ブリヂストン ツアーステージ V-iQ アイアン - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

Post

      
2009年11月01日
  

ブリヂストン ツアーステージ V-iQ アイアン

                 
09110101
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ブリヂストン ツアーステージ V-iQ アイアン の7番 です。



GS85
シャフトはGS85です。

ロフトは30度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはR300、シャフト重量は86g、トルクは2.1、バランスはD1、キックポイントは先調子です。



ViQ
『ツアーステージ ViQ』のニューアイアンです。


かなり思い切ったデザインだと思いました。


これまで以上に色々なハイテクが組み込まれていそうな感じがします。



ゴルフクラブ
かなり『彫り』が深いです。


こうして見ていても、かなりの『低重心化』『深重心化』しているのが解ります。


かなり打ちやすくなるように設計されているのだと思いました。



09110113
『ソール』にも、何かの『ウェイト』のような物が組み込まれているのが一目瞭然です。


かなりの『低重心化』が図られているのだと思います。


『ワイドソール』にするよりも、このような工夫を組み込むことによって、『ソール幅』をあまり広くし過ぎていないところに好感を持てます。


ソールの形もちょっと変わっている感じがしましたが、やはり色々な技術が組み込まれているのだろう・・・。と思いました。


ブリヂストンの『新たな研究』と、その『研究の深さ』のようなものが伺えます。



09110103
『ホーゼル』も、ある程度の高さを持っているところに好感を持てました。


これまでのこういったタイプのアイアンは『ショートホーゼル』がいわば『常識』のようになっていた感じがしますが、このアイアンはしっかりとホーゼルがあります。


決して『ロングホーゼル』だとは思いませんが、これくらいあると扱いやすい感じがして、好感度がアップしました。



09110107
『フェース面』にも、しっかりと『ミーリング』が施されています。


ずいぶんと見慣れた感じもしましたが、やはりそれだけ効果が高いからなのだと思います。


この『ミーリング形状』も、メーカーによって違いがあり、『円』を描くようなものもあれば、ブリヂストンはずっと『斜め』に入っています。


どのような形状でも一定の効果はあると思うのですが、私自身、この『斜め』が、すごく理にかなっているような感じがしています。


特にウェッジには斜めがすごくいいような気がしています。



09110114
ヘッドの形自体も、それほど『奇をてらった』感じがしなかったので、とてもいい感じを持つことが出来ました。


意外と・・・・。といったら失礼かもしれませんが、『正統派』に近い感じがします。


これまでの『ハイテクアイアン』は、形状も奇妙なものが多かったですが、このアイアンはすごくオーソドックスな感じがしました。


つい先日試打したばかりの、ドライバー同様『感性』に訴える部分があるのでしょうか?



09110115
素振りをしてみると、かなり軽い感じはしましたが、難しく感じることはありませんでした。


正直いいますと、もっと『重量感』などが欲しい感じはしますが、こういったタイプのアイアンにはこれくらいが丁度いいのだろうと思います。


このようなタイプのアイアンを求められる方は、それほど『重量感』を必要とされていないのだと思います。


そして、何よりも『トゥルーテンパー社』のシャフトということで、私の中で『プラスアルファ』が働いているような気がしました。


今日は軽いアイアンなので、普段よりも多めに素振りをして感じを掴むように心掛けました。



09110116
ボールを前にして構えてみても、なかなかいい感じでした。


やや『フェース長』だと思いましたし、『グース』や『トップラインの厚さ』が目に付きましたが、嫌な感じはしませんでした。


よく研究された結果、こういった形状になっているのだと思います。


『シャープさ』は感じませんが、程良い『イージーさ』を感じます。


構えづらい感じは全くしませんでした。




試打を開始しました。

09110108
『球のあがりやすさ』という点では、やはりかなり工夫が施されているのが解りますし、実際に打ってもすごくよくあがります。


このような比較的『オーソドックス』といいますか、程良い感じでフィーリングを出していきやすい形状ではありますが、見た目以上に球があがりやすいアイアンだと感じました。


ブリヂストンの高い技術がすごく活かされているような気がします。


やはり極端な『ワイドソール』にしなくても『低重心化』は図れるのだと思いますし、それが『打ちやすさ』を呼び込んでいるような気がします。


最初のうちはミスを予想していましたが、私程度の者でも、簡単にナイスショットを打たせてくれました。


非常に『敷居の低い』アイアンだと思いました。


日頃『ワイドソールアイアン』を使っておられる方も、一度このアイアンを試してみられたらいかがでしょうか?


