ロイヤルコレクション TRI-ONE IRON Dr.FC - ゴルフクラブ試打日記


Post

      
2015年09月22日
  

ロイヤルコレクション TRI-ONE IRON Dr.FC

                 
ロイヤルコレクション TRI-ONE IRON Dr.FC
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ロイヤルコレクション TRI-ONE IRON Dr.FC です。



オリジナルスチール
シャフトは オリジナルスチール です。

ロフトは40度、クラブ長さは36.5インチ、クラブ総重量は476gです。



正面
見たこともない巨大さに、ただただ唖然としてしまいました。


この大きさは今まで経験したことがありません。


以前、パワービルトの大きなウェッジを試打したことがあるのですが、このアイアンの大きさはそれをさらに上回っているように見えます。


今度機会があれば見比べてみたいと思いました。


ラージサイズのアイアンを好まれる方はたくさんいらっしゃると思いますが、ここまで巨大だと驚かれる方が殆どではないでしょうか?


ロイヤルコレクションから発売されていることも驚きました。



側面
他に類を見ない巨大さですが、形状自体はオーソドックスな感じがします。


こうして単体の写真で見ていると、これまでたくさん出会ってきたアイアンのような感じもします。



彫りの深さ
彫りの深さはそれほど深くなく、平均的なキャビティアイアンといったところでしょうか?



ソール幅
かなりのワイドソールなのですが、こうして全体的なバランスとして見てみると、広くはありません。


むしろ『控えめなソール幅』といえるでしょうか?



リーディングエッジ

リーディングエッジには削りが入っていて、細かなところにも配慮されているんだな・・・。と思いました。


ただ単に大きすぎて大味なタイプのクラブではないと思いました。


ヘッドがあまりにも大きすぎるので、削る量も多かっただろうな・・・。などと考えていました。



ネック長さ
ネックは短めでした。


大きさはとても個性的ですが、それ以外はやはり今のアイアンの流れをいっているんだな・・・。と思いました。



フェース面のデザイン

フェース面のデザインが変わっていました。


この丸いところでヒットすればいいんだな・・・。と思いました。


独特な質感のあるフェース面でした。


あまり見たこともない仕上げになっています。


何となくですが、『樹脂系』の質感に似ているな・・・。と思いました。


フェース面のデザインや質感などで、打感のイメージが湧いてくることもあるのですが、今日は湧きませんでした。


どのような打感なんだろう?きっと未知の打感に違いない・・・。などと考えていました。



ミーリング無し

フェース面にミーリングはありませんでした。



オリジナルグリップ

このオリジナルグリップは、なかなかいい感じでした。


ヘッドがかなり大きいので、必然的にグリップも太くなるのかな?と思っていましたが、そうでもありませんでした。


ごくノーマルなグリップです。



三浦技研 MB-5003との大きさの違い


三浦技研 MB-5003との大きさの違い


三浦技研 MB-5003との大きさの違い

他のアイアンと大きさを見比べてみよう・・・。と思い、『小顔の代表』ともいえる、三浦技研のMB-5003と並べてみることにしました。



振り感

これだけ大きいのだから、かなり重いだろうと思っていたのですが、それほどでもありませんでした。


アルミが使われているのだと訊き、納得しました。


普通の軟鉄やステンレスなどが使われていたら、おそらく重すぎて振れないだろうな・・・。と思いました。


シャフトも耐えきれないかもしれません。



構え感

ボールを前にして構えてみても、かなり違和感があります。


ヘッドの形状自体はオーソドックスな感じなのですが、あまりにも大きすぎて落ち着きません。


ボールがかなり小さく見えてしまいます。


なかなかイメージが出ませんでした。


どのような球が出るのか?どのようなフィーリングなのか?出球の高さのイメージは?


疑問だらけでした。


あまりの大きさにフォーカスを固定することができませんでした。


クラブ自体も、かなり短く見えてしまいました。


スナックゴルフのクラブを構えているようでした。



三浦技研 MB-5003との長さの違い

あまりにも短く見えてしまったので、MB-5003と長さを比べてみたのですが、同じでした。


長さは同じでも、これだけ相反する性格のクラブがあるのは面白いことだと思いました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』は、正直あまり良くないと思いました。


物足りない感じがしました。



トゥ側

『球のあがりやすさ』は普通でした。


どのような高さがでるのか、全くイメージできなかったのですが、普通のアイアンと同じようにあがってくれました。


タフな感じは全くしませんでした。



バックフェース

『安定性』はすごく高いと思いました。


大きさの分だけ、寛容さもアップしているように思います。


フェース面の丸いところだけでなく、もっとワイドにスイートエリアが広がっているように感じました。


キャビティ効果もあると思うのですが、これがもしマッスルバックタイプだったら、どのようになるのだろう?と思いました。



飛距離性能

『飛距離性能』は、あまり高くないと思いました。



操作性

『操作性』という点では、少し難しい感じがしましたが、思っていたよりは扱いやすいな・・・。という印象をもちました。


球を曲げることもできました。


しかし、あまり大きく曲げることはできませんでした。


かなりの『大船タイプ』のアイアンといっていいと思います。



ヒール側

かなり巨大なので、これがもし『セット』として売られていて、それぞれ番手があったとしたら、とてもじゃないけどキャディバッグの中に入りきらないな・・・。と思ったのですが、このクラブ1本だけということですし、あくまでも『練習器具』なのだということを訊き、納得しました。


とても面白い練習器具だと思いました。



Royal Collection TRI-ONE IRON Dr.FC

普通のクラブではなく、あくまでも練習器具ということであれば、この大きさのメリットもあるのではないかな?と思いました。


私はここまで大きいクラブを扱うのが難しく感じられたのですが、大きいからこそ、また難しく感じられるからこその効果も期待できるのだと思います。



Royal Collection TRI-ONE IRON Dr.FC

先日、『G MAX』というラージサイズのアイアンを試打したばかりですが、このクラブの大きさとは比べものになりません。


ショッキングな大きさです。



Royal Collection TRI-ONE IRON Dr.FC

このアイアンで、私はイメージを出しづらく、フィーリングも合わなかったのですが、もしこのようなタイプのアイアンでもイメージをしっかりと出すことができ、フィーリングも合わせることができたとしたら、自分自身のスキルアップにもつながるのではないかな?と思いました。


苦手なタイプだからこそ、学べるといいますか、吸収できることもあるのだと思います。



Royal Collection TRI-ONE IRON Dr.FC

これだけ大きいクラブを使って練習することの効果を、今日ははっきりと把握することができず、苦手意識や違和感ばかりが先行してしまいましたが、また手にする機会があれば、もっとじっくりと試してみたいと思いました。



Royal Collection TRI-ONE IRON Dr.FC

『美顔の代表格』ともいえるロイコレから、このようなクラブが発売されているのは意外でしたが、これからも私たちゴルファーの為に素晴らしいクラブや練習器具を開発して欲しいと思いました。

                         
        
AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1 チャップアップ

ツアープロコーチ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム



                         

コメント

非公開コメント