Cure Putters RX-4J パター & ヨネックス TRIPRINCIPLE パター - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2016年05月14日
  

Cure Putters RX-4J パター & ヨネックス TRIPRINCIPLE パター

                 
Cure Putters RX-4J パター & ヨネックス TRIPRINCIPLE パター
今日は、この2本のパターを試打しました。

試打クラブは Cure Putters RX-4J パター と ヨネックス TRIPRINCIPLE パター です。



オリジナルスチール
<左>RX-4J   <右>TRIPRINCIPLE





<左> Cure Putters RX-4J のスペック


ロフトは1.5度、クラブ長さは34インチ、クラブ総重量は628g です。





<右> ヨネックス TRIPRINCIPLE のスペック

ロフトは3度、クラブ長さは36インチ、クラブ総重量は560g です。






正面
どちらも、かなり大きいサイズのパターです。


かなり優れたオートマチック系といっていいと思います。



Cure Putters RX-4J
キュアパターは、海外メーカーで、その安定性の高さは群を抜いています。



YONEX TRIPRINCIPLE
対して、ヨネックスのTRIPRINCIPLEは日本メーカーの、かなり優秀なオートマチック系パターといっていいと思います。


今日は、この2本の国内外オートマチックパターの競演です。



側面
こうして見ても、やはり大きいな・・・。と思いました。


14本のクラブの中でパターが1番、形や大きさのバリエーションが豊富なクラブといっていいように思います。


ピン型パターの人気も根強いですが、このようなオートマチック系パターの人気も高いです。



顔
顔を見比べてみると、大きさや形の違いが解ります。


Cure Putterのほうが面長ですが、奥行きといいますか横の幅はTRIPRINCIPLEのほうがあるので、『重心深度』はTRIPRINCIPLEのほうがあるのかな?と思いました。



オリジナルグリップ
デザインは多少違いますが、グリップはほぼ同じといっていいです。


やや粘着系で独特なフィーリングがあります。


太さなども同じです。


このグリップがオートマチック系に適しているのでしょうか?


今はパターのグリップもバリエーションが豊富になってきました。


『スーパーストローク』をよく見かけるようになりました。



長さ
長さは、かなり違います。


34インチのCure Putterに対して、TRIPRINCIPLEは36インチもあります。


2インチといえば、約5センチの違いになります。


36インチという長さも、研究を重ねての長さだと思うのですが、できれば34インチで試してみたかったな・・・。と思いました。


36インチにするメリットがよく解りませんでしたが、この長さでちょうどバランスが取れているのかもしれません。


PINGのパターのように、長さが変えられたらもっと良くなるな・・・。と思いました。



Cure Putters RX-4J 構え感
Cure Putters RX-4J

ヨネックス TRIPRINCIPLE 構え感
YONEX TRIPRINCIPLE

ボールを前にして構えてみても、どちらも独特な雰囲気があります。


久しぶりに試打したので、ああそうだった・・・。こんな感じだったな・・・。と思いました。


あまり経験のない構え感ではありますが、以前試打したときの記憶が蘇ってきました。


どちらもオートマチック系ではありますが、『感性』にも配慮して作られています。


タイプは違うのですが、構え感での優劣はちょっとつきづらい感じがしました。


方向性が約束されていることは以前試打して体感しているので、とにかく『出球のスピード』だけを意識して転がしてみよう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

トゥ側
<左>RX-4J   <右>TRIPRINCIPLE

『球の転がり』は、Cure Putterのほうがいいように思いました。


TRIPRINCIPLEもいい感じですが、こうして打ち比べてみると、違いが感じられます。


ロフトの違いも影響しているのだと思います。


重さも関係しているのだと思います。


球の転がりはいいですが、『タッチ』を出しやすいのはTRIPRINCIPLEでした。



フェース面
『打感』は、TRIPRINCIPLEのほうがソフトで好きです。


これは圧倒的な差がありました。



『音』も、独特な音を発するキュアパターに対して、とても静かなTRIPRINCIPLE パター。


音という点でも、TRIPRINCIPLE パターが圧倒していました。



バックフェース
『安定性』は、どちらもかなりハイレベルでイージーなタイプですが、あえてひとつ選ぶとするならCure Putterを選びます。


かなり寛容といいますか、なかなかブレにくい感じがします。


TRIPRINCIPLEパターも、かなり大らかなタイプのパターですが、こうして打ち比べてみると、多少は『正直さ』があるかな?と思いました。


しかし、そこがまた魅力でもあります。



ヒール側
『距離感』は、TRIPRINCIPLEのほうが私は出しやすいと思いました。


『初速のスピード感』が、TRIPRINCIPLEのほうがイメージに合いやすいです。


Cure Putterもいい感じではありますが、慣れるまで少し時間が必要だと思いました。


ただ『1m以下のショートパット』はどちらもほぼイーブンといった感じがしました。


『タッチ』よりも『方向性』『寛容さ』に長けたパターだと思います。



Cure Putters RX-4J パター & ヨネックス TRIPRINCIPLE パター
どちらもなかなか見ない、個性的なパターです。


オリジナリティがあるものは、とても好感がもてます。


しかもCure Putters RX-4J はライ角を変えられたり、ウェイトを交換できたりするのだそうで、『拡張性』という点では明らかにキュアパターに分があるように感じました。


この調整機能を使うことによって、かなり幅広い層のゴルファーに対応できるのではないでしょうか?


タイプは少し違いますが、どちらも個性的かつ機能的で、面白いパターだと思いました。


もしどちらかひとつを選ぶとするならば、私はTRIPRINCIPLEを選ぶだろうな・・・。と思いました。


                         
        
                         

コメント

非公開コメント