おそらく多くの方が、このアイアンの打ちやすさを実感されるような気がします。



09110109
『安定性』という点でも、とても高いと感じました。


見た目からも伝わってきていましたし、実際にもかなり工夫がされているのだと思います。


軽量アイアンではありますが、思っていた以上にしっかりしていますし、ブレる感じがしません。


『スイートエリア』も、かなり広い感じがします。


『ミート率』をあまり問わないアイアンのような気がします。


このような『フェース長』のやや長いアイアンだと、右へ抜けていきやすく感じられたアイアンもこれまでたくさんありましたが、このアイアンは適度につかまりやすいですし、いい意味でバランスが取れていると思います。



09110112
『打感』も、まずまず・・・・。といった感じです。


『軟鉄鍛造』のような洗練され、打つ者を魅了する感じではありませんが、このアイアンの打感も私は好感を持つことができました。


『ターボラバー独特の打感』とでもいうのでしょうか?


これまで歴代の『V-iQアイアン』と似た感じの打感だと思いました。


『打点』が『トゥ寄り』に集まってしまう方も多いかと思いますが、このアイアンはそういった方々にも、上手く対応してくれると感じました。


わざと『トゥ寄り』で打ってみたのですが、感触もそれほど落ちることなく、球も力強く飛んでいってくれていたので、ゴルフを始めて間もない方で、どうしても『トゥ寄り』に当たってしまう方にもすごく打ちやすく感じられるのではないでしょうか?



09110117
『操作性』という点でも、思っていた以上にいい感じだと思いました。


左右に打ち分ける練習も、それほど苦に感じませんでした。


私にとっては、かなり軽いアイアンではありますが、今日はそれほど苦手意識を持たずに練習することができました。


どちらかといえば、曲がりづらいアイアンだと思うので、それを活かしていったほうがいいような気もしたのですが、敢えて『インテンショナルショット』も打たせてくれる幅広い対応をしてくれるアイアンのように感じられました。


私はどちらかというと、アイアンをやや『ヒール寄り』で打っていきたいタイプなのですが、このアイアンはそういった私の要求もしっかりと飲んでくれる『大人の対応』をしてくれるクラブのように思いました。



09110118
『飛距離性能』という点では、もの凄いものがあると感じました。


この『ターボラバー』というのがどれだけ効いているのか解りませんし、この『ストロングロフト』がやはり大きな効果をあげているのだと思いますが、この飛距離性能は、やはり最近の『トレンド』のような気がします。


球はすごくあがりやすいですし、安定性も高く、よく飛ぶので、かなり多くの方の欲求を満たしてくれるアイアンなのだと思います。


私はアイアンに飛距離を求めませんが、アイアンでも楽に飛ばしていきたい方はすごくいいのではないでしょうか?


コース攻略がグッと楽になるかもしれません。



09110110
『V-iQ』のドライバーもすごく好印象でしたが、このアイアンもすごくいい印象が残りました。


基本的な性能の高さに加え、やはり構えやすく感じられたところが私はとても良かったように思います。


いくら物理的なデータが揃っていても、構えづらいクラブはその性能の高さを発揮できません。


そういったクラブはこれまでもたくさんありました。


今回の『V-iQ』は、そういったところにも注目して開発されているのでしょうか?



09110111
これまで、『V-iQ』のアイアンを誕生当時から見てきましたが、私は今回のこのモデルが一番いいような気がします。


明らかに進化していると思いますし、今回はすごく画期的なアイデアが盛り込まれ、それがクラブに活かされていると思います。


車などと同じくゴルフクラブも『マイナーチェンジ』が繰り返され、新製品が発表されていきますが、今回はかなり思い切った変化がもたらされていると思います。


『マイナーチェンジ』ではありません。



09110104
おそらく私はゴルフを止めるまでずっと『ダイナミックゴールド』にこだわっていると思いますが、もしそれが振れなくなったときは、このようなアイアンを使ってみるのもいいかな・・・・?と少し思いました。


今の私には正直言って、まだ早い気がするのですが、いつかはお世話になるときが来るかもしれませんし、来ないかもしれません。


しかし、やはり最後まで『軟鉄鍛造』を手放さないと思います。


今日は『軽量アイアン』に対する『苦手意識』を殆ど感じることなく試打を終了することができました。


新しい発想から生まれた『次世代』のアイアンといえる気がしましたし、これからの展開が楽しみです。


また機会があればこのアイアンを試打してみたいです。

                         
        
                         

コメント

非公開コメント
        

過ぎたマネでした
こんばんは。
あたたかいお返事有難う御座いました。
daisuki様は、先入観などを極力排除し、クラブの評価をする方針であり、メーカーや商品の情報をなるべく目に入れない…という事を忘れていました…
つい調子に乗って下らないことを言ってしまったな、と反省しています。とても恥ずかしい思いです…
たまたま修理というタイミングだった為、コメントした次第です。
もちろん手元に返ってくれば、アイアンはフル稼働の予定です。
また寒くなりますが、お身体に気をつけてくださいませ。
記事を楽しみにしております。
では失礼致します
こちらこそありがとうございました。
ほくちゃん様。こんばんは。
再びコメントを寄せて頂きまして、ありがとうございます。

今回頂いたコメントのおかげで、こちらこそ勉強になりましたし、決して『下らないこと』ではありません。
私の日頃の不勉強をやはり少し改善しないといけないのだと思いました。
なので、どうかお気になさらないでください。

私の体調にまでお心配りを頂きまして、ありがとうございます。
おかげさまで、どうにか元気にしております。

お互い健康には気をつけましょう。
特に新型インフルエンザが気になりますね。
流行しなければいいのですが・・・・。

これからも記事を書いていきたいと思いますので、よろしくお付き合いくださいませ。
それでは失礼致します。
アイアン購入
はじめまして、試打日記いつも楽しみに拝見させて頂いています。
私は最近ゴルフを始めたばかりで(今でちょうど2ヶ月です)アイアンセットを購入しようと思っているのですが、なかなか決めてがないといいますか、何を基準にして選べばいいかがわからず、アドバイス頂ければと思い投稿させて頂くことにしました。
私の今の現状は年齢は30歳で中学高校とスポーツ(テニス)をしていました。身長は175cmで体重は65kg年齢とともに多少緩んだ体です^^;
ドライバーはナイキのDダイモですかね・・・を購入し使っています。ヘッドスピードはお店で計測してもらった所、43~45ぐらいでした。
月2回のペースでラウンド、週2回のペースで打ちっぱなしに行っています。
今のスコアは、先日のラウンドでが108でした。その前は107、116といった具合です。ハーフは大体50前半です。

ご相談したいのは、スリクソンのアイアンが欲しいのですが、私のような始めたばかりの者でも扱えるのはどういったクラブになるのかをアドバイス頂ければとても助かります。

記事の方を読ませて頂いて、WR-30に凄くひかれているのですが、506もいいなと思っています。
やるからには競技ゴルファー・・・とまではいかないにしろ、ある程度のレベルまで目指したいと思っています。

クラブは多少古くても気にならないので、中古での購入を考えています。予算の問題もあるのですが^^;
4万ぐらいでウェッジは別でも構いませんので、何かお勧めがあれば教えていただけると嬉しいです。
スリクソンが第一希望ですが、他のブランドでも構いません。
よろしくお願いします。
ゆう様。はじめまして。
ゆう様。はじめまして。
この度は私に記事を読んで下さり、又、コメントを寄せて頂きましてありがとうございます。

今、アイアンのご検討中のようですが、いいクラブがたくさんあって迷ってしまいますね。
私がゴルフを始めた頃は、今のように選択肢がたくさんあったわけでもなく、それほど迷うようなことはなかったかもしれません。
今は、いい物が多くありすぎて、逆に迷ってしまうことが増えてきているのかもしれませんね。


何を基準にして選べばいいかわからず・・・・。
と書かれてますが、答えはひとつ

「自分に合ったクラブ」ということです。

「そんなの知っているよ・・・。当たり前だよ・・・。」とお思いになるかもしれませんが、

その「自分に合った」とは、自分のスコアや、自分が初心者・・・・。というのではなく、自分の体格やスイング傾向などを基準として選ぶべきなのだと思います。
以前、同じような質問をして下さった方にもお伝えしたのですが、『どんなメーカーのクラブを選ぶか』とか『どのモデルを選ぶか』といったことよりも、まず先に自分の体格に合ったクラブを選択すべきなのです。


ゆう様の体格ですと、おそらく一般に市販されているクラブは『ライ角』などが、まず間違いなく合っていないと思います。
多くのアマチュアゴルファーの方が、この『ライ角』を軽視しておられるような気がするのですが、この『ライ角』はとても重要です。
ある意味、『これが全て』といってもいいほど『最重要項目』です。

『長さ』や『重量』『フレックス(振動数)』などその他、重要項目がありますが、まずはこの『ライ角』をもっと重要視されてみてはいかがでしょうか?

おそらく全国のアマチュアゴルファーの方の中で、この『ライ角』が合わないで使っておられる方は全体の『8~9割』位はいらっしゃるのではないでしょうか?
この『ライ角』が合わないと、どんな優れたクラブでも難しくなるのです。
逆に合っていると、すごく『方向性』が取れてきますし、自分の飛ばしたい方向へボールを運んでいくことが容易になってきます。

この『ライ角』が合わないまま使っていて、自分のスイングを壊し、不調に陥っておられる方が実に多いのが現状です。
スイングなどに悩むよりも、まずは『クラブ調整』です。
クラブを自分に合うように『フィッティング』してから、自分のスイングを磨き上げていくべきなのではないでしょうか?

ドライバーからパターまで、『ライ角』は重要ですが、特にアイアンは『ライ角が命』ともいえるほどの重要項目です。

その『ライ角』を調整できるアイアンとして、『軟鉄アイアン』を私はお薦めしたいと思います。

『鍛造』でも『鋳造』でも構いません。

これまでの記事にも書いてきましたが、『打感』が優れているのは勿論ですが、『ライ角』や『ロフト角』などを自分に合うように調整できるところに、『軟鉄アイアン』の大きな利点があると思います。

強度が落ちるので、何度も何度も行うことはできませんが、自分に合うように一回調整すれば、あとはもう『一生物』ですね。

『初心者用クラブ』とか『易しいクラブ』などというカテゴリーでクラブを決めてしまう前に、まずそういったことを念頭に置かれるべきなのではないでしょうか?


中古での購入を考えておられるようですが、私は出来るだけ『新品』で購入されるのがベストだとは思いますが、金銭的な面から致し方ない面もあると思います。
私は殆ど中古ショップにはいかないのですが、いい物もたくさんあると思いますが、ひとつ注意して頂きたいのは、主に『シャフト』です。

見た目にはあまり気付かなくても、実は『へたっている』ものが結構あるのです。

『スチールシャフト』は、錆びなどが発生しない限り、ある程度は使っていけると思いますが、『カーボンシャフト』は見た目には解らなくても『へたっている』物が結構あるのです。
前のユーザーがよく『ダフって』いたら尚更です。
そういったことは中古ショップでは解らないですね。

あと『保証期間』も気になります。
新品だと多くのメーカーが『保証期間』を1年から2年くらい設けていますが、中古ショップだとどうなのでしょうか?
私はあまり行かないので解りませんが、おそらく『無い』のが殆どなのではないでしょうか?

確かに価格面に大きなメリットがありますが、『一生物』とも言えるアイアンを選ばれるのでしたら、もう少し考えられてもいいのかもしれませんね。

『今だけ』とか、ほんの短い期間だけ使う・・・。といった考え方もあるのかもしれませんが、それだと余計不経済ですよね。

アイアンは丁寧に使っていけば10年以上使えるクラブです。
20年以上前のアイアンを使っておられる方もたくさんいらっしゃいます。

ドライバーなどと比べ、あまり流行に作用されにくい部分もあるのだと思います。
なので、もっと慎重に選んで頂きたいと思います。


ゴルフを始められて2ヶ月で、スコアが100ちょっと・・・。というのはとても立派な数字だと思います。
私のその頃は、とても数えていられるような数字ではありませんでした。
かなりセンスがおありの方だと推測されます。


『SRIXON』のアイアンが第一希望なのだそうですが、『WR』や『ZR-800』など素晴らしいアイアンがたくさんありますね。

どのモデルを選ぶか・・・。というのも大切ですが、先ほども書きましたが、ご自分の体格に合い『愛着』を持てるクラブを選ぶことが重要になってくると思います。

ゴルフが上達していく上で、クラブに愛着を持つ・・・。ということはとても大切だと思います。

クラブを大切にしていく心が、ゴルファーの技量も上げてくれるような気がします。
私の周りの上級者はみんな、自分のクラブをすごく大切にしています。


今回は敢えて、どのモデル・・・。などと具体的な表現は避けさせて頂きました。

それ以前にまだ踏まれるべき段階があるような気がします。

以上が頂いたご質問に対する、私の答えなのですが、お力になれましたでしょうか?


ゆう様が素晴らしいアイアンと出会われますことをお祈り致しております。

これからもお時間のあります時は、また私の記事にお付き合い頂ければ・・・・。と存じます。

それでは失礼致します。
No title
golfdaisuki様

お返事ありがとうございます。

とても参考になりました。
『ライ角』がとても重要との事ですが、この事は正直考えていませんでした。というよりも知りませんでした。

その点を踏まえてアイアンを探してみました。

やはり金銭面から中古というのはかわりないのですが、結果スリクソンのI-506 フォージドアイアンを購入するにいたりました。
なんと言いますか、打った感じの打感に一目ぼれしたのとデザインがシンプルでとても気に入ったからです。
最近のモデルはデザインが凝っていて、というか私には凝り過ぎていて、あまり気に入った物がなかったのですが、506のデザインはめちゃめちゃ格好よかったです。
シャフトはダイナミックゴールドのS300です。US仕様なので。
ライ角はこれから見てもらおうと思ってますが、一番の決め手は一目ぼれ・・・になってしまいました^^;

ゴルフが上達するためには愛着の沸く・・・とアドバイスを頂いていたので、思い切って購入した次第です。

私自身は素晴らしいアイアンに出会えたと思っています。
長く大事に使っていこうと思います。

アドバイス大変参考になりました。

ありがとうございました。

また日記の方もがんばって下さい。

それでは失礼します。
素晴らしいアイアンを選択されましたね。
ゆう様。こんばんは。

『スリクソン I-506』を選ばれたようですね。
とても高性能な素晴らしいアイアンです。
良い選択をされましたね。

デザインや打感で選ばれたのも、とても良いことだと思います。
ご自身でそれほど強く好印象を持たれたのですから、そのアイアンとの縁が最初からあったのだと思われます。

これからのゆう様の、ゴルフライフにおいて、素晴らしいパートナーとなってくれることでしょう。
共にいい思い出をたくさん作っていかれることでしょう。

その素晴らしいアイアンをどうか、これからも末永く大切にしてあげてください。

ゆう様のこれからのゴルフライフが、より一層素晴らしいものでありますように・・・・。


それでは失礼致します。