカーのシャフトにするのではなく、この『MIYAZAKI』を選んで欲しい・・・。というメーカーからの強いメッセージが込められているように感じました。


黒いヘッドとシャフトのオレンジという『色の相性』もいいと思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、いい感じでした。


スリクソンのドライバーなので、構えやすいのは当たり前といえば当たり前なのですが、こうして実際に構えてみると、何ともいえない安心感があります。


ヘッドも大きく見えて、大らかさを感じました。


やはり『フルサイズ』に見えました。


変なクセが無いので、方向性への不安は全くありませんでした。


何となくお尻(ヘッド後方)が重そうだな・・・。と思いました。


フェース面が見えすぎることは無かったのですが、高い弾道をイメージしました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はとても良いです。


『球当たり』がきつくなく、ソフトなフィーリングでした。


フェースがボールを強く弾く感じがありました。


何となくですが、『バネ』のような印象をもちました。


ヘッド全体が『バネの塊』のような印象をもつくらい、ボールを強く弾き飛ばす感じがしました。



打球音
音もちょうどいいです。


ダンロップのクラブなので、音がいいのも予想していました。


この心地良い音が、さらにショットの精度を高めてくれそうです。



トゥ側
球はあがりやすくて、タフな印象はありませんでした。


しっかりとキャリーを稼いでいくことができました。


あがりやすいのですが、高くあがって吹き上がるということはなく、しっかりと前に進んでくれました。


打つ前は『高弾道』を予想していたのですが、実際は高くあがりすぎないので好感がもてました。


しっかりと叩くことができました。



バックフェース
『安定性』も、いい感じでした。


シビアさは感じませんでした。


実際に打ち比べてみないと詳しいことは分かりませんが、おそらく前のモデル(Z745)よりも、大らかさが増しているのではないでしょうか?


尖った性格ではなく、とても『丸い性格』だと思いました。



飛距離性能
飛距離性能も、いい感じでした。


スリクソンらしい、レベルの高さを感じました。


何といっても弾きの強さを感じました。


パワフルな弾道です。


高さも適度に抑えられていて、推進力が強いです。


ボールへの『力の伝わり』もいい感じでした。


効率よく伝わっている感じがしました。


スリクソンのドライバーなので飛距離に関して、最初からハードルが上がってしまうのは仕方のないことだと思うのですが、それでもしっかりとその期待に応えてくれました。



操作性
『操作性』は、なかなかいい感じでした。


大らかさのほうが感じられたのですが、左右へも曲げることは容易でした。


私の好きな『ちょいスラ』『ちょいフック』が打ちやすくて、すぐにでもコースで使ってみたいな・・・。と思いました。


左右に大きく曲げるというよりは、小さな幅で勝負していくタイプのドライバーだと思いました。


操作性を邪魔しない大らかさがあると思いました。



ヒール側
特に欠点の見られない、バランスの良さが際立ったドライバーだと思いました。


全体的にすごく良くまとまっているな・・・。と思いました。



DUNLOP SRIXON Z765 DRIVER
構えやすさや打感・音・飛距離などもスリクソンらしい良さがあるのですが、一番印象に残ったのは『易しさ』です。


親しみやすさがありますし、敷居はそれほど高くないと思いました。


前のモデルよりも確実に『易しさ』が進化している感じがします。



DUNLOP SRIXON Z765 DRIVER
ヒッター向けであることは間違いないのですが、ヒッターの方が気にする『方向性』と『あがりやすさ』『吹き上がりにくさ』がいい感じになるよう設計されているドライバーだと思いました。


メーカーの緻密な研究が感じられます。


叩けるタイプだけど、決してハード過ぎない。


易しさが感じられるけど、決して頼りないドライバーではない。


そんな印象をもちました。



DUNLOP SRIXON Z765 DRIVER
スリクソンはずっと『三兄弟』が続いているので、他のモデルも気になります。


このドライバーよりもさらに大らかさが増したモデルがあるのか、そしてハードなモデルがあるのか分かりませんが、ワクワクします。


今年もスリクソンは旋風を巻き起こしそうな予感がします。



                         
        
                         

コメント

非公開コメント