ミズノ JPX 850 フェアウェイウッド - ゴルフクラブ試打日記

室内にいながらラウンドプレイや練習ができるゴルフシミュレーター まずは無料資料請求を

ライザップゴルフ

Post

      
2015年03月13日
  

ミズノ JPX 850 フェアウェイウッド

                 
ミズノ JPX 850 フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ミズノ JPX 850 フェアウェイウッド の3番 です。



オロチ カーボンシャフト
シャフトは オロチ カーボンシャフト です。

ロフトは15度、クラブ長さは43インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は50g、トルクは4.5、キックポイントは中調子、クラブ総重量は312gです。



正面
ミズノJPXシリーズのFWです。


先日ドライバーを試打しましたが、今日はFWを試打する機会に恵まれました。



側面
ドライバーはウェイトが移動できるシステムになっていましたが、このFWにはありません。


ヘッド体積の小さいFWには、それほど効果が期待できないのでしょうか?



ソールの溝
その代わりかどうか解りませんが、ソールにはとてもよく目立つ溝がありました。


溝のあるFWはよく見かけるようになりましたが、このクラブの溝は変わっています。


『段々』になっています。


この溝を見ていて何となく、昔、観光で訪れたことのある、宮崎県の『鬼の洗濯板』を思い出しました。


とても印象に残りやすい溝です。


この溝にも、ミズノの深い研究が込められているのでしょうか?



溝の深さ
溝の深さも、結構あります。


溝の効果も期待できそうです。



ネック長さ
ネックの長さは結構あります。


今はショートタイプも多いので、このFWが少し長く見えます。


ドライバーにはあった、ネックの調整システムがありません。


やはりウェイトと同じ理由で、FWにはそれほどの効果が期待できないからなのかな?と思いました。


それとも、あまりゴチャゴチャした感じを良しとしない、メーカーのこだわりなのかな?と思いました。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインも個性的です。


最近はフェース面にも、溝が無いものが多いですが、このFWにはしっかりと溝がありました。



シャローバック
シャローバック形状です。


見慣れた感じがします。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップの『パターン』も、少し変わっています。


実際に握ってみても、滑りにくいタイプだな・・・。と思いました。



顔
とてもいい顔をしています。


この整った顔はミズノらしいです。


『MP』『JPX』にかかわらず、ミズノに異型は似合いません。


昔、出会ったことがありますが、すごく違和感がありました。


このFWの顔はとても好感がもてます。


ブルーもとても美しいです。


ヘッドには適した色だと思います。


ミズノのイメージにも合っています。


この美しいブルーとクラウンマークが、よく映えているな・・・。と思いました。



振り感
素振りをしてみると、シャフトがかなり軟らかいです。


フレックスが『SR』ということもあると思うのですが、おそらく『S』でも、かなり軟らかく感じただろうと思います。


タイミングも少し取りづらい感じがしました。


遅れてくる感じがしました。


最初のうちはあまり振りにいかず、『様子見』的な感じでいこう・・・。と思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、とてもいい感じです。


ラインもイメージしやすいです。


青という色は、集中力を増してくれる色だな・・・。と、改めて思いました。


『赤系』の色もよく見かけますが、私は『青系』のほうが好きですし、いい思い出がたくさんあります。


シャロー感を感じたせいか、球があがりやすそうな印象を受けました。


逃がすイメージも出せたのですが、どちらかというとつかまるイメージのほうが強く出ました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで良いと思いました。


フェースの弾きも感じられました。



打球音
『音』は、はっきりしていますが、大きすぎず高すぎず、ちょうどいい感じでした。


音で弾道を作っていけるタイプだな・・・。と思いました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、打つ前に予想していたよりは、結構しっかりとしている印象をもちました。


かなりシャロー感がありますし、今は球のあがりやすい3Wが多いので、このクラブもそのようなタイプだろう・・・。と思っていました。


しかし、実際はちょっと違う印象をもちました。


ソールに溝があって、それが『低スピン効果』を発揮しているのでしょうか?


それが、この弾道の要因になっているのかな?と思いました。


これまでのJPXのFWとはちょっと印象が違いました。


見た目はイージー系ですが、結構アスリート色が強いFWだと思いました。


勿論、すごくタフで球があがりにくい・・・。という印象は無いのですが、予想していたよりは、しっかりとした印象をもちました。


ティアップはともかく、直打ちでは、ある程度HSが無いと球が浮きづらいかもしれません。



バックフェース
『安定性』はまずまずでした。


ヘッド自体はそれほど難しい印象はなかったのですが、装着されているシャフトが私には難しく感じられました。


暴れてしまうので、なかなか振りにいくことができませんでした。


タイミングがなかなか揃いませんでした。


できれば違うシャフトでも試してみたいな・・・。と思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じでした。


低スピン性能があって推進力もありますが、少しクセがあるので、ショットの成否にバラつきが出てしまいました。


ヘッドのもつポテンシャルと、シャフトのもつポテンシャルが少し合っていないかな?と思いました。



操作性
『操作性』は普通だと思いました。


球がつかまりやすい感じもしますが、『つかまり専門』という感じはなく、逃げやすい性格も持ち合わせていると思いました。


なので、スライスに悩んでおられる方には、少し難しく感じられるかな?と思いました。



ヒール側
見た目の印象と、実際に打ってみたときのギャップがあるFWだと思いました。


シャフトは、かなりソフトスペックだと思いますが、ヘッド自体は結構しっかりしている感じがしました。


昔は『シャロー=頼りない』という印象もありましたが、今は必ずしもそうとはいえないと思います。


このクラブがまさにそうです。


しっかりとした印象がありますが、それはあくまでも『見た目の印象に対して』という部分が大きいです。


球があがりづらくて、敷居が高いタイプではありません。



ミズノ JPX 850 フェアウェイウッド
ティアップして打つと、かなり高くあがったので、ティショットで多用するのもいいのかな?と思いました。


違う番手でも試してみたいと思いましたし、できれば違うシャフトでも試してみたいと思いました。



MIZUNO JPX 850 フェアウェイウッド
同じミズノでも、私はどちらかというと『JPX』よりは『MP』のほうが慣れ親しんだ感があります。


JPXは『試打だけ』ということも多いです。


MPと比べると、JPXは『機能性』があり、メーカーも色々と試すことができるイメージがあります。



MIZUNO JPX 850 フェアウェイウッド
だからといって、JPXがMPよりも劣っているとは思いません。


MPよりもJPXのほうが好きだ・・・。という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?


昨年秋に出会った新しいMPよりも、私は今年のJPXのほうがいい印象があります。


特にドライバーはJPXのほうが気に入りました。


『飛距離』という点でも、完全にJPXのほうが上だと思います。


このFWも、シャフトを変えればもっともっと親近感が増すだろう・・・。と思いました。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント