2021年03月14日 - ゴルフクラブ試打日記

RIZAP GOLF 安心の30日間全額返金保証
有賀園ゴルフ OUTLET 激安ゴルフクラブ 一覧

2021年03月14日

      
2021年03月14日
  

Wilson STAFF MODEL BLADE アイアン&ブリヂストンゴルフ TOUR B 202 MB アイアン

                 
Wilson STAFF MODEL BLADE アイアン&ブリヂストンゴルフ TOUR B 202 MB アイアン
<左>Wilson  <右>BRIDGESTONE

今日は、この2本のアイアンを試打しました。

試打したアイアン
Wilson STAFF MODEL BLADE アイアンブリヂストンゴルフ TOUR B 202 MB アイアン の7番 です。



ダイナミックゴールド
シャフトはどちらもダイナミックゴールドです。




<右>ブリヂストンゴルフ TOUR B 202 MB アイアン のスペック

シャフトは ダイナミックゴールド です。

ロフトは33度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、シャフト重量は129g、バランスはD2、キックポイントは手元調子、クラブ総重量は442gです。




<左>Wilson STAFF MODEL BLADE アイアン のスペック

ロフトは34度、クラブ長さは37.25インチ、シャフトフレックスはS300、シャフト重量は130g、バランスはD2.5、キックポイントは手元調子、クラブ総重量は444g です。




Wilson STAFF MODEL BLADE アイアン
Wilson STAFF MODEL BLADE アイアン

ブリヂストンゴルフ TOUR B 202 MB アイアン
BRIDGESTONE GOLF TOUR B 202 MB アイアン

どちらも昨年試打して、すごく気に入ったアイアンです。

単品で試打することはあっても、こうして同じ日に試打する機会はめったに無いので、打ち比べて見ることにしました。

以前試打しているとはいえ、こうして見ているだけでもテンションがあがってきます。

この2つの美しいアイアンを見ていると、ゴルフクラブというのは球を打つだけでなく、目でも楽しませてくれるものだと再認識しました。

こうして見ているだけで、日頃の疲れも吹き飛びます。

今もそうですが、昔から美しいゴルフクラブはたくさんあります。



トップライン
<左>Wilson  <右>BRIDGESTONE

トップラインはほとんど差が見られませんが、少しウィルソンのほうが細いといいますか、狭く見えます。



ソール幅
<左>Wilson  <右>BRIDGESTONE

ソール幅に、差はほとんど見られません。

あえて言うなら、ウィルソンのほうが、ほんの少しだけ広いように見えます。



ネック長さ
<左>Wilson  <右>BRIDGESTONE

ネックはウィルソンのほうが少し長いです。



顔
<左>Wilson  <右>BRIDGESTONE

どちらもすごくいい顔をしていますが、ウィルソンのほうがシャープな顔つきをしているので好きです。

BSのほうが少し丸っこさがあり、それはそれでいいのですが、どちらの顔が好きか?と聞かれればウィルソンと答えます。



構え感 Wilson STAFF MODEL BLADE アイアン
Wilson STAFF MODEL BLADE アイアン


構え感  ブリヂストンゴルフ TOUR B 202 MB アイアン
ブリヂストンゴルフ TOUR B 202 MB アイアン

どちらもとても構えやすくて、いいイメージが湯水のように湧いてきます。

改めて、ゴルフクラブの『易しさ』とは、寛容さだけにとどまらず、『いかにリラックスして構えられるか』とか『イメージの出しやすさ』が大きく関わっているのだと実感しました。

とにかくヘッドが大きいほうが安心感があって好きだという方もたくさんいらっしゃると思いますし、好みは様々ですが、私はこのようなベーシックなタイプに惹かれます。



試打を開始しました。

フェース面
<左>Wilson  <右>BRIDGESTONE

2つとも素晴らしい打感ですが、どちらかといえばウィルソンの打感のほうが好きです。



トゥ側
<左>Wilson  <右>BRIDGESTONE

『球のあがりやすさ』という点では、差がほとんど見られません。

少しだけウィルソンのほうが自然な感じがします。



バックフェース
<左>Wilson  <右>BRIDGESTONE

『安定性』という点では、どちらも正直なタイプですが、少しだけウィルソンのほうが、おおらかな感じがします。



ヒール側
<左>Wilson  <右>BRIDGESTONE

『飛距離性能』でも大きな差は見られませんが、少しだけBSのほうが前へ出ていました。


『操作性』は全くの五分で優劣はつけられません。


球を打っていて、すごく楽しかったので、夢中になってしまい、写真を撮るのを忘れてしまいました。

もっとたくさん撮っておけば良かったと、後から後悔しましたが、とても気分のいい一日でした。

すごく贅沢な日だったように思います。