2019年05月19日 - ゴルフクラブ試打日記


2019年05月19日

      
2019年05月19日
  

NEXGEN 7 フェアウェイウッド

                 
NEXGEN 7 フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブNEXGEN 7 フェアウェイウッド の5番 です。



E.I.F
シャフトは E.I.F です。

ロフトは18度、クラブ長さは43インチ、シャフト重量は52g、トルクは6.0、バランスはD2.1、キックポイントは中先調子、クラブ総重量は310gです。



正面
NEXGENの新しいフェアウェイウッドです。


先日ドライバーを試打しましたが、今日はFWを試打することができました。


ドライバーとデザインがよく似ているので、すぐに分かりました。


昔は同じメーカーの同じシリーズでも、ドライバーとFWではデザインなどが違っていて同じシリーズだとは気づきにくい物もありましたが、今はこのクラブのように一目で分かり一貫性のあるクラブが多くなりました。


クラブを一本だけでなく、同じシリーズを揃えて欲しいというメーカーの思いもあるのではないでしょうか?


今はドライバーとFWを違うメーカーにしておられる方もたくさんいらっしゃいますし、同じメーカーの同じシリーズでそろえておられる方も多いです。


クラブの性能が飛躍的にあがり、その個性が一本一本際立つ時代だと今は思うのですが、クラブ同士の相性が良くなければ何にもならないので、『セット』という考え方もおろそかには出来ません。


そういった意味でも、同じメーカーの同じシリーズでそろえるというのは合理的だと思います。



側面
かなりシャロー感のあるFWです。


同じFWでもスプーンと違ってクリークはロフトが寝ていてあがりやすくなっているので、もっとディープでもいいのではないか?と思うことも多いのですが、今は多くのメーカーが、このようなシャローを採用しています。



ヒール側のウェイト
ヒール側に大きなウェイトがひとつあります。


ドライバーはひとつだけでしたが、このFWはひとつだけです。


専用の工具を使えば取り外せそうです。


数字が刻印されていないので、重さは分かりません。



ソールのデザイン
この独特なソールデザインに目が行きました。


ドライバーにも見られましたが、このデザインにも意味があるのではないでしょうか?



フェース面のデザイン
フェース面はとてもシンプルで美しいです。


今はフェース面のデザインが凝った物もありますが、このクラブはシンプルです。


仕上げも雑ではなく、丁寧です。


このフェース面を見ているだけで、アスリート仕様なのだろう・・・。と思いました。



ネック長さ
ネックの長さは適度にあります。


今はショートタイプが圧倒的に多いので、そういった意味では長めといえるのかもしれません。


ネックに調整システムは搭載されていませんでした。



シャローヘッド
この角度から見ても、かなりのシャローだということが分かりますが、今はこれくらいが普通といった感じもします。


シャローバックタイプが圧倒的に多いですが、『フェース高』という点でいえば、今でもディープタイプは多く見られます。


このFWの場合はディープフェースというよりは、セミシャローフェースといったところです。



顔
顔の印象は、まずまずでした。


私の好みではないのですが、違和感などはありません。


シャロー感の強い顔ですし、『つかまえ系』で、『出っ歯タイプ』でした。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはソフトなフィーリングで好感が持てます。


先日試打したドライバー同様、『ドライタイプ』のグリップです。



振り感
素振りをしてみると、かなりの軽量感と軟らかさを感じたのですが、これはドライバーを先日試打したので、予想をしていました。


違うカスタムのシャフトが無いが探してみたのですが、この一本しかありませんでした。


カスタムには対応していないのでしょうか?


それとも、このシャフトにそれだけメーカーが自信を持っているということなのでしょうか?



構え感
ボールを前にして構えてみた感じは、まずまずでした。


見とれるようなことはなかったですし、グーッと意識が集中するといったこともなかったのですが、普通に淡々とした感じで構えていました。


投影面積も少し大きく見えたので、クリークというよりはバフィかスプーンに近い感じだな・・・。と思いました。


気持ちが浮き上がることなく、また沈むことなく、ずっと一定でした。


まさに『淡々』という言葉がピッタリな心境でした。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はとてもソフトで好感が持てました。


フェース面の綺麗な仕上がりにマッチした打感です。



打球音
『音』も、すごく良いです。


ピシィーという鋭さと強さを感じさせる音です。


もし音に言葉のイメージを付け加えるとするならば、『閃光』という言葉が思い浮かびました。


それくらい鋭さと強さ・そして速さを感じさせる魅力的な音です。



トゥ側
球もあがりやすくて、タフさは全く感じません。


私はFWを試打するときはいつもティアップせずに、直打ちで試すようにしているのですが、直打ちでも充分あげてくれました。


球はあがりやすくて親しみやすいですが、弱々しい頼りない弾道ではありません。


先ほども書きましたが、『鋭さ』を感じさせる力強い弾道です。



バックフェース
『安定性』も高く、易しいクラブに仕上がっています。


かなりのソフトスペックなので、暴れるかと思っていたのですが、思っていた以上にまとめやすい印象をもちました。


ただ、できれば違うシャフトのほうが易しくなるだろうな・・・。と思いました。


ヘッド自体はイージーなタイプです。



飛距離性能
『飛距離性能』は高いです。


今は易しくて飛距離性能の優れたFWがたくさんありますが、このクラブはその中でもかなり優れているように感じます。


力強さというよりは、『速さ』を感じました。


『スピード感』と言い換えたほうがいいかもしれません。


先ほども書きましたが、『閃光』という言葉が浮かぶくらい、速さを感じました。


電車に例えると、標準的なFWが『普通電車』としたら、このFWは『快速電車』といった印象をもちました。


それくらい『速さ』のある弾道です。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


あまり打ち分けるタイプではないと思います。


球のつかまりの良さを活かして、インテンショナルなショットではなく、なるべく真っ直ぐに近い弾道で攻めていきたいクラブです。


つかまえ系の顔に見えたのですが、実際に打ってみると引っかかる感じはありませんでした。


『糸を引くストレート』といった感じの、『白い閃光』です。



ヒール側
先日試打したドライバー同様、高性能な高いFWです。


デザインなどは好き嫌いが分かれると思いますが、ポテンシャルの高さがあります。



ネクスジェン 7 FW
今はFWでも、ドライバーとあまり値段が変わらないような高価なものもありますが、このクラブは2万円台ということで、コストパフォーマンスの高さも魅力です。


クラブが良ければ値段なんて気にしないよ・・・。という方もいらっしゃると思いますが、価格を優先される方も多いのではないでしょうか?


そういった方にも、是非試していただきたいと思いました。


今のクラブにしては、かなりリーズナブルな価格設定ですが、高価なクラブと比べても、性能が劣っていることはありません。


この飛び性能は確かです。



NEXGEN 7 フェアウェイウッド
かなりソフトスペックになっているので、そこに不満や物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれません。


カスタムに対応しているのであれば嬉しいですが、そうでないとリシャフトの必要性も出てきます。


そうすると、価格面での有利さはなくなってしまうかもしれませんが、よりフィットさせる為であれば仕方ありません。



NEXGEN 7 フェアウェイウッド
私が使うならば、迷わずカスタムしますが、このままでもいい・・・。という方もたくさんいらっしゃると思いますし、使っているうちに慣れるよ・・・。という方もいらっしゃると思います。


昨日試打したドライバーは明らかにヒッター向けでしたが、このFWは全く違うタイプですし、このままでバランスがとれているのかもしれません。



NEXGEN 7 フェアウェイウッド
NEXGENというクラブは、これまであまり縁が無かったのですが、昨年試打した6同様、いいクラブだと思いました。


このFWで一番印象に残ったのは、弾道の速さと音です。


シャロータイプで易しいモデルに仕上がっていますが、力不足の頼りない感じは全くしませんでした。


                         
        
AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1 チャップアップ

ツアープロコーチ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム