ヤマハ RMX FW (3番) - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2015年12月13日
  

ヤマハ RMX FW (3番)

                 
ヤマハ RMX FW
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX FW の3番です。



Speeder EVOLUTION II FW 60
シャフトは Speeder EVOLUTION II FW 60 です。

ロフトは15度、クラブ長さは43インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は68g、バランスはD2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は332g です。



正面
とてもカッコいいヤマハのフェアウェイウッドです。


以前、クリークを試打したことがあるのですが、すごく気に入ったので、違う番手も試打してみたいと思っていました。


今日は、その念願が叶ってとても嬉しく思いました。



側面
ディープというよりは、明らかにシャローなタイプのスプーンです。


最近は、このようなシャローなタイプのほうが多いように思います。



ウェイトのようなもの
ヘッド後方には、ヤマハマークの丸いアクセサリーのようなものがあります。


ウェイトでしょうか?


それとも単なるアクセサリーに過ぎないのでしょうか?


クリークと共通しています。


派手さは無く、落ち着いたデザインで好感がもてます。



ネック長さ
ネックの長さは、今のFWの中ではノーマルなほうだと思います。



シャローヘッド
こうして見ても、かなりのシャローヘッドです。


スプーン=ディープという昔のイメージは全くありません。


この角度から見ると、一体何番のクラブなのか解りません。



顔
顔がとてもいいのが、ヤマハのクラブの共通した特長です。


ヤマハは顔がいいのが当たり前のようなところもありますし、その伝統がこのクラブにも引き継がれています。


かなりのシャロータイプでありながら形が崩れていないところが魅力的です。



振り感
素振りをしてみても、いい感じです。


このオレンジ色のシャフトは暴れることなく、しっかりとついてきてくれました。


タイミングも合いやすいです。



構え感
ボールを前にして構えてみても、予想通りいいです。


すごく構えやすいです。


かなりのシャロータイプですし、球があがりやすそうだったので、今日は直打ちで試してみることにしたのですが、それでもすごくあがりやすそうな印象を受けます。


フェース面の見え具合はスプーンらしいところもあるのですが、球が浮きやすそうだな・・・。というのがすごく伝わってきました。


ラインもイメージしやすく、素直に振っていけばいいのだと思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、とてもいいです。


クリークのイメージのまま打っていくことができました。


心地良い感触がしばらく手に残りました。



打球音
『音』も、いいです。


はっきりとしていますが、大きすぎず気持ち良く振っていくことができました。


インパクトをしっかりと耳で感じとることができる音です。


何といいますか、『球筋を整えてくれる音』だな・・・。と思いました。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


直打ちでも、充分あがってくれました。


スプーンということを忘れてしまいそうでした。


タフなFWではないと思いました。


クリークを試打したときに、よくあがるな・・・。と思ったのですが、それがスプーンになってもあまり変わらない印象でした。



バックフェース
『安定性』という点では、普通だと思いました。


特別曲がりにくいというタイプではないと思いましたが、顔がいいですし、シャフトもしっかりしているので、ラインも出しやすいですし、球が乱れる気配はありませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れているな・・・。と思いました。


球がしっかりとあがってくれ、ドロップすることなく、綺麗な放物線を描いていきました。


キャリーもしっかり稼ぐことができました。


ティアップしてもいいパフォーマンスを発揮してくれそうでしたが、直打ちで充分だな・・・。と思いました。


これだけよく飛んでくれるのならば、『直打ち用3W』として、バッグに入れておきたいな・・・。と思うほどでした。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


左右どちらとも同じように反応してくれました。


敏感過ぎるタイプではなく、ある程度の大らかさのようなものをもっているように思いました。



ヒール側
ヤマハの今年のモデルはドライバーなどもいいですが、このFWもすごくいいな・・・。と思いました。


クリークもいいですが、どちらかというと私はこの3Wのほうが購買意欲を刺激されました。



YAMAHA RMX FW
このようなクラブが1本入っているだけで、すごく楽になるだろうな・・・。と思いました。


パー5のホールで、ティショットをミスしても、セカンドでこのクラブがカバーしてくれそうだな・・・。と思いました。



YAMAHA RMX FW
顔がいいのはヤマハなので、当然ですが、一番印象に残ったのは『球のあがりやすさ』です。


タフな感じは全くしませんでした。


打感や音もいいので、使っていてもストレスを感じません。



YAMAHA RMX FW
今日は練習場でしたが、機会があれば是非コースでも試してみたいです。


練習ラウンド無しで、いきなり競技で使ってみるのもアリだな・・・。と思いました。


                         
        
                         

コメント

非公開コメント
        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
帰ってきた3カ月目の初心者様。はじめまして
帰ってきた3カ月目の初心者様。はじめまして!
golfdaisukiと申します。

この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せてくださいまして、まことにありがとうございます。
また、返信が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

ところで、今回は3Wについてのご質問を頂戴しており、どのような場面で・・・。ということですが、ティショットでも使えますし、パー5のセカンドで使うのは一般的ですね。
他にも状況によって、グリーン周りのアプローチで使うこともありますね。

帰ってきた3カ月目の初心者様は、5Wで240ぐらいいくということで、とても素晴らしいと思いました。
一般的にいえば、5Wでそれくらいの距離が出ると3Wを必ずしも使うことはないのかもしれないですね。

5Wと3Wの違いは、ロフトと長さですが、帰ってきた3カ月目の初心者様が3Wの必要性を感じておられないのであれば、無理にバッグに入れられることは無いと思います。
今は優れた5Wがたくさんありますね。
ロフトが寝ているので、確実に球を浮かせてくれます。
3Wと5Wの一番の違いはもちろん、飛距離です。

ルール上、バッグに入れられるのは『14本以内』と決まっているので、セッティングによっては3Wを外すことも充分考えられますね。
事実、私の周りでも3Wを入れていない友人はたくさんいます。

私は3Wを入れて5Wを入れていないですが、そういったセッティングはその人の個性でもあると思うので、自分に合った、またラウンドするコースに合ったセッティングにしていきたいですね。

帰ってきた3カ月目の初心者様は、RBZが合いにくいようなので、お尻が重たい(いわゆる深重心タイプ)のFWのほうが合いやすいかもしれないですね。
浅重心タイプは好みがはっきり分かれると思います。
私たち日本人には深重心タイプのほうが合いやすいと思います。

海外で人気があるからといって、それが即日本でも合うとは限らないですね。

今は素晴らしいクラブがたくさんあるので、迷ってしまうことも多いですね。
できる限り納得できる試打をして購入したいですね。

またシャフトを替えると、クラブは生まれ変わったように性能がアップしますので、ご自身に合うシャフトも見つけていただきたいと思います。

今は5W並みにあがりやすい3Wもたくさんあるので、そういったクラブも是非試していただきたいと思いました。

以上が私の考えなのですが、参考にしていただけましたでしょうか?
これからも記事を書いていきたいと思いますので、お時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。

それでは失礼いたします。