つるや アクセル ZX HM ドライバー - ゴルフクラブ試打日記


Post

      
2015年04月02日
  

つるや アクセル ZX HM ドライバー

                 
つるや アクセル ZX HM ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは つるや アクセル ZX HM ドライバー です。



Speeder
シャフトは Speeder です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは46インチ、シャフトフレックスはS、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は289gです。



正面
久しぶりに出会った、つるやのドライバーです。


殆ど出会う機会がないので、印象が薄いところもあるのですが、今日は久しぶりに出会うことができて嬉しく思いました。


こういう質感だったな・・・。と思いました。



側面
形状的には、今の流れを汲んでいるように思います。


シャローな感じもしますが、それが強すぎず適度な厚みもあるように思います。



ネック長さ
ネックの長さは標準的な感じがします。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていました。


今のトレンドはしっかりと押さえてあるようです。



9.5
『9.5』と表示されていました。


ロフトを調整できるようです。


何度から何度まで調整できるのでしょうか?



T.C.S.II
ヒール側には『T.C.S.II』と記されていました。


どういった意味があるのでしょうか?



バックフェースのアクセサリー
このアクセサリーのようなものはウェイトの役目を果たしているのでしょうか?


それとも単なるアクセサリーなのでしょうか?



DUAL IMPACT Technology
『DUAL IMPACT Technology』と記されていました。


これは、歴代のつるやのドライバーに見られたところです。


メーカーの技術力が結集されているのだと思います。



セミシャロー形状
今はシャロー系が全盛なので、このドライバーが少し厚めにも見えますが、こうして見ると、やはりセミシャローな感じがします。



顔
独特な顔をしています。


つるやらしいな・・・。と思いました。


正直、美顔だとは思わなかったのですが、機能性を追求していったら、このような顔になったのかもしれません。


見とれることもなく、淡々と見つめていました。


気持ちがぐっと盛り上がることはありませんでしたが、強い苦手意識のようなものが芽生えることもありませんでした。


『淡々』という言葉がピッタリでした。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、なかなかいい感じです。


あまり見かけないグリップパターンになっています。


ここにもメーカーのこだわりがあるように見えました。



構え感
まずまずの構え感でした。


ヘッド後方がよく伸びていました。


『今風(いまふう)の顔』だな・・・。と思いました。


どちらかといえば、つかまりやすそうな印象をもちました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、すごくソフトというよりは、ややしっかりめな感じでした。


好感のもてる打感でした。


手に嫌な衝撃が残ることもありませんでした。



打球音
『音』は、おとなしめでしたが、小気味いい感じで好印象でした。


やや高めの音で、気持ちよく振っていくことができました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は、まずまずでした。


タフな感じはしませんでしたが、今は高弾道系のドライバーも多いので、それらと比べると、ややしっかりめなタイプなのかもしれません。


高く打つこともできましたが、高くあがって終わり・・・。ということもなく、しっかりと前に運んでいってくれました。


ヒッター向けのドライバーだと思いました。



バックフェース
『安定性』という点では、高いと思いました。


少々の打点のブレにも対応してくれる大らかさを感じました。


球筋もブレにくい感じがしました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、いい感じでした。


ボール初速も速いです。


強く伸びのある球を打つことができました。



操作性
『操作性』という点では、少し難しいと思いました。


あまり操作したくないタイプです。


できるだけ細工をせずに自然に振っていきたいドライバーです。



ヒール側
久しぶりに出会ったつるやのドライバーですが、なかなかいい感じだな・・・。と思いました。


購買意欲が刺激されることは無かったのですが、上手くまとまっているドライバーだと思いました。



つるや アクセル ZX HM ドライバー
ヘッドには様々な最新テクノロジーが搭載されているだろうとは思うのですが、それを強く感じとることはできませんでした。


何年か前に出会ったドライバーよりも、すごく進化しているとは思えませんでした。



つるや アクセル ZX HM ドライバー
ヘッドよりも、装着されているシャフトの印象のほうが強く残りました。


このドライバーの主役はヘッドではなく、明らかにシャフトだと思いました。


高いポテンシャルの比率は、シャフトのほうが圧倒的に高いように感じました。


ヘッドも仕事をしていると思いましたが、それ以上にシャフトのほうが仕事をしているように感じました。



つるや アクセル ZX HM ドライバー
つるやのドライバーをあまり手にしたことがないのでよく分かりませんが、ずっとこのような質感なのでしょうか?


もう少しカッコいいデザイン、高めの質感でもいいんじゃないかな?と思いました。


すると、もっと興味がもてたような気がします。


なかなかいいドライバーだな・・・。と思いましたが、試打していて、気持ちが揺れ動くことはありませんでした。


最初から最後まで、ずっと淡々としていて、抑揚がありませんでした。



つるや アクセル ZX HM ドライバー
今度はいつ、またつるやのドライバーに出会えるか分かりませんが、これからも期待したいと思いました。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント