マスダゴルフ スタジオウェッジ M425 - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2014年10月24日
  

マスダゴルフ スタジオウェッジ M425

                 
マスダゴルフ スタジオウェッジ M425
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは マスダゴルフ スタジオウェッジ M425 です。



ダイナミックゴールド
シャフトは ダイナミックゴールド です。

ロフトは58度、クラブ長さは35インチ、シャフトフレックスはS200、キックポイントは手元調子、クラブ総重量は469gです。



正面
久しぶりに出会った、マスダゴルフのウェッジです。


マスダゴルフのクラブは、それほど多く接してはいないのですが、いいメーカーだな・・・。という印象があります。


『通の人が使うクラブ』というイメージがあります。



側面
ウェッジでは珍しい、キャビティ構造になっています。


私はウェッジにはキャビティ構造の必要性を殆ど感じていないのですが、マスダゴルフがやることだから、きっと大きな意味があるのだろう・・・。と思いました。


一時期はよく見かけたのですが、最近はあまり見なくなった『ノーメッキ』の風合いがとてもシブいです。



彫りの深さ
キャビティタイプのウェッジでも、『ハーフキャビティ』っぽい物は見かけますが、このウェッジは彫りも結構深めです。


はっきりとしたキャビティ構造になっています。



ソール幅
ソール幅は普通に見えますが、今のSWの中では、やや狭いほうかもしれません。


テクニックを活かせそうな感じがします。



ソール形状
ソール形状にも工夫が見られます。


リーディングエッジも、トレーリングエッジも削りが入っていて、抜けも良さそうです。


バンスも、結構利いています。



ネック長さ
ネックの長さは、標準的な感じです。


こうして見ても、グースがかなり利いているのが解りました。


ちょっと苦手なタイプだな・・・。と思いました。



顔
角度を変えて顔を見てみたのですが、やはりかなりグースが利いています。


最近ではすごく珍しくなったように思います。


『セミ・グースタイプ』は今でもよく見かけますが、ここまではっきりとしたグースネックは見かけなくなりました。


私はグースが弱いタイプが好きなのですが、この強いグースを好まれる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?


最近はストレートタイプが多いので、「待ってました。」という方もいらっしゃるかもしれません。



ミーリング無し
ミーリングがあるか見てみましたが、ありませんでした。


フェース面を指で触れてみたのですが、エッジがかなり立っているのが解りました。


スピン性能に期待がもてそうだな・・・。と思いました。



構え感
正直、かなり構えづらいです。


どのように打っていいのか、解りませんでした。


昔からグースネックタイプのウェッジはたくさんありましたが、私は敬遠してきたので、このような苦手意識が芽生えてしまうのだろうと思います。


最初の何球かはミスショットばかり出てしまうだろうな・・・。と思いました。


いいイメージが出せませんでした。


緊張して、少し固まってしまったような気がしました。




試打を開始しました。

MASDA Studio Wedge M425
最初からダフってしまいました。


私の悪いクセです。


グースのきついタイプだとダフってしまうことが多いです。


昔からそうです。


グースタイプのウェッジの経験値がストレートタイプと比べると、圧倒的に少ないのも、その要因だと思います。


慣れるまで、しばらくかかりました。



フェース面
『打感』はソフトな感じで良いと思いました。



スピン性能
『スピン性能』は高いと思いました。


『乗せ感』を活かしやすい感じです。


それほど『食いつき感』は感じませんでした。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、グースタイプの特長のひとつだと思いますが、少し低く出していけるのがいいと思いました。


これだけグースが利いているので、球は拾いづらい感じがしたのですが、これも人によって好みが分かれるところだと思います。


昔からグースネックタイプはたくさんありますし、私も何度かトライしてみましたが、どうしても馴染めませんでした。


そして、次第に敬遠するようになりました。


普通のストレートタイプのほうが、私は易しく感じます。



バックフェース
『安定性』は、まずまずだと思いました。


これだけロフトが寝ているクラブなので、『キャビティ構造の優位性』を感じることはありませんでした。


普通のウェッジのように『フラットバック構造』で充分じゃないかな?と思いました。



距離感
最初から、かなりダフってしまったので、なかなか距離感も合わせづらい感じがしました。


距離を合わせるよりも、まずは上手く拾っていくことのほうに注意がいきました。


インパクトのタイミングが、なかなか揃いませんでした。



操作性
『操作性』という点では、まずまずだと思いました。


私は苦手ですが、グースネックを得意にしておられる方には、おそらくたまらない魅力があるのだろうと思います。


いつもはウェッジで、色々と細工をしてみたいと思うのですが、今日はなかなかそこまで気持ちがノっていきませんでした。



ヒール側
最近では、ここまではっきりしたグースタイプのウェッジは珍しいと思います。


強いグースタイプのアイアンも見かけなくなりました。


今は『セミグース』が一番多いような気がします。



MASDA Studio Wedge M425
このウェッジがもつ、『軟鉄の風合い』や『ノーメッキのシブさ』を感じながらも、苦手意識が最後まで消えることはありませんでした。


少し呼吸も浅くなっていたように思います。


私には親しみづらいタイプのウェッジでした。



MASDA Studio Wedge M425
しかし、このウェッジが劣っているとか、性能が低いとは全く思いませんでした。


グースタイプを好まれる方はたくさんいらっしゃいますし、グースタイプのメリットもたくさんあるのだろうと思います。


昔から『名器』と呼ばれるアイアンやウェッジには、グースネックタイプがとても多いです。


特に海外メーカーの名器と呼ばれるようなクラブは、グースタイプが多いです。


ゴルフクラブの歴史のなかでも、グースタイプのクラブは多いです。


それだけ、グースネックが優れているということなのだと思います。



MASDA Studio Wedge M425
先日、月例で一緒だった方が、かなりアプローチが上手だったのですが、その方は、強いグースネックタイプのウェッジを使っておられました。


低く出して、キュッと止めるアプローチが絶妙でした。


私はこのようなグースがきついタイプでは開いて構えたり、ロブ系のショットにトライしてみようとは、なかなか思えないのですが、その方はとても上手に打ちこなしておられました。



MASDA Studio Wedge M425
私はこれからも、グースのきついウェッジやアイアンを購入することはないと思いますが、グースタイプにはストレートタイプにはない魅力もあるのだと思います。


最近はなかなか見かけないグースネックタイプのウェッジですが、ニーズがあるのは確かだと思いますし、また昔のように増えてくるのではないでしょうか?


今度マスダゴルフのウェッジを試打することがあれば、できればストレートタイプがいいな・・・。と思いました。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント
        

No title
ウェッジでキャビティ構造になってるクラブがあるなんて初めて知りました。
自分はグースが効いててキャビティ構造のr7アイアンを使っていますがアイアンの延長線上で使いたい人に向いたウェッジなのでしょうか
このウェッジはとても個性的です
ブロンズ様。こんばんは。golfdaisukiです。
いつもコメントを寄せてくださり、ありがとうございます。

このマスダゴルフのウェッジには強いこだわりと個性が感じられました。
キャビティ構造のウェッジは、かなり少ないですが、クリーブランドやフォーティーンなど有名なメーカーも出していますね。

私は今回試打した、このマスダゴルフのウェッジは苦手に感じたのですが、ブロンズ様はグースタイプのアイアンをお使いとのことで、ひょっとしたら合っているかもしれないですね。
仰る通り、アイアンの延長線上で使いたい方にも合いやすいと思いました。

これからもよろしくお願いします。
それでは失礼いたします。
エージシュート記念グース丸顔ウエッジ
ジャンボ尾崎がレギュラーツアーとしては史上初のエージシュート(2013年つるやオープンにおいて66歳で62)を達成したときの記念モデルですね。尾崎将司(まさし)のMにエージシュート達成日の4月25日にちなんで425。私はつい最近まで、1988年発売のブリヂストンのジャンボMTN IIIプロモデルを使用していたのでM425のようなグース丸顔ウエッジを無理なく使用できました。グースが嫌いな方は苦手かもしれせんね。このウエッジはグースでも比較的開きやすく私はバンカーショットでかなりフェイスを開いて打つのですが難なく打てます。M425はバンスが14度もあるのでマットではだふった感じになりやすいですがフェアウエイやラフからは抜けてくれます。グースタイプのモデルが少ないのでプロでもティアドロップ型のウエッジをグースに曲げて使用している方が多いです。ボーケイを使用しているプロには多いです。デザイナーもその要望に答えているみたいです。ミケルソンなんかもPING EYE2で育ったせいかグースウエッジが好きみたいですね。セミグースくらいのモデルを定番ウエッジでもっと増やしてほしいです。
勉強になりました
電車で酔いどれゴルフ様。こんばんは。golfdaisukiです。
再びコメントを寄せてくださり、ありがとうございます。

また、このウェッジのことについて詳しく教えてくださり、ありがとうございました。
とても勉強になりました。

私はクラブに対しての予備知識など持たずにいつも試打しているので、私の記事を読んでくださっている方から教えていただくことも多いです。

グースタイプのウェッジは私は正直苦手ですが、とても優れているのだと思います。

これからもよろしくお願いします。
それでは失礼いたします。
No title
上記の方の説明に若干間違いがあるので訂正致します。
尾崎将司プロのエージシュートの際に実際に使われていたウェッジを市販化されたものです。記念モデルではないですね。

尾崎プロが実使用されたモデルはさらにバウンスがきつくなっています。尾崎プロはこのウェッジでベアグラウンドからきれいなロブショットを打たれるらしいです。

ちゃんと当たればキャビティ効果はかなり感じるはずです。グースウェッジだとラインが出しやすいイメージがありますね。

はじめまして
通りすがり様。初めまして。
golfdaisukiと申します。

この度は私の記事を読んでくださり、またコメントを寄せてくださいまして、まことにありがとうございます。

さて、今回はこのウェッジについて詳しく教えてくださり、ありがとうございます。
マスダゴルフのクラブはあまり手にすることが無いのですが、いいクラブが多いですね。

これからも記事を書いていきたいと思いますので、お時間がございましたら、また私の記事にお付き合いいただけると幸いです。
それでは失礼いたします。