テーラーメイド GLOIRE F アイアン - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2014年10月31日
  

テーラーメイド GLOIRE F アイアン

                 
テーラーメイド GLOIRE F アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは テーラーメイド GLOIRE F アイアン の7番 です。



GL3300
シャフトは GL3300 です。

ロフトは31度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は58g、トルクは2.9、バランスはD1、キックポイントは先調子、クラブ総重量は371gです。



正面
テーラーメイド グローレシリーズのアイアンです。


グローレのブランドイメージ通り、上品なデザインになっています。


機能性を追求しながらも、そこにはきちんと『品の良さ』も保たれているように見えます。



側面
オーソドックスなタイプのアイアンです。


昔のテーラーメイドの『イージー系』アイアンは、腫れぼったい感じの物が多く、あまり馴染めなかった物もあったのですが、このアイアンはそんなマイナス的な感じはしませんでした。



彫りの深さ
彫りの深さも結構ありますが、深すぎないところがいいな・・・。と思いました。



ソール幅
ソール幅は少し広めですが、極端に広い感じはしません。


今のアイアンの中でもスタンダードといえる幅だと思いました。



ソールの溝&刻印
ソールにある、この『溝』のような物も、すっかりお馴染みになりました。


テーラーメイドらしい個性が感じられます。


これだけずっと継続しているということは、それだけ効果があるということなのでしょうか?


『7』の刻印も、面白いところにあるな・・・。と思いました。



ネック長さ
ネックは、やや短めです。


グースも利いているのが解りました。



トップラインの厚さ
トップラインは少し厚めですが、邪魔になる厚さではないと思いました。



ミーリング無し
フェース面にはミーリングはありませんでした。


テーラーメイドのアイアンにミーリングのイメージは無いのですが、このアイアンも、やはりそうでした。


色々なクラブを試打していると、同じように感じ、個性を感じにくいことも多いのですが、メーカーによって、このミーリングの有り無しがはっきりしているのが面白いと思いました。


ウェッジほどの効果は、アイアンではあまり期待できないのかもしれません。


『ハイテク』や『機能性』をウリしているテーラーメイドがミーリングをしないということは、それだけ効果が薄いからなのかな?と思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみて、意外と構えやすいな・・・。と思いました。


少しクセのある顔をしているのかな?と思ったのですが、実際はそうではありませんでした。


違和感なく構えることができました。


グースも少し利いていますが、苦手意識が芽生えてしまうほどではありませんでした。


見とれてしまうことはなかったのですが、落ち着いて構えることができましたし、マイナス的なところはありませんでした。


特に気をつけるとするならば、この『軽さ』だな・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、まずまずでした。


まあ、こんな感じかな?と思いました。



トゥ側
球はあがりやすいです。


タフな感じは全くしません。


メーカーの工夫がしっかりと活きているように感じます。



バックフェース
『安定性』も高く、見た目通り、寛容さのあるアイアンでした。


形の整った品の良い『イージー系アイアン』だと思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れています。


テーラーメイドのハイテクが、このアイアンにも注ぎ込まれているようです。


アイアンでも飛ばしたい方には、とても魅力的な存在になってくれるのではないでしょうか?


昔の『飛距離系アイアン』は、変なクセがあったり構えづらかったりした物が多かったですが、最近はすごく良くなりました。


構えやすくなりました。



操作性
操作性はまずまずでした。


左右にも曲げることができましたが、どちらかといえば『大らかな』感じがしました。



ヒール側
テーラーメイド グローレシリーズのニューアイアンですが、全体的な印象としては、これまでのモデルと大きな違いは感じませんでした。


最初から最後まで、ずっと「こんな感じなんだろうな・・・。」という予想の範囲内に収まっていました。



テーラーメイド GLOIRE F アイアン
色々なハイテクが注ぎ込まれていますし、いいアイアンなんだろうな・・・。と思うところもあったのですが、斬新さのようなものは感じませんでした。


もうこれ以上は変わりようがないのかな?アイデアも出尽くしてしまったのかな?と思ってしまったのですが、これくらいで抑えているほうがいいのかもしれません。



テーラーメイド GLOIRE F アイアン
アイアンは機能性も大切ですが、やはりプレイヤーのもつ『フィーリング』を大切にしていきたいクラブなので、あまり奇をてらわないほうがいいような気もします。


そういった意味でも、このアイアンには好感がもてました。



テーラーメイド GLOIRE F アイアン
グローレシリーズは、あまり接する機会が多くないのですが、また試打することができれば試打したいです。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント