アストロツアー F フェアウェイウッド - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2015年10月02日
  

アストロツアー F フェアウェイウッド

                 
アストロツアー F フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは アストロツアー F フェアウェイウッド の5番 です。



ATTAS FW
シャフトは ATTAS FW です。

ロフトは18度、クラブ長さは42インチ、シャフトフレックスは75S、シャフト重量は73g、トルクは3.1、キックポイントは中調子 です。



正面
アストロツアーのFWです。


あまり出会うことはありませんが、ドライバーにはいつも好感をもっているので、このFWにも期待できそうだな・・・。と思いました。


全体的な質感なども、いい感じです。



側面
アストロツアーはどちらかというとディープな印象がありますが、このFWはシャローな感じがしました。


クリークということもありますし、球のあがりやすさに配慮されているのかもしれません。



バックフェースのウェイト
ウェイトはひとつだけ配置されていました。


今は複数のウェイトが配置されたFWも珍しくないですし、調整機能も普通になってきているので、すごく珍しい感じがします。


六角レンチがあれば、簡単に交換できそうです。



ネック長さ
ネックの長さはノーマルです。



セミシャロー
セミシャローといっていいでしょうか?


見慣れた形状です。



顔
いい顔をしています。


小顔で丸っこいです。


クリークらしい大きさです。



振り感
素振りをしても、いい感じでした。


余計な動きをすることもなく、タイミングも取りやすいと思いました。



構え感
とても構えやすいです。


ナチュラルな感じで、いいイメージが湧いてきました。


アストロツアーらしい構えやすさです。


こういったところはドライバーと共通します。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで良いです。


イメージしていた通りの打感でした。



打球音
『音』も好感がもてました。


ちょうどいい大きさでした。


気持ち良く振っていくことができました。



トゥ側
球もあがりやすくて、タフな印象はありませんでした。


クリークらしい高弾道でした。



バックフェース
『安定性』は、まずまずだな・・・。と思いました。


特別高い直進性があるという感じはしませんでしたが、自然に振っていけるので、特に難しく感じるところはありませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能『は、今のFWの中でも平均的なほうかな?と思いました。


特別秀でているとは思いませんでしたが、いい印象が残りました。



操作性
『操作性』は、いい感じでした。


扱いやすいです。


変なクセがなく、プレイヤーの持ち球を活かしやすいFWだと思いました。


左右どちらにも偏ることなく、対応してくれました。



ヒール側
特別、ここの部分が凄いな・・・。というところはあまり感じなかったのですが、バランス良く整っているように感じました。


構えやすさと、独特の弾道の高さから、上から狙って落としていけるように感じました。


私のホームコースは砲台グリーンが多いので、是非試してみたいです。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント