2022年09月13日 - ゴルフクラブ試打日記


2022年09月13日

      
2022年09月13日
  

ブリヂストンゴルフ B2 HY ユーティリティ

                 



ブリヂストンゴルフ B2 HY ユーティリティ
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
ブリヂストンゴルフ B2 HY ユーティリティ のH4 です。



BS50h
シャフトは BS50h です。

ロフトは22度、クラブ長さは39.5インチ、シャフトフレックスはS、バランスはD1、クラブ総重量は341gです。



正面
ブリヂストンのカッコいいユーティリティです。

全体的に黒を基調としていて、ブリヂストンらしい感じがします。

やはり、ブリヂストンといえば、黒が似合います。



側面
大きさや形状はオーソドックスなタイプです。

ソールの丸さはそれほど強調されておらず、厚みもそれほどありません。



ソールの工夫
この工夫もお馴染みです。

ドライバーやフェアウェイウッドなど、最近の『ウッド系』のクラブには搭載されています。



ネックの長さ
ネックの長さは適度にあり、好感が持てました。

それは『上から』ボールを拾っていくイメージが出しやすいからです。

対して横からはらうイメージで打っていきたい方は、短めを好まれるのかもしれません。

調整システムは搭載されていなくて、シンプルです。



ノーマルシャロー
ノーマルシャローといったところでしょうか?

よく見る形です。



顔
最近のユーティリティ(ハイブリッド)は、ほとんどこのような顔です。

オフセットが利いていて、おまけにフェースが左を向いているように見えて、私のストライクゾーンからは外れるのですが、これが今の流行なのかもしれません。

クラウンが艶消しになっているところに魅力を感じました。



クラウン
最近はカーボンコンポジットが多いので、このクラブはどうかな?と思いましたが、どうやら違うようです。



装着されているグリップ
装着されているグリップはソフトで好感が持てました。

多くのクラブに採用されている、ポピュラーなグリップです。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずでした。

黒い色は重量感を醸し出しますが、それほど重くはありません。

特にクセのない、無難なシャフトです。



構え感
ボールを前にして構えてみて、フェースが左を向いているように見えて苦手に感じるのですが、今はこの顔が一番多いですし、その理由もあるのだと思います。

この顔は、昔は『異型』の部類に入っていたように思うのですが、今は主流となりました。

今人気の顔だとは思いますが、私は苦手です。

相棒に迎え入れたいと思えるユーティリティに最近出会っていません。

このようなタイプを実際に打ってみて、結構易しいと感じますが、やはり構えたときにしっくりこないので、いい球が打てても喜びは半減してしまいます。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はソフトで好感が持てました。

つかまりが良く、『つかまえ系独特の打感』といったらいいでしょうか?

『密着感』があり、ボールが逃げる隙間を与えない打感です。

弾き感はあるものの、つかまえ系の密着感も兼ね備えている、今時のフィーリングといったところでしょうか?



打球音
音はおとなしめで、いい感じです。

少し鈍い感じの音ですが、気持ちよく振っていくことができました。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。

ユーティリティ(ハイブリッド)の『基本ロフト』といえば、やはり22度前後だと思うのですが、そのロフトの中でも、かなりあがりやすい部類に入ると思います。

ヘッドやシャフトが黒でシブいデザインですが、タフなクラブではなく、むしろアンダースペック気味にして、親しみやすくしているように感じました。



バックフェース
『安定性』という点では、高いと思いますが、私は最初からフックが出てしまいました。

ちょっとつかまり過ぎたようです。

構えたときに浮かんだイメージ通りの球筋だったので、これがもしストレート顔だったら、凄くいい球になっただろうな・・・。と思いました。

フェースの横もそうですが、縦のエリアも広い感じで、『縦のブレ』『横のブレ』に強く、高い確率でつかまった高弾道の球を打たせてくれるクラブです。



飛距離性能
『飛距離性能』も、いい感じです。

高弾道でつかまった球が打てるので、魅力的に感じる方は多いのではないでしょうか?

スピンは結構掛かっているようで、少し振りにいくと、高く上がりすぎる感じがしたので、コントロールして打つのがいいような気がします。



操作性
『操作性』という点では、どちらかといえばオートマ系の性質が強く、操るタイプではないと思います。

つかまりがいいので、フック系のほうが出やすく、右に逃げる感じはしません。

スライサーの方には、頼もしい相棒になってくれるのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
ブリヂストンらしい、黒を基調としたカッコいいデザインになっていて、ブリヂストンのブランドイメージを保っています。

カッコいいデザインですが、決してハードルが高く気難しいクラブではありません。

親しみやすさも性能のうちだと思います。



BRIDGESTONEGOLF B2 HY ユーティリティ
飛距離はもちろん、『球をあげたい』『右に逃げず、しっかりとつかまった球を打ちたい』というゴルファーのニーズに応えて開発されたクラブなのは間違いありません。



BRIDGESTONEGOLF B2 HY ユーティリティ
私には苦手に感じるところがいくつかありましたが、それは私がこのようなタイプに対応しきれていないだけであって、このクラブが良くないのではありません。

あくまでも私の技量不足です。

聞くところによると、このクラブの姉妹モデルは顔のタイプが違うということなので、今度機会があれば是非試してみたいと思います。



BRIDGESTONEGOLF B2 HY ユーティリティ
今はこのように性格のはっきりしたクラブがたくさんあるので、私たちエンドユーザーにとって、とてもいいことだと思います。

クラブの性格が曖昧ではなく、はっきりしているので、自分の好みに合わせて選ぶことができるからです。

今の自分には、どんなクラブが必要なのか?

それを見つけやすくなっています。

それはメーカーがしっかりとしたリサーチを行っているからです。

私たちゴルファーは様々な好みやニーズがあって、それに応えてくれている各メーカーには、本当に感謝しかありません。



BRIDGESTONEGOLF B2 HY ユーティリティ
ブリヂストンは最近、いい雰囲気があるので、これからも応援していきたいと思います。

そして、また昔のような、『ギラギラ』するような、そしてワクワクするようなクラブを世に送り出して欲しいです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。