jBEAM FX BM-435 ドライバー - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2009年12月06日
  

jBEAM FX BM-435 ドライバー

                 
jBEAM FX BM-435 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは jBEAM FX BM-435 ドライバー です。



CRAZY BLACK 50
シャフトは CRAZY BLACK 50 です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはX、シャフト重量は69g、トルクは3.1、キックポイントは中調子、バランスはD2、クラブ総重量は318gです。



jBEAM FX BM-435 ドライバー
初めて手にした『JBEAM』のドライバーです。


名前だけは聞いたことがありましたが、こうして手に出来るとは思ってもみませんでした。


ゴルフクラブ
ヘッドだけでなく、この『クレイジー』というシャフトも初めてです。


まだまだ知らないメーカーが多いものだ・・・。と思いました。


ヘッドだけでなく、シャフトも全く初めてのメーカーなので、どのような性能を持っているのか、全くの未知数ですし、想像すら出来ませんでした。


ヘッドもそうですし、このシャフトが私には『タフ』で難しそうな印象を受けました。。



D
ヘッドの3つの大きなウェイトのような物が見えます。


やはりこうすることで多くのメリットがあるのではないでしょうか?


かなり安定性が高そうな印象を受けます。



H
どちらかというと『ディープヘッド』といえるのかもしれませんが、割と『シャローバック』形状だと思いました。


叩いていけながら、そして球もあがりやすそうな印象を受けます。


『ディープフェース』&『ディープバック』形状ではないので、ほどほど上がりやすそうな感じもしました。



S
光沢感があって、とても美しいヘッドです。


これまでの日本製ドライバーと同じような高品質な感じがします。


私にはハードルが高いドライバーかと思っていたのですが、こういった美しいところを見ていると、親近感が湧いてきます。



E
素振りをしてみると、それほど『タフ』な感じはしませんでした。


思っていたよりも振りやすかったですし、それほどハードな感じはしませんでした。


見た目の印象以上に振りやすい感じがしました。


重く感じたり、シャフトが硬い感じもしませんでした。



L
ボールを前にして構えてみた感じは、この『フックフェース』が気になりました。


少し・・・。というよりは、かなりはっきりとひと目で解る感じです。


正直、いって少し構えづらく感じてしまったのですが、これ一本しか試打クラブが無かったので、このモデルで試してみることにしました。


このヘッドは『フェース角』も色々なものが用意されているそうなので、今度は是非『スクエアフェース』で試してみたいと思いました。


こうして構えた時に、そのクラブに対するおおよその印象が決まってしまうので、今日はそれが少し残念な感じがしました。



W
しかし、これは『フックフェース』を苦手としている私の感想であって、この『顔』にすごく好感を持たれる方もたくさんおられると思います。


『発想力』が貧困な私はどうしても『フック軌道』をすぐに思い浮かべてしまうのですが、こういった顔で『ストレート軌道』を描いていける方も多いと思います。


やはりこういったところは、これまでの経験や好みによるところが大きいような気がします。


『フックボール』ばかりイメージしてしまったのですが、なるべく左へ引っ掛けないように少し右から回していくイメージを頭に描いてセットアップすることにしました。


『フックフェース』が私にとって少しマイナス材料だったのですが、ヘッドがやや小振りなところにとても好感を持てました。


このドライバーのヘッド体積は『445㎤』ということなのだそうですが、少し小さく見えたのがすごくいい感じがしました。


日頃見慣れている『460㎤』と、たった『15㎤』しか違わないのかもしれませんが、このようにある程度『立体的』な作りになっているヘッドは投影面積が大きくないので、私にとっては打ちやすく感じられます。


すごく楽な気分になってきますし、コントロールしやすそうな感じがしました。


そういったところにすごく好感を持てました。




試打を開始しました。

N
まず感じたのが、その『圧倒的な飛距離性能』です。


かなり飛びます。


「何だこれは・・・?」と思わず呟いてしまいました。


『中高弾道』の力強い弾道があっという間に練習場のネットに突き刺さっていきました。


おそらく最初のうちは、ミスを連発するだろう・・・・。と決めてかかっていたのですが、予想に反して一球目から『ナイスショット』を連発することができました。


この飛び性能はかなりすごいと思いましたし、予想以上に打ちやすく感じられました。。


私程度の者でも、易しく遠くへ運ばせてくれるドライバーだと思いました。


聞くところによると、このドライバーは『よく飛ぶ』ということで評判になって品薄状態が続いているのだそうです。



O
ヘッドとシャフトの相性もバッチリな感じです。


この『クレイジー』というシャフトも、かなり飛距離性能に優れているのではないでしょうか?


ボールを力強く弾き飛ばしてくれている感じがしました。


これまで他のドライバーで時々感じられていた、『インパクト時のロス感』がありません。


効率良くボールに力が伝わっている感じです。


今年は例年以上にたくさんの高性能ドライバーに出会うことが出来ましたが、『飛距離性能』という点で間違いなく『トップクラス』に入るドライバーだと思いました。


これはかなり大きな『アドバンテージ』です。


私は普段、ドライバーにはどちらかというと『飛距離性能』もよりも、『操作性』を求めていきたいと思っているのですが、この『ずば抜けた飛距離性能』は、かなり魅力的に感じられました。


この『CRAZY』というシャフトは、風に強い弾道が打てるのだそうで、私たちゴルファーにとってはとてもありがたいことです。


あいにく今日は練習場でほとんど無風状態だったので、風の影響を受けなかったのですが、今度また違った気象条件のもとで試してみたいと思いました。



I
『球のあがりやすさ』という点でも、とてもいい感じがしました。


打つ前は、私程度の腕ではきっと『ドロップ』する感じの球が出るだろう・・・・。という予想をしていたのですが、その予想に反していい感じの弾道を打つことができました。


初めて試した『CRAZY』というシャフトですが、思っていたよりも『タフ』ではなく、意外と球を上げてくれる感じがしました。


決して誰も寄せ付けない感じの『扱いづらさ』『敷居の高さ』『手に届かない感』を感じさせない、『扱いやすさ』『敷居の低さ』』『親しみやすさ』を感じることができました。


私程度の者でも、易しく感じたので、きっと多くの方がこのシャフトに打ちやすさを感じられるのではないでしょうか?


決して最近主流ともいえる『高弾道ドライバー』ではありませんが、とても球が浮きやすい感じがしましたし、球が途中で失速する感じも全くしませんでした。


私が好む、『ライナー性』の球が打ちやすかったのがとても好印象でした。


これまでの経験上、こういった軌道を描いている弾道というのは、思っていた以上に距離が出ているものです。


『キャリー』と『ラン』の両方を稼いでいける、『いいとこ取り』のドライバーといってもいいのではないでしょうか?



R
『打感』も、とても好感を持てました。


『弾き感』を感じられましたが、決して硬い感じの打感ではなく、むしろ『まろやさ』といいますか『しっとり感』を感じました。


『硬い』というよりは、明らかに『柔らかい』感じがしましたし、この感触は『病みつき』になりそうです。


自分のイメージを伝えやすい感じの打感だと思いました。


昔の『飛ぶドライバー』は、打感も硬めの物が多かったですが、最近のドライバーにはそういったことが当てはまりません。


打感の『軟らかさ』『まろやかさ』を感じられながらも、飛距離性能でもずば抜けているものが多いです。


この『JBEAM』というドライバーは、その最たる物のひとつだと思います。



F
『音』も、かなりいい感じでした。


この『飛び性能の凄さ』を感じさせない、静かで品のある音だと思いました。


私はいくら飛距離性能に優れていても、音が合わなければすぐに打つのを止めてしまいますし、そのドライバーに興味が湧きません。


二度と手にすることはありません。


しかし、このドライバーはすごくいい感じで打ち続けることができましたし、打てば打つほど興味が湧いてきます。


このドライバーの魅力を存分に味わっている感じがします。


気持ちが分散することなく、自分のスイングに集中できました。


かなり質の高い練習が出来ていると思いました。


『飛距離性能』と『フィーリング性能』が、かなり優れたドライバーだと思います。


ただ『構えやすさ』という点を除けば・・・・。


しかし、きっと『スクエアフェース』のヘッドならば、かなり構えやすくて美しい顔だろう・・・。と思いました。


このドライバーにはかなりいい印象を持ちましたし、決してこれで終わらせたくないと思ったので、今度是非とも『スクエアフェース』を試してみたいと思いました。



G
『安定性』という点では、思っていた以上に曲がりづらくいい感じがしました。


打つ前は、かなり左ばっかり飛んでしまうかと思っていたのですが、意外とその辺は調整しやすい感じがしました。


『球のつかまり』がいいドライバーですし、私の場合、油断をすれば『フック』が出てしまいそうにもなったのですが、それはこの『フェース角』が私に合っていないからだと思いましたし、私のスイング自体も悪いからだと思いました。


もっと練習を積んで、『フック』を撃退しなければいけない・・・・。と思いました。


ヘッドに組み込まれた『ウェイト』のような物の効果も高く発揮されているのではないでしょうか?


インパクト時にボールにヘッドが『当たり負け』する感じはしなかったですし、ブレる感じもしませんでした。


インパクトからそのままターゲットに向かって放り込んでいける感じがしました。


すぐに感じをつかむことができましたし、かなり楽なドライバーだと思いました。



M
『操作性』という点では、今年出会ったドライバーの中でも間違いなくトップクラスに入るほどの好印象を感じました。


勿論このヘッドにも感じましたし、『スクエアフェース』ならば、もっといい印象をもったと思います。


『安定性』が高いので、普通に打っていくならばそれほど曲がりを気にせずに打てると思いましたが、左右に曲げることも出来ました。


しかし、予想していたよりは曲がり幅が小さくて大ケガにはつながりにくい感じがしました。


特に『スライス』は出にくく感じられました。



B
しかし、私が特に良く感じられたのは、この『クレイジー』というシャフトです。


一見難しそうなシャフトに見えたのですが、実際はかなり『操作性』に長けたシャフトだと感じました。


『シャフトは手の延長』という言葉は昔からよく言われ続けてきたと思うのですが、まさにそれを体感出来るシャフトだと思います。


『手の一部』となって、ボールを操ってくれる感じがしました。


すごく自分の意志を伝えやすい感じがしました。


昔からもそうですし、最近のシャフトの中には高性能過ぎて自分の意志を伝えづらく感じられるものが多いように思いますし、そういったシャフトは難しく感じられ、慣れるまでにかなりの時間と球数を要することが多いです。


しかし、このシャフトには変なクセもなく、全くの自然体で『手の延長』として機能してくれるシャフトだと思いました。


私は特に『ドライバーショット』から『パッティング』まで、シャフトを『左手の延長』として使っていきたい・・・・。という願望が強く、今日はその願いがに久々に叶ったような気がします。


この『CRAZY』というシャフトは、『飛距離性能』も凄いですが、『操作性』はさらにその上をいく感じがします。


自分の『イメージ』や『意志』『思い』といったものが、このシャフトに染みこんでいく感じがし、そこからボールに伝わっていくように感じられました。


なので見た目の印象より、かなり易しいシャフトだと思いました。


決して重いシャフトではありませんが、ドライバー用カーボンシャフトの『ダイナミックゴールド版』といったところでしょうか?


この『操作性の良さ』から、ふとそんな事を考えていました。


『ダイナミックゴールド』は『飛距離性能』には目をつぶって『操作性』を求めていくシャフトだと思うのですが、この『CRAZYシャフト』は『飛距離』も『操作性』も両方追求していけるシャフトだと感じました。


すぐにでも『マイドライバー』のシャフトを、この『CRAZY』に『リシャフト』したいと思いましたし、それが出来たら、かなりこれから先のゴルフが楽になるだろう・・・・。と思いました。


『飛距離』も伸ばせますし、『ショットの精度』が増すと思いました。



J
このヘッドとシャフトのマッチングは、『スコア』も『飛距離』も狙っていけるドライバーだと思いました。


様々な実戦でもそうですし、『社内コンペ』などの『ドラコン賞』も手中に収める確率を上げてくれるドライバーだと思います。


決して、誰にでも合うドライバーとはいえないのかもしれませんが、このヘッドもシャフトもかなりのバリエーションが揃っているそうなので、決して敬遠すべきではないと思いました。


このヘッドが『スクエアフェース』だと、より幅広い層に受け入れられる気がします。


特に『ヒッタータイプ』の方で、左が気になる方には、かなり打ちやすく感じられるのではないでしょうか?


球がつかまりやすいので、『プッシュ球』が多くて悩んでおられる方にも頼れるドライバーといえるのではないでしょうか?


特に最近の『大型ヘッド』に難しさを感じておられる方には、かなり扱いやすく感じられるような気がします。



T
打てば打つほど、このドライバーの魅力にはまってしまう私がいました。


決して、初心者の方から上級者の方まで・・・・・。といった幅広い層に受け入れられる感じではないのかもしれませんが、中級者の方にもこのドライバーの大きなパフォーマンスの高さを実感されやすいのではないでしょうか?


特に、私の周りの若くて伸び盛りの後輩達には、『スコア度外視』で勧めてみたいと思いました。


みんなこのドライバーの虜(とりこ)になってしまうような気がします。



U
以前も書きましたが、私は大まかにいって『クラブの性能の比率』は、『シャフト5割』『ヘッド4割』『グリップ1割』だと思っているのですが、ヘッドとシャフトの相性が良いと、こんなにいいパフォーマンスを発揮できるものなんだと再認識させられました。


この『 jBEAM FX BM-435 』というヘッドにも、すごく大きな魅力を感じましたし、『CRAZY』というシャフトにはそれ以上の魅力を感じました。


私の左手の延長となって球を操作してくれるこのシャフトに、感動にも似た衝撃を受けましたし、手放したくない感情が芽生えてきました。


初めて出会ったシャフトですが、この『操作性の良さ』『扱いやすさ』は、色々なメーカーのヘッドと上手く『コラボレーション』してくれるだろうと思いました。



P
今年は例年に比べて、初めて出会ったメーカーのヘッドやシャフトが多いのですが、その殆どがとても好印象で私の購入意欲を刺激するものばかりです。


自分自身の『欲』と、かなり激しく戦わなくてはなりません。


自分の少ない小遣いをいかに分配していくか・・・。どのクラブにターゲットを絞っていくべきか・・・。


日々、そんなことばかり考えています。


このヘッドとシャフトには、私は1球目からかなりきつい『カウンターパンチ』をもらい、ノックアウトされてしまった感じがします。



X
これまで色々なクラブを試打していて、最初から最後まで『冷静でいられるクラブ』と、今日のように『テンションが上がりっぱなしになってしまうクラブ』と大きくふたつに分けられるような気がします。


比率でいえば、圧倒的に『冷静でいられるクラブ』の方が多いのですが、今日はずっと心の中が『お祭り状態』でした。


すごくたくさんこのドライバーから刺激を受けたような気がします。


こうして記事を書いている今でも、まだあの好フィーリングがスローモーションのように何度も頭の中を駆けめぐっています。


今夜もなかなか眠れない夜になるような気がします。


今年の『ドライバー・オブ・ザ・イヤー』は、あまりにもハイレベルな物が多すぎて決めにくいです。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント
        

No title
golfdaisuki様

JBEAMの評価大変参考になりました。やはりクレイジーとの相性はいいようですね。あるレーティングWEBではクレイジーのなかでもLY01との相性が一番いいといっておりました。
私も念願かなってクレイジーでフッティングをしていただいて私に一番会うシャフトを選ぶことができそうです。
南国に住んでいるので、いつも試打をできずにクラブを選ぶことを強いられているのですが、今回はより自分に合うものを選べそうです。
エポンの101はgolfdaisuki様のスキルを理論どおり発揮しつつ、かつ飛距離も出せるクラブ。
JBEAMは見た目よりも優しく、距離も出せるという感じがいたしました。
このドライバはすごく気に入りました!
LW様。こんばんは。
今回のこの『JBEAM』のドライバーは初めて試打したのですが、とてもいいドライバーですね。

私はすごく気に入りました。
打つ前は、かなり『タフ』なドライバーかと思っていたのですが、実際に打ってみると全くそんな感じはしませんでした。

飛距離性能もすごくいいですし、シャフトがすごく気に入りました。

とても印象深いセッティングです。

『EPON AF-101』と双璧をなすほどの、私的には好印象なドライバーです。

ただ、記事にも書きましたが『フックフェース』なのが、私には合いづらい感じがしたので、今度は『スクエアフェース』を試してみたいと思っております。


そちらは今でも暖かいですか?
日本はかなり寒くなってきました。

特に朝はもうたまりません。
それでもゴルフの日の朝はいつもよりも、早起きして出かけてしまいますね。

なるべく早く『EPON』や『JBEAM』といった素晴らしいドライバーを購入してラウンドしてみたいと思っております。


お互いゴルフをエンジョイしていきましょう!

それでは失礼致します。