キャロウェイ GREAT BIG BERTHA ドライバー - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2015年10月17日
  

キャロウェイ GREAT BIG BERTHA ドライバー

                 
キャロウェイ GREAT BIG BERTHA ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは キャロウェイ GREAT BIG BERTHA ドライバー です。



BIG BERTHA
シャフトは BIG BERTHA です。

ロフトは9度、クラブ長さは45インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は53g、トルクは5.5、キックポイントは中調子、バランスはD1.5、クラブ総重量は310gです。



正面
キャロウェイビッグバーサシリーズの新しいモデルです。


キャロウェイらしく、全体が黒でとてもカッコいいです。


機能的なデザインもキャロウェイらしいところです。



GREAT BIG BERTHA
とても懐かしい名前です。


グレートビッグバーサは一世を風靡しました。


ビッグバーサが大人気で、その後継モデルとして注目されていましたが、ビッグバーサよりもさらに易しくて飛ばせると評判になりました。


私の周りにも使っておられる方がたくさんいらっしゃいましたし、私も何度か試打させてもらったことを覚えています。


グレートの次は『ビゲスト(BIGGEST)』でしょうか?


あの頃はまだ、キャロウェイはダンロップから発売されていたように思います。



側面
昔のグレートビッグバーサとは、大きく違うな・・・。と思いました。


名前は同じでも、全く印象が違います。


飛びや安定性などの基本性能が飛躍的にアップしているのは間違いないですし、調整機能はあの頃では考えられなかったように思います。


『イメージできることは、全て形にできる』というのは、あるメーカーの言葉ですが、それをまさに実現しているように思います。



ウェイト移動システム
ウェイトを移動させることができるようになっています。


昨年試打したBIG BERTHAと同じですし、MIZUNOのドライバーを思い出しました。


この調整システムはBIG BERTHAよりも、MP-630の印象のほうが強いです。


構え感を全く変えずに球のつかまりを調整できるのはとても画期的なことだと思います。


フェースアングルを変えずに球筋を変えることができれば、それに越したことはないと思っています。


ただ、ウェイトの位置によって、フィーリングなども変わってくるので、注意が必要だということを経験で解っているつもりです。


できれば、ノーマルな状態で使っていきたいと思います。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていました。


これによってロフトが変えられるのだと訊きました。


ウェイトを移動させることができて、ロフトも変えられるのだから、まさに『至れり尽くせり』といったところでしょうか?



N S ポジション
試打するのは、この『N』と『S』のポジションです。


これが、いわゆる『ノーマル』なポジションなのだと思います。



ネック長さ
ネックの長さは、やや長く見えますが、調整機能が付いているので、これくらいが標準といえるのかもしれません。


キャロウェイのドライバーのなかで、見慣れた長さだと思います。



ソールのウェイト
ソールのフェース寄りにウェイトがひとつだけあります。


この位置にあるということは、『浅重心』タイプということになるのでしょうか?



R・MOTO TECHNOLOGY
『R・MOTO TECHNOLOGY』という文字がありました。


これは、前に試打したモデルにも見られました。


キャロウェイ独自の技術なのだと思います。



シャローヘッド
シャロータイプのヘッドです。


このような形状が今はとても多いです。


キャロウェイのドライバーにはディープな印象は無いので、このシャローさも当たり前のような気もします。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップも、キャロウェイのクラブではお馴染みです。


コンパウンドタイプで硬めのフィーリングです。


ソフトさは無いですが、しっかり感があって滑りにくいタイプです。


ドライバーには、このようなしっかり感を求めておられる方も多いのではないでしょうか?



ソールの溝
とても浅いですが、よく見るとソールには溝のようなものがありました。


赤い色がつけられていて、よく目立つのですが、かなり小さいので、他のメーカーのような『溝』という概念で作られているのではないかもしれない・・・。と思いました。



顔
顔はいい感じでした。


思っていた以上にコンパクトに収まっていました。


シャロータイプですし、最新モデルなので、もっと投影面積の大きい顔をしているだろう・・・。と思っていたのですが、違っていました。


すごく小顔ということはないですし、ある程度の大きさはありますが、大きく感じさせないのがいいな・・・。と思いました。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずでした。


『純正シャフト』が挿してあるので、それほどハードな感じはしないだろう・・・。と思っていましたが、やはりその通りでした。


かなり軽くて軟らかいので、タイミングを整えていくことを最優先しました。


カッコいいヘッドですし、期待感がこみあがってきました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、いい印象をもつことができました。


とても構えやすいです。


中立的に近い構え感をもったドライバーだな・・・。と思いました。


左右に曲げるというよりも、真っ直ぐに近いイメージのほうが色濃く出たので、そのイメージのまま打っていこう・・・。と思いました。


『逃がし』『つかまえ』でいえば、どちらかというと『つかまえ』タイプだとは思いますが、左が気になることはありませんでした。


シャフトのしなりを抑え気味にして、タイミング重視で振っていくことにしました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は硬くなく、どちらかというとややまったりとした感じでした。


これまでのキャロウェイのドライバーで経験してきた打感でした。



打球音
『音』は少し大きめですが、全く問題ないです。


昔のグレートビッグバーサはもっと高い金属音でしたが、同じ名前でもずいぶん違うな・・・。と思いました。


名前は同じでも、やはり『全くの別物』といったほうがいいのだと思いました。


昔の面影は無いですし、名前はあくまでもメーカーが付けるものなので、あまり気にしなくてもいいのかもしれません。


ビッグバーサは大砲という意味ですし、そこにグレートが付くので、凄い名前だな・・・。と改めて思いました。


ダンロップの『マックスフライ(最大の飛び)』くらい、インパクトのある名前です。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、今のドライバーの中では結構しっかりしているほうだと思いました。


打つ前はもっとあがりやすくて弾道が高いだろう・・・。と思っていたのですが、違っていました。


タフであがりにくいというほどではありませんが、やや抑えめの弾道でした。


今はすごくタフなドライバーもありますし、逆に上がりすぎるドライバーもあります。


それらを総合して考えてみると、真ん中付近になるのかな?と思いましたが、どちらかといえばしっかりとしたタイプだと思います。


タフ過ぎない浅重心タイプドライバーといえるでしょうか?


ある程度のHSが無いと浮ききらない・・・。と感じられるかもしれません。



バックフェース
『安定性』は平均的なほうかな?と思いました。


ヘッド自体のもつ易しさはまずまずですが、ウェイトを移動させることによって、弾道を大きく変えることができれば、それが易しさにつながっていくのかもしれない・・・。と思いました。


ヘッドは高い直進性があって曲がりにくいという印象はあまりないですが、プレイヤー自身に合ったウェイト調整で補っていくタイプなのだと思いました。


ノーマルなポジションのままで打つと、球はつかまり過ぎず、右に逃がしやすい印象をもちました。


ウェイトを移動させることによって、どのように球筋が変わっていくのか興味があります。


今度、専用の工具を使って、色々と試してみたいと思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、いい感じでした。


ライナー系というほどではなく、ある程度高さも出せました。


高~い弾道ということはありませんでしたが、しっかりとキャリーを稼いでいくことができました。


フェースの弾きもいいですし、弾道も力強いです。


これまでキャロウェイのドライバーをたくさん試打しているので驚くようなことはありませんでしたが、キャロウェイらしいレベルの高さは感じました。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


左右に曲げることはできましたが、あまりインテンショナルな球を打つタイプではないと思いました。


自分の持ち球で勝負し、逆球はリスキーな感じがしました。


シャフトが遅れてくるので、最初のうちはタイミングを合わせるのが少し難しく感じられました。



ヒール側
シャフト自体はこれまで通り、ソフトスペックだと思いましたが、ヘッドはイージー過ぎないタイプだと思いましたし、そこが一番印象的でした。


敷居の高いドライバーではありませんが、どちらかといえばヒッター向けのドライバーだと思います。



キャロウェイ GREAT BIG BERTHA ドライバー
これまでのモデル同様、調整機能も充実しているので、そこに魅力を感じられる方も多いのではないでしょうか?


調整機能付きドライバーは、これまでもたくさん試打してきましたが、なかには基本性能が疎かになっていて、ただ調整ができるタイプもありました。


私は魅力を感じませんでした。



キャロウェイ グレートビッグバーサ ドライバー
しかし、このドライバーは基本性能もしっかりしていますし、調整機能とのバランスも上手くとれているように思います。


昔のグレートビッグバーサはもっと、ユーザー層を広げていたような印象があるのですが、時を経て誕生したこのニューモデルはある程度絞り込んでいるような気がします。


純正でこのように感じるのだから、カスタムシャフトだと、もっとしっかりとした印象になるだろう・・・。と思いました。



Callaway GREAT BIG BERTHA ドライバー
キャロウェイらしく、黒いデザインがとてもシブいです。


しかし、『ビッグバーサ』という名前が付いているので、昔のような『メタルカラー』のモデルも見てみたいな・・・。と思いました。


昔を懐かしむことができそうです。



Callaway GREAT BIG BERTHA DRIVER
調整機能はある程度落ち着いたように思いますし、これ以上はもう複雑にならないような気もします。


複雑になりすぎても、あまり意味がないのかもしれません。


あくまでもプレイヤーに合ったヘッドとシャフトとグリップ。


それがあって初めて調整機能が活きてくるのだと思います。


私はまだこのような調整機能付きドライバーを所有したことがありませんが、色々と変えてみるのも面白いだろうな・・・。と思いました。


また試打してみたいです。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント