ONOFF FAIRWAY ARMS KURO - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2014年10月30日
  

ONOFF FAIRWAY ARMS KURO

                 
ONOFF FAIRWAY ARMS KURO
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ONOFF FAIRWAY ARMS KURO の3番 です。



SMOOTH KICK MP-615F
シャフトは SMOOTH KICK MP-615F です。

ロフトは15度、クラブ長さは42.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は65g、トルクは3.4、キックポイントは中元調子、バランスはD1、クラブ総重量は324gです。



正面
オノフのカッコいいフェアウェイウッドです。


先日、同じシリーズのドライバーを試打して、とても気に入ったので、このクラブにも期待できそうだな・・・。と思いました。



側面
ドライバーは結構ディープなタイプでしたが、このクラブはシャロー感が強いです。


『球のあがりやすさ』に配慮されているのでしょうか?



FAIRWAY ARMS
FAIRWAY ARMS(フェアウェイアームズ)というネーミングがオシャレです。


フェアウェイの腕ということでいいのかな?と思いました。


『腕の延長』として使って欲しい・・・。というメーカーの思いがあるのでしょうか?


フェアウェイウッドという名前は今でも使われていますが、『木』が使われなくなって、かなりの年月が経っているので、そろそろ名前を変えるタイミングなのかもしれません。


一時期『フェアウェイメタル』や『フェアウェイチタン』という言葉も使われていましたが、それほど浸透していないようです。



ネック長さ
ネックの長さは、標準的な感じがします。


ヘッド自体はシャロー感が強いので、もっとショートネックになっているのかな?と思っていましたが、ある程度の長さはキープされています。


美しい形状に仕上がっています。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップも、ソフトなフィーリングで、すごくいい感じです。



シャローヘッド
こうして見ても、かなりシャロー感がありますが、何といいますか、品があります。


易しさの中にも、上品さを失っていない感じがします。


美しいクラブは大好きなので、このクラブにも興味をもつことができました。



顔
顔も、とても整っています。


すごくいい顔をしています。


変なクセのない、澄んだ感じがします。



振り感
素振りをしてみても、まずまずです。


装着されているシャフトはハードなタイプではなく、よくしなります。


ヘッドもそうですが、このシャフトも球を上げてくれそうな印象をもちました。



構え感
とても構えやすいです。


すごく落ち着いて構えることができました。


最近のFWの中では、明らかに小顔だと思います。


『3W』ということを忘れてしまいそうでした。


何も知らなければ『4W』か『5W』と言われても、何ら違和感はないだろうと思います。


この小顔感に、私は好感がもてるのですが、もう少し大きいほうが安心できる・・・。という方もいらっしゃるかもしれません。


人によって好みが分かれるところだと思います。


この適度な大きさと整った顔のおかげで、いいイメージが出せました。


すごくリラックスすることができました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトでした。


この整った外見から想像しやすいフィーリングでした。



打球音
『音』は控えめな感じで、好感がもてました。


いくらでも打っていける、邪魔をしない音です。



トゥ側
球もあがりやすいです。


シャローヘッドが、上手く作用していると思いました。


球があがりやすそうだったので、ティアップせずに直打ちで打ってみたのですが、予想通りのあがりやすさでした。


ドロップする感じは全くありませんでした。


だいたいイメージした高さに飛んでいきました。


スプーンの直打ちで、これだけ高さが出せるのであれば、実戦でもすごく楽に感じるだろうな・・・。と思いました。


ちょっとタイプは違いますが、以前試打した『PINGのFW』を思い出しました。


同じような弾道だな・・・。と思いました。


最近は直打ちでもあがりやすい3Wが増えてきましたが、このクラブもまさにそんな感じがしました。



バックフェース
『安定性』は、まずまず・・・。といったところでしょうか?


シビアな感じは全くしないですが、『曲がりにくい』というほどではありませんでした。


普通に打っている限り、大きなケガにはつながりにくいタイプですが、『高い直進性』がある・・・。という感じはしませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』という点では、最近は飛び系スプーンがたくさんあるので、そういった意味では、『最高の飛距離性能』とはいえないのかもしれませんが、レベルの高さを感じることができました。


球は高くあがってくれるので、しっかりとキャリーを稼いでくれますし、昔のクラブのように吹き上がる感じはしませんでした。


『程良い低スピン性能』が保たれているのでしょうか?


親しみやすい飛距離性能だな・・・。と思いました。



操作性
『操作性』はまずまずでした。


安定性と操作性の、ちょうど中間くらいに位置しているかな?と思いました。


高すぎる直進性があるとは思わなかったですが、シビアではなく、ある程度の寛容さも感じました。


曲げにくいタイプではなく、こちらのイメージをくみ取ってくれるところもありました。


左右にも反応してくれました。


変なクセのない、『ニュートラル』な感じがしました。



ヒール側
先日試打したドライバー同様、いいクラブだな・・・。と思いました。


ドライバーはちょっとディープなタイプで、少し使い手を選ぶところもあるかもしれませんが、このFWは敷居も低いですし、かなり親しみやすいタイプに仕上がっていると思いました。


いい意味で、意外性のない、イメージ通りのクラブでした。



ONOFF FAIRWAY ARMS KURO
カッコ良くて、球があがりやすく、ある程度飛距離をFWにも求めていきたい方には、とても魅力的なクラブといえるのではないでしょうか?


海外メーカーの飛び系FWでは、ちょっと球があがりづらくて、難しく感じた・・・。という方もいらっしゃるかもしれません。


このクラブは、そのような方にも是非試して頂きたいと思いました。



オノフ フェアウェイアームズ クロ
日本人のことをよく知っている、さすがは日本のメーカーが作ったクラブだな・・・。と思いました。


かなり幅広い層に対応できていると思います。


性格的にも丸くて、尖った感じは全くしませんでした。



ONOFF FAIRWAY ARMS KURO
シャロー系タイプのFWは、あまりティアップして打ちたいとは思わないこともあるのですが、今日は何球か試してみて、いい感じで球を打っていくことができました。


最初に目にしたときの印象が、試打を終えるまでずっと変わらなかったのが、いいところだな・・・。と思いました。


ウッド系のクラブは『打ってみないと解らない、見た目と実際の性能やフィーリングが大きく異なる』といったことも、よくありますが、このクラブは最初のイメージ通りでした。


そこから大きく外れることはありませんでした。



ONOFF FAIRWAY ARMS KURO
とてもカッコいいクラブなので、敷居が高いのでは?と思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はかなり親しみやすいタイプのクラブだと思います。


見た目は、いかにも『アスリート系』といった感じもしますが、『難しすぎないタイプ』だと思います。


このヘッドの小ささに不安を感じない方でしたら、すごく易しく感じられるのではないでしょうか?


調整機能も付いていないですし、外から見るだけでは、ウェイトなども組み込まれていない、すごくシンプルなヘッドです。


しかし、目に見えないところにも、メーカーの色々な工夫が施されているのは間違いない・・・。と思いました。


機能性を追求しながらも、あくまでも『外観へのこだわり』が開発テーマではないのかな?と思いました。



ONOFF FAIRWAY ARMS KURO
このクラブを試打し終えて、最近のオノフの充実ぶりを感じることができました。


率直に、いいクラブだな・・・。と思いました。


外見がゴチャゴチャしていなくて、スッキリとしていたので、すぐに手にとってみたのですが、やはりフィーリングもグッドでした。


小顔タイプが苦手な方、FWにもドライバーと同じように高い直進性を求めておられる方には、少し合いづらいところがひょっとしたらあるかもしれません。


しかし、FWは『直打ち』するクラブなので、ヘッドが大きくなりすぎると却って難易度が上がってしまいます。


なので、これくらいの大きさでもいいんじゃないかな?と思いました。


とてもいい印象のまま、この試打クラブを返却しました。


後味が良く、スッキリした気分のまま、練習場を後にすることができました。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント
        

No title
このシリーズのハイブリッドを打ってみましたけどすごくよかったです。
パイプ屋様。初めまして
パイプ屋様。初めまして。
golfdaisukiと申します。

この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せてくださいまして、まことにありがとうございます。

ハイブリッドも良さそうですね。
もし試打することができたら、記事に書かせていただきたいと思います。

これからも記事を書いていきたいと思いますので、お時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。
それでは失礼いたします。
No title
こんにちは、いつも楽しく読ませていただいてます。
アームズと言う語源ですが、武器とかいう意味もあるみたいですよ (^_^)
フェアウェイの武器みたいな。
arms様。初めまして
arms様。初めまして。golfdaisukiと申します。
この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せてくださいまして、まことにありがとうございます。

なるほど『武器』のほうがしっくりきますね。
フェアウェイの武器というのは、とてもカッコいいネーミングですね。

とても勉強になりました。

これからも記事を書いていきたいと思いますので、お時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。
それでは失礼いたします